これが家飲み新ルール コロナ後の酒との付き合い方

 ※ ちょっと長いので、オレが要点を抽出して、箇条書きにした。

 1、眼に入るところに、酒瓶を(缶ビールも)置くな!
 箱買いしても、1回の飲む分だけ、冷やせ!
 人は、視覚から8割の情報を取得している!
 酒好きにとって、常に目がつく場所に酒を備蓄するのは危険と心得よ!
 (冷蔵庫に、缶ビーがズラリと冷えているなど、もってのほか…)。

 2、1本でアルコール36gも! ストロング系チューハイに要注意!
 アルコール度数9%で、500mLの場合は、アルコール量は36gにもなるのだ!
これ1本だけで、1日の適量といわれる20gをはるかに超えてしまう!
フルーツ系の甘さで口当たりのよさに、誤魔化されるな!
お酒の弱い人でも飲めてしまう危険性を備えていると心得よ!

 3、アルコールの過剰摂取は、免疫力を低下させ、「肺炎」に罹るリスクも増大させる!
おそらく、「肺炎」だけでなく、免疫低下による様々な病気に罹るリスクを増大させると思われる!

 4、ヒマな時間があると、ついたくさん飲んでしまう。極力ヒマを作るな!散歩やヨガ、ウオーキング、ストレッチ、筋トレ、ドラマ、映画を観るなどして、時間をつぶし、晩酌時間を短くしよう!

 5、空きっ腹に飲むな!空腹、脱水気味だと、ついガブガブ飲んでしまう。飲む前に、食せ!水飲んで、腹を膨らませろ!飲む量を減らせるし、血中アルコール濃度も下げられるし、アルコールによる脱水予防にもなる!

 6、つい飲んでしまうのは、実は「精神的なもの」が原因となっている…。
“HALT”(Hungry(空腹)、Angry(怒り)、Lonely(孤独)、Tired(疲労)の頭文字をとったもの)が酒を飲みたくなる「因子」であると、自覚せよ!飲みたくなったら、「これらが原因じゃないのか?」と、自分に問え!
人は、しょせんは孤独な生き物である!「孤独」「ひとりぽっち」「寂しい気持ち」を抱えながら生きて行く生き物なんだ…。そういうことからは、「酒を飲んでも」「酔っ払っても」逃れられないもの…なんだ…。

 7、「オンライン飲み会」も、ほどほどに。終電の心配がないので、ついつい飲み過ぎてしまう(気分も、盛り上がるしな…)。ノンアル飲料、食事で「オンライン語らい」でいいんじゃないのか?

 オレが「死にかけた」原因の一つは、3年間くらい、1日も休肝日無く、毎日缶ビーで晩酌やったこともある…。週末は、ちょっと多目に飲んでしまった…。もともと、アルコールに弱い体質だった…。「発症」する前に、近所のかかりつけ医で、「尿検査」したんだ…。そしたら、「糖」も「タンパク」も出ていて、体調はガタガタだったらしい…。肝機能も低下し、脂肪(コレステロール)も酷い状態だったんだろう…。アルコールは、「確実に」人間の「臓器」にダメージを与える…。