日本、「中国出口」補助金の対象となる87のプロジェクトを明らかに

日本、「中国出口」補助金の対象となる87のプロジェクトを明らかに
ホヤはベトナムとラオスに向かい、住友ゴムはマレーシアに移転
(2020年7月17日15:39 JST2020年7月18日01:15 JSTに更新)
https://asia.nikkei.com/Economy/Japan-reveals-87-projects-eligible-for-China-exit-subsidies

『(グーグル翻訳文)
東京-日本の経済産業省は金曜日に中国から東南アジアまたは日本に製造業をシフトするために助成する日本企業の最初のグループを発表しました。

87の企業またはグループが、合計700億円(6億5,300万ドル)の生産ラインの移転を受け取り、日本の隣人への依存度を減らし、弾力性のあるサプライチェーンを構築します。

これらのうち30台は、ハードドライブ部品を生産するHoyaを含む東南アジアに生産をシフトし、ベトナムとラオスに移動します。

マレーシアでは住友ゴム工業がニトリルゴム手袋を製造し、信越化学はベトナムに希土類磁石の生産をシフトする。

他の57のプロジェクトは日本に向かいます。

家庭用品メーカーのアイリスオーヤマは現在、港湾都市の遼寧省大連市と上海西部の蘇州にある中国の工場で不織布などの主な原料を中国企業から調達してフェイスマスクを製造している。

同社は助成金の支援を受けて、宮城県の本拠地である角田工場でフェイスマスクの生産を開始する。すべての資料は、海外のサプライヤーとは関係なく、現地で準備されます。

アルコールベースの消毒剤を提供している衛生用品メーカーのサラヤも、この補助金の資格があります。

対象となる企業には、航空部品、自動車部品、肥料、医薬品、紙製品の製造業者が含まれ、名簿には、シャープ、シオノギ、テルモ、カネカなどの有名企業が組み込まれています。

政府は、2020年度補正予算に2,200億円を充当し、企業の日本への工場移転を奨励するための補助金プログラムを作成した。このうち235億円は、中国から東南アジアへの生産拠点の多様化を推進するために充てられた。

コロナウイルスの発生の早い段階で、日本はマスクのようなアイテムの調達に厳しい挑戦を経験しました。その多くは中国からのものです。

モバイルメールアイコン私たちのアジア限定商品を先取りしましょう』