〔ヨーロッパ関連〕

南欧、観光不振が打撃 伊は海外客8割減
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62621270T10C20A8FF8000/

ドイツテレコム、ファーウェイ排除に反対 CEOが表明
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62630640U0A810C2I00000/

『【ロンドン=佐竹実】独通信大手のドイツテレコムは13日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を排除することに反対の意を示した。ドイツテレコムは次世代通信規格「5G」の通信網にファーウェイ製品を使用している。米国は同盟国に排除を呼び掛けているが、ドイツは今のところ応じておらず、政府の判断が注目される。

ヘットゲス最高経営責任者(CEO)が13日の決算説明会で言及した。ロイター通信などによると、同氏はいかなる通信機器ベンダーも政治的な理由でドイツ市場から閉め出されるべきではない、などと述べた。近く示されるという政府の方針について「どこかのプロバイダーを明確に排除するようなことはないように見える」と述べた。

ファーウェイ製品は他社に比べ安価な上に性能が良いとされ、欧州では基地局(アンテナ)などで広く使われている。米携帯3位TモバイルUSの筆頭株主でもあるドイツテレコムは6月、自社の5G通信網でファーウェイ製品を使うことを表明している。

もし政府が排除を決めれば、通信会社には他社製品に交換するためのコストが増えることになる。7月に完全排除を決めた英政府は「20億ポンド(約2800億円)のコストがかかり、5Gの商用化が2~3年遅れる」と見積もっている。』