〔https://www.aljazeera.com/より〕

※ 今日は、こんなところで…。

アメリカ領事館に中国領事館に避難した研究者
ファンタンは中国軍との関係を隠したとされるビザ詐欺で起訴された4人の科学者の1人です。
https://www.aljazeera.com/news/2020/07/researcher-refuge-china-consulate-custody-200724154821006.html

『米国司法省によると、ビザ詐欺の容疑を回避するために中国のサンフランシスコ領事館に避難した中国人研究者が逮捕され、7月27日に法廷に出廷する予定でした。

記録は金曜日に示したように、彼女が米国で働くためにビザを申請したときに中国軍との関係を隠したとして告発されたファンタンはカリフォルニア州サクラメント郡の刑務所に拘留されていた。

米司法省は声明の中で、唐は「FBIによる逮捕状による連邦監護」を受けており、月曜日に連邦裁判所に出廷すると予想されていると述べた。

唐の拘禁は、中国に住むアメリカ人に「恣意的拘禁のリスクの高まり」を警告することで行われた。それはまた別の声明で、シンガポール人が中国の諜報機関のための情報を収集するための前線として彼の米国の政治コンサルタントを使用することに有罪を認めたことを発表しました。

開発はワシントンと北京間の緊張の高まりを背景に行われ、貿易、中国のコロナウイルスのパンデミックへの対応、南シナ海、香港、新疆におけるその政策の悪化が関係している。

米中関係は二度と戻らないところまで悪化しましたか?| インサイドストーリー(25:26)

北京は金曜日の初めに、米国に成都の領事館を閉鎖するよう命じた。この動きは、ワシントン州がヒューストンにある中国領事館を閉鎖する決定を下したことに対する報復であり、中国のエージェントがテキサス州で医療やその他の研究を盗もうとしたとの申し立てがあった。

中国はこの主張を「悪意のある中傷」として却下し、米国に「二国間関係を軌道に戻すために必要な条件を作成する」よう求めた。

スパイ活動の取り締まり
米国は長い間、中国の知的財産窃盗を非難し、中国のスパイ行為を取り締まっている。司法省は、FBIが中国軍との関係を隠した疑いのある米国の25以上の都市のビザ保有者にインタビューしていると語った。

Tang(37)は、米国でビザ詐欺を請求される最新のものです。

カリフォルニア州立大学デービス校で働いていたタン氏は、今週サンフランシスコの米連邦地方裁判所に提訴したところ、ビザ申請で中国軍に勤務していなかったと偽って主張した。

しかし法務省は、FBIが軍服を着た唐の写真を見つけ、中国で軍の所属を特定する記事をレビューしたと述べた。捜査官らは、唐が6月20日にデイビスの自宅で彼女に面接した後、唐が領事館に避難したと信じていると語った。

同省は唐がどのように領事館から出てきたのかは明かさなかったが、匿名を主張した当局者は記者団に対し、彼女が外交官として宣言されていないため、免疫力はないと述べた。

他の3人の中国人科学者が同様の容疑で逮捕されたと、同省は、彼らを新王、陳宋、海開趙と特定した。

「これは、開かれた社会を利用して学術機関を利用するという中国共産党の計画の別の部分です。我々はFBIと一緒にこの調査を続けます」と声明の国家安全保障担当次官補ジョン・デマーズは述べた。

北京はまだ事件についてコメントしていない。

英国のポンペオは中国に対抗するために「連合」を要求する(2:22)

法務省は金曜日の別のケースで、合衆国政府と軍の労働者から情報を求めるために偽のコンサルティングサイトを設置したシンガポール人が中国の諜報機関の違法な代理人として行動することで有罪を認めたと言った。

喜んで、Jun Wei Yeoは2015年から2019年の間に中国の諜報機関のために「高レベルのセキュリティクリアランスを持つ米軍および政府職員を含む貴重な非公開情報にアクセスできるアメリカ人を見つけて評価する」ために働いたことを認めました。

ディクソン・ヨーとしても知られているヨーは、アジアのクライアントには表向きだったが、代わりに中国政府に送られた報告書を書くためにそれらの何人かに支払ったと言った。部によると、Yeoの判決は10月になります。

また金曜日に、米国国務省は中国のアメリカ人に「恣意的拘留のリスクの高まり」を警告する通知を送りました。

「米国市民は、「国家安全保障」に関連する理由により、長期にわたる尋問および長期の拘留を受ける可能性がある」と通知は述べた。

米国市民は中国政府の「重要な私的電子メッセージの送信」で逮捕または強制送還される可能性がある、とそれは言った。この通知では、警告の原因を特定することはできませんでした。

出典: アルジャジーラと通信社』

米軍はロシアがリビアに軍事装備を送ったと主張している
米軍によると、ロシアは武器禁輸違反でハフタールに忠実な戦闘員を支援するために武器を送っている。
https://www.aljazeera.com/news/2020/07/military-claims-russia-sending-military-equipment-libya-200724154219570.html

『米軍は、ロシアが武器禁輸違反で引火点都市シルテを含む リビアの傭兵により多くの軍事装備を送っているようだと述べた。

米軍のアフリカ司令部(AFRICOM)は金曜日に、ロシアの民間軍事請負業者 ワグナーグループから戦闘機に物資を運び、IL-6を含むモスクワの軍用貨物機の衛星写真からの証拠が増えていると述べた。

