〔中東・アフリカ関連〕

イスラエル首相、UAEへのF35売却「反対」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62788140Z10C20A8000000/

西アフリカのマリで軍の一部が反乱 大統領が辞任表明
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62788480Z10C20A8000000/

『【イスタンブール=木寺もも子】西アフリカのマリで18日、反乱を起こした軍の一部がケイタ大統領ら政府高官を拘束した。ロイター通信によるとケイタ大統領は辞任を表明した。軍が関与したクーデターとみられる。マリでは6月から大規模デモが起き、政情が不安定になっていた。

18日、マリの首都バマコでケイタ大統領の私邸周辺に集まった軍兵士や市民ら=AP
画像の拡大

報道によると、軍の一部は首都バマコ近郊の軍基地を占拠し、軍高官らを相次ぎ拘束した。反乱を主導する勢力は明らかになっていない。デモを組織していた反大統領勢力は「軍のクーデターではなく、民衆の蜂起だ」と主張している。

旧宗主国のフランスは「最も強い言葉で非難する」と反乱勢力を批判した。国連のグテレス事務総長は大統領らの解放を求めた。

マリでは最近、イスラム過激派が勢いを増しており、政情の悪化でテロがさらに活発になることが懸念される。』

マリ危機:争議のある選挙から大統領の辞任まで
クーデター後のケイタ大統領の辞任でマリの数ヶ月にわたる政治危機が最高潮に達した時のタイムライン。
https://www.aljazeera.com/news/2020/08/mali-crisis-disputed-election-president-detention-200818174521078.html

『(グーグル翻訳文)
数ヶ月間、マリは、大規模な反政府集会と国のさらなる不安定さに警戒を向けた地域の指導者による調停の試みの失敗を特徴とする、深刻化する政治危機に巻き込まれてきました。

2018年のイブラヒム・ブバカール・ケイタ大統領の再選後、野党が不法行為により傷つけられたと述べた世論調査で、政治的緊張が弱まっている。

議会選挙の結果をめぐる論争がケイタの辞任を要求するために通りに連れて行くことを促した後、摩擦は今年初めに上昇した。デモ隊は、国の悲惨な経済状況を修正できず、数千人を殺してマリの広大なスワスを統治不能にしたさまざまなグループによる長年にわたる武力攻撃を封じ込めなかったとしてケイタを非難した。

反乱が火曜日に最高潮に達し、反乱した兵士がケイタ、ブーブーシセ首相、および他の政府高官を拘留したとき 、地域的および国際的な勢力によって非難された劇的なエスカレーションでした。

以下は、最近の不安につながったもののタイムラインです。

紛争中の選挙
で3月26日、ベテランの野党指導者ソウマイラ・シセがされて誘拐さわずか数日の長い遅延議会選挙の前に、国の紛争ヒットセンターで選挙運動中に彼のチームの6人のメンバーと一緒に正体不明の武装集団による。

3月29日の投票開始のわずか数時間前に、約1900万人の貧困国が新しいコロナウイルスによる最初の死を迎え、COVID-19の発生に特にさらされているという懸念を引き起こしています。

コロナウイルスの脅威とセキュリティの脅威にもかかわらず、議会の投票が進むの最初のラウンド懸念武装集団による攻撃の可能性について。

暴力の脅迫にもかかわらず開催されたマリの選挙で投票が終了(1:54)
4月19日の第2ラウンドは、一部の有権者が投票することを妨げる事件によって中断されます。

4 月30日、マリの憲法裁判所は31議席の結果を覆し、Keitaの党にさらに10議席を与え、最大のブロックにした。裁判所の決定 は、いくつかの都市で抗議を引き起こします。

大統領の辞任を求める
で5月30日、主要野党だけでなく、市民社会団体、「 -愛国軍のラリー6月5日の運動」と呼ばれる新たな野党連合を形成します。

同盟はケイタの辞任を要求するデモを要求する。

影響力のあるイスラム教の指導者であるマフムードディコに 率いられた何千人もの人々が、6月5日、マリの首都バマコの街を訪れ、大統領が国を悩ませている多くの危機を誤って扱っていると非難します。

で6月11日、ケイタは首相と新政府を形成すると、タスク彼をようBoubouシセをreappoints。

しかし、6月5日運動の傘下で、何千人もの抗議者が6月19日に再びデモを行うために集まり、ケイタの出発を求める彼らの要求を繰り返した。

で月上旬、ケイタはなだめる相手への入札で政治改革を浮遊し、彼らはすべて拒否されます。抗議運動の指導者たちは、議会を解散させ、市民の不服従を強く要求し続けています。

マリの抗議:野党グループが大統領の辞任を要求(2:25)
最悪の政治闘争
7 月10日、大規模な抗議行動が激しくなりました。

マリが長年見た最悪の政治闘争において、治安部隊と抗議者の間の3日間の衝突で少なくとも14人が殺されました 。

同盟は調停者による計画を拒否する
7 月18日、野党同盟は国際調停者が提案した緊張緩和策を拒否した。

ナイジェリアの元大統領グッドラックジョナサンが率いる15か国のECOWASブロックの代表団と何度か会った後、6月5日運動は大統領の離脱が調停者にとって「赤い線」であると述べています。

7 月27日、ECOWASはマリでの統一政府の迅速な創設を呼びかけ、邪魔をしている人々に対する制裁を警告しています。

野党はその計画を拒否し、大統領は立たせようと主張する。

拘束されたケイタ
8 月10日、Keitaは、紛争解決のためのECOWAS提案の一部である9人の新しい裁判官を憲法裁判所に宣誓しました。

マリについて広範囲に報告したアルジャジーラのニコラハク氏は、新しい裁判官はケイタの同盟国によって指名されたと述べた。

同氏はまた、「ケイタが同盟国を近くに持ち込んで権力を乱用しているという抗議者たちの間で、この気持ちに火をつけた」と語った。

マリでの反政府抗議行動は数週間の休止の後再開する(2:24)
一時停止後、 反政府抗議運動 が8月11日に再開され 、デモ参加者は、路上への移動を避けるために地域の調停者からの嘆願を無視しました。

翌日、 8月12日、マリの治安部隊は催涙ガスを発射し、水の大砲を使用して、首都の広場にキャンプした何百人もの抗議者を分散させました。

反対派は8月17日に、週の終わりにバマコでの大規模集会で最高潮に達する抗議を毎日行うと宣言する。

8 月18日、 ケイタとシスは、その日の初めにバマコ郊外の駐屯地カティの主要基地で反乱を起こした兵士たちによって拘留されました。

野党の抗議者たちは兵士たちを支援するためにバマコの広場に集まり、地域および国際的な勢力は兵士たちに兵舎に戻るよう呼びかけ、外国の大使館は市民に屋内に留まるように助言します。

8月19日の真夜中、ケイタは国の大統領としての辞任を発表した。

マリの国連特使:サヘル危機がヨーロッパに広がる可能性

アルジャジーラと話す

マリの国連特使:サヘル危機がヨーロッパに広がる可能性

出典: アルジャジーラと報道機関』

マリ共和国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD

マリ北部紛争 (2012年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E5%8C%97%E9%83%A8%E7%B4%9B%E4%BA%89_(2012%E5%B9%B4)

アザワド独立宣言
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%AF%E3%83%89%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E5%AE%A3%E8%A8%80

マグレブの反乱(2002–現在)
https://en.wikipedia.org/wiki/Insurgency_in_the_Maghreb_(2002%E2%80%93present)

セルヴァル作戦
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E4%BD%9C%E6%88%A6