〔同時達成が難しい3つの価値…〕

 ※ トリレンマに触発されて、書き出してみた…。

 ※ 国家による強制力と、個人の人権の尊重の対立は、「近代国家」の永遠の課題だ…。

 ※ そこへ持って来て、「グローバリズム」というものが登場した…。

 ※ 一応は、「利(儲け)」のためには、多少の「不自由」は、ガマンしよう…、ということで、何とか折り合いつけていたわけだ…。
 「国際協調主義」なんてのも、その一変形だった…。

 ※ しかし、いざ「パンデミック」ということになってみると、そういう「グローバルな制度(WHOもその一つ)」「国際協調主義」なんてものは、あまり役には立たないということが露わになった…。

 ※ やはり、最後に頼りになるのは、「国民国家」「自国の政府」ということか…。

 ※ そういう流れになると、「国家の強制力」はもっと強化して、「ルールを守らないヤカラを、もっと統制しろよ!」ということになって、「個人の尊重」なんてのは、制限されていく方向になるよなあ…。

 ※ 国家体制の優劣の判断も、強力に「権威主義的に」「ルールを強制する」体制の方が、優れているという方向に、流れやすくなるよなあ…。

 ※ しかし、それで、本当にいいのか…。「個人の尊重」を置き去りにして、本当にいいのか…。

 ※ なんてことを、ツラツラ考えた…。

 ※ そういう「ツラツラ考えること」の一助として、書き出してみた…。

 ※ 裏写りしているのは、何かの印刷された紙の裏に書き付けたからだ…。

 ※ みんなも、自由に「思いついたこと」を書き出して、考えてみてくれ…。