イタリアのシーク教徒

イタリアのシーク教徒奴隷
コロナウイルスのパンデミックの中で組織犯罪によるイタリアのシーク教の農業労働者の搾取を調査します。
https://www.aljazeera.com/programmes/peopleandpower/2020/08/italy-sikh-slaves-200819073932216.html

『(グーグル翻訳文)
イタリア中部のアグロポンティーノの広大な農業地帯は、現在、国の食糧生産の主要地域の1つです。

しかし、常にそうであるとは限りませんでした。

ティレニア海に面したこの100マイルに及ぶ土地は、ファシスト独裁者のベニートムッソリーニがイタリア北部から大量の移動を計画して沼地を排水し、肥沃な農地に変えるまで、湿地帯でした。

しかし、今日暮らしている人々の多くはイタリア人ではなく、インド人です。少なくとも11,000人、おそらく4倍以上です。

インド北部のパンジャブ出身の主にシーク教徒で、彼らは地元の農場で働き、家にお金を送って家族に良い生活を送るためにここにやってきた経済移民です。

何人かはそれを何とかやっています。しかし、他の多くの人にとって、彼らの夢は打ち砕かれています。

代わりに、彼らは利益主導のアグリビジネスと組織犯罪の両方からの虐待と搾取に直面します-しばしば公式の文書なしでかわいそうな賃金のために働き、脱出のないシステムに閉じ込められます。

映画製作者のアレッサンドロリーギとエマヌエーレピアノは、ピープル&パワーのために調査に行きました。

ソース: アルジャジーラ』