中国共産党がAntifa、Black Lives Matterに自動兵器を提供…

中国共産党がAntifa、Black Lives Matterに自動兵器を提供…一部はサクラメントのイーストエンドコンプレックスキャピトルビルディングなどの民主党が運営する政府の建物に保管–ブロック174
https://www.naturalnews.com/2020-07-03-communist-china-providing-automatic-weapons-to-antifa-black-lives-matter.html

『アメリカ人の99%が完全に現実に気づかずにアメリカを襲う多面的な攻撃
TheCommonsenseShow.comの Dave Hodgesは、メキシコの麻薬カルテルと中国軍の相互作用について広範囲に文書化しています。「メキシコ石油当局が国連メキシコのカルテルと中国が国境戦争を引き起こしていると言う」または「漏洩した文書はアメリカの占領に続くアメリカ大虐殺を犯すという中国の意図を示している」などの記事で彼の分析の一部を参照してください。

実際、アメリカは、中国共産主義によって大部分が資金提供された多面的な攻撃に襲われようとしています。

自動兵器で重武装されており、白人、キリスト教徒、保守派、トランプ支持者を殺害することを意図しているBlack Lives Matter過激派の国内内乱。さらに、Black Lives Matterはすでにマクドナルド、ネットフリックス、グーグルなど、これまでに約5億ドルを公約している米国企業を通じて莫大な資金を受け取っています。
中国の軍事指導によって訓練され、中国から支払われた重火器を与えられたメキシコの武装したナルコで構成される国境侵略。
中国が米国財務省の債務を売却し、独自の金で裏打ちされた通貨を発表することを含む、アメリカに対する金融兵器の解放。
反逆的な左翼メディアがアメリカを「人種差別主義」国家であるとかトランプ自身が人種差別主義であると主張するなどの意図的に偽のニュースを押し込んで狂乱に巻き込まれた感情的に起訴されたよだれを垂らした左翼「ゾンビ」の解き放ち。
フェンタニル、ヘロイン、および薬物乱用者を震わせているという事実がないとしても、軍事草案で役立つことができるかもしれないアメリカの若い男性を壊滅させる他の薬物によるアメリカに対する継続的な化学戦争。
盗まれたテクノロジーを使用した、アメリカに対するEMP兵器の展開の可能性により、アメリカの人口の90%を殺す可能性のある「パールハーバー」攻撃を解き放ちます。これは、ピータービンセントプライ博士が執筆し、国および国土安全保障に関するEMPタスクフォースに提出された最近の爆弾の主題でした。このことについての私の報道は、NationalSecurity.newsのこのリンクで読むことができます。このタスクフォースの公式Webサイト(https://emptaskforce.us)を参照して ください –その記事から:
中国が完成させているEMP兵器は電力網を破壊し、アメリカ合衆国を大量飢餓、混乱、経済崩壊に陥れます。これはまさに民主党がアメリカに望んでいることのようですが、明らかに非常に危険なシナリオです。これは、放射性同位元素で3世紀にわたって土壌を汚染する核兵器の使用を通じて、天然資源と農地を破壊することなくアメリカ人を排除するという中国の目標を達成します。

Pryがレポートで説明しているように、「米国のような高度にコンピューター化されたオープンな社会は、あらゆる側面からの電子攻撃に対して非常に脆弱です。これは、銀行から電話システム、発電所から製鉄所まで、米国経済が完全にコンピュータネットワークに依存しているためです。」

アメリカ人が大量に死亡し始めると、中国はアメリカを占領し、残っている抵抗を殺すために軍事侵攻を仕掛けるでしょう 。その時点で、中国はそれ自体でアメリカを主張し、共産主義の中国でアメリカを植民地化するための大規模な移民の努力を始めるでしょう。

これらすべては、JR Nyquist(JYquist.blog)やDave Hodges(TheCommonsenseShow.com)などの人々によって細心の注意を払って文書化されています。』

 ※ というような内容だ…。
 ガセ、扇動、マイナー・メディア…、と一笑に付すのは簡単だ…。
 しかし、そういう「情報」が流通し、一定の「世論」が形成されていく…。
 そのことの方が、重大だ…。
 そういう米国内の「世論」の動向に、最大限の注意を払う必要がある…。