Facebook、タイ王室批判団体へのアクセス遮断

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63050850V20C20A8EAF000/

『【バンコク=村松洋兵】米フェイスブック(FB)は24日、タイの王室に批判的な団体が運営するページへのタイ国内からのアクセスを遮断した。FBは25日、ロイター通信などに対して「タイ政府から強要された」とし、法的措置を講じる方針を明らかにした。

軍政の流れをくむプラユット政権や王室を批判するグループのページ「ロイヤリスト・マーケットプレース」がタイ国内から閲覧できなくなった。日本に逃れているパビン京都大准教授らが4月に開設し、100万人以上が参加している。

プラユット首相は25日の記者会見で「タイの法律に基づいて取られた措置だ」と述べた。情報統制を担当するプティポンデジタル経済社会相が10日にFBに対し、ページを削除しなければコンピューター犯罪法違反で訴追すると警告していた。

王室を擁護し政権を支持する団体は25日、バンコクの日本大使館を訪れ、日本政府に対してパビン氏をタイに強制送還するように申し入れた。

タイでは不敬罪もあり王室批判は厳しく規制されているが、強権的なプラユット政権への抗議活動が広がるなか、一部では王室改革を求める声が出始めた。扇動罪などの疑いで反政府デモのリーダーらの逮捕も相次いでいる。』