ドローンメーカーGeneral Atomicsが数百人を解雇

https://www.defensenews.com/2020/08/27/drone-maker-general-atomics-lays-offs-hundreds/#:~:text=WASHINGTON%20%E2%80%95%20Privately%20held%20drone%20maker,to%20Defense%20News%20late%20Wednesday.

『(グーグル翻訳文)
ワシントン―サンディエゴの非公開ドローンメーカーGeneral Atomicsは、約10,000人の従業員のうち約630人を解雇しています。

「General Atomics Aeronautical Systems、Inc.は、従業員の6%が関与する力の減少を確認できます」「この削減は、リソースとお客様の要件のバランスをとるために行われました。」

レイオフは水曜日に内部的に発表され、会社によって確認されました、それはどの業務が影響を受けたかを特定しませんでした。

General AtomicsとNorthrop Grummanは、無人航空機の海外販売の制限を緩和するというトランプ政権の最近の決定の2つの受益者でした。さらに、国会議員はリーパーの買収を短期的に後押しすることが期待されており、下院の承認者は2021会計年度にさらに16のMQ-9に対してGeneral Atomicsに3億4,400万ドルを与えることを提案しています。

しかし、同社は今年初め、予想より少なくとも4年早く 2021会計年度にMQ-9 Reaperの購入を中止すると発表したとき、打撃を受けました。そして現在、プログラムの将来は不透明なままであり、空軍はMQ-9リーパーを置き換えるオプションを検討しています。

過去20年にわたって、死神は空軍の監視および中東の攻撃的な標的の1つとして機能してきました。しかし、サービスの指導者たちは、それがロシアと中国との戦争に不適当であると信じています。加えて、彼らは航空機を低脅威環境での運用に備えるために時間と費用がかかりすぎると信じています。

「死神は私たちにとって素晴らしいプラットフォームでした。空軍の買収幹部であるウィルローパー氏は、3月に下院で開催された武装サービス委員会の議員に、400万時間の飛行時間、ローエンドの争いのない戦いで紛れもないほどの過大な対戦であり、確かに命を救っています。「しかし、私たちがハイエンドの戦いに目を向けると、彼らを戦場に連れて行くことができません。彼らは簡単に撃ち落とされます。」

6月に、空軍はMQ-9後継者に情報の要求を発行し、死神から新しい監視およびストライクドローンに移行するサービスの計画を強調しました。』