「画像はロシアの関与の広い範囲を反映している」と米陸軍准将のグレゴリーハドフィールド、AFRICOMの諜報部長は軍司令部のウェブサイトに投稿された声明で述べた。

同氏はまた、「彼らは、リビアでの足がかりを得ようと引き続き努力している。

「SA-22を含むロシアの防空設備はリビアにあり、ロシア、ワグナーグループ、またはそれらの代理人によって運営されています。写真はまた、ワグナーユーティリティトラックとロシアの地雷耐性、待ち伏せ保護された装甲車両がリビアにあることを示しています。 。tは彼が入力し、機器の音量は、持続的な攻撃的な戦闘アクション機能に向けた意思を示しています。」

エジプト、トルコがシルテでの戦争を拡大するにつれてリビア人は未知を恐れる(2:29)
リビアは、長年のリーダーであるムアンマルカダフィを倒して殺害した2011年NATO支援の蜂起によって混乱に陥りました。

石油に富む国はその後分割され、国際的に認められた国家合意政府(GNA)が首都トリポリおよび北西部を統治し、反乱軍司令官のハリファハフタールと彼の自称リビア国軍(LNA)がベンガジが東を支配している。

ハフタールはアラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、ロシアの支援を受けており、GNAはトルコの支援を受けています。

5月にリークされた米国の報告によると、ロシアの民間軍事請負業者であるWagner Groupは、約1,200人の傭兵をリビアに配備し、ハフタール軍を強化した。

国連安全保障理事会(UNSC)リビア制裁委員会に提出された、独立制裁モニターによる57ページのレポートは、ワーグナーが狙撃チームを含む専門の軍事任務に傭兵を配備したと述べました。

国連制裁モニターは、2018年8月から2019年8月まで、ワグナーグループまたは関連会社に「強くリンクまたは所有されている」民間航空機によるロシアとリビア東部間の24便以上のフライトを特定しました。

モニターはまた、「リビア国内で非常に多くの人が操作している、または操作している可能性が高い」122人のワーグナー工作員の詳細を示した。

ロシアとLNAはどちらも、モスクワが北アフリカの国のワグナー軍を支援するために戦闘機を送ったという以前の米軍の声明を否定しました。

ロシアのプーチン大統領は、1月にワーグナーグループがリビアで戦っていたのかと尋ねられたとき、リビアにロシア人がいるのかどうか、ロシア国家を代表しておらず、政府からの支払いも受けていないと述べた。

国連公認のリビア民族協定(GNA)に忠実な戦闘機は、首都トリポリとリビアの第2の都市ベンガジの中間にあるアブクレインの区域を、軍のロヤから守る
国連公認のリビア民族協定(GNA)に忠実な戦闘機は、首都トリポリとリビアの第2の都市ベンガジの中間にあるアブクレインの地域を、ベンガジ東部に拠点を置くハリファハフタールに忠実な軍隊に対抗するために確保した[Mahmud Turkia / AFP]
AFRICOMの主張は、リビアの戦争について議論するためにアンカラでトルコとロシアの代表団の間で水曜日に会った後に来ます。

トルコの外務省によると、双方は国の永続的な停戦のための努力を進めることで合意した。

会談後に発表された共同声明は、両サイドが協力し、リビアの反対派閥に対し「永続的で持続可能な停戦の条件」を作り、政治的対話を進めるための共同の努力を促すよう合意したと述べた。

出典: アルジャジーラと通信社』

〔https://www.foxnews.com/より〕

中国はポンペオの演説後、米国を「ささいなトリック」と「冷戦の考え方」で非難
ポンペオは中国との国の新しい戦略は「不信と検証」であると言います
https://www.foxnews.com/us/china-us-petty-tricks-cold-war-pompeos-speech


『米国と中国の間の緊張は、米国が「不信と検証」の新しい戦略で中国を考慮すると中国が米国を後ろ向きに考えて非難したとマイク・ポンペオ国務長官が言った後に高まるレベルに達しました。

「中国と米国の関係の現状は中国が見たいと思っているものではなく、米国がすべての責任を負っています」と外務省報道官のWang Wenbinは米国のヒューストンの中国領事館の閉鎖に応じて言った。

「われわれは再び米国にその間違った決定を直ちに撤回し、二国間関係を軌道に戻すために必要な条件を作成することを強く要請する」と彼は付け加えた。

中国は米国がヒューストン領事館を閉鎖することを「悪質な中傷」に基づいていると言う

領事館を閉鎖するというトランプ政権の決定は、今週初めに領事館の中庭で焼かれているファイルの報告が浮上した後に来ました。ヒューストンの警察と消防士は、中庭からの煙の上昇と目に見えるゴミ箱が燃えているという報告に応じましたが、管轄権のため、敷地内への立ち入りは許可されませんでした。

国務省は、領事館に3日間の操業を停止し、建物を空にする許可を与えることで対応しました。

米国国務省の報道官、モーガン・オルタガス氏はフォックス・ニュースに対し、領事館を閉鎖する決定は「アメリカの知的財産とアメリカ人の個人情報を保護すること」であると語った。

その後、ポンペオは木曜日にニクソン図書館で激しいスピーチを行い、ヒューストン領事館を「スパイとIP盗難のハブ」と呼び、ニクソン大統領の1972年の中国訪問以来、中国と米国の関係は劇的に変化したと述べた。両国の調和のとれた関係に向けて。

シンガポールの男性は中国政府の秘密機関として行動することに有罪を主張
「中国とのブラインドエンゲージメントの古いパラダイムでは、それを成し遂げることはできません」とポンペオは言いました。「私たちはそれを続けてはなりません。私たちはそれに戻るべきではありません。」

「レーガン大統領はソビエト連邦を「信頼するが検証する」という立場で取り扱った。CCP(中国共産党)に関して言えば、私は「不信と検証」と述べ、関係の変化を表しています。

「中国は、ポンペオがリチャードニクソン大統領図書館を演説の場として選んだことに気付いた」と、ウェンビン氏は金曜日の記者会見で語った。

「米国側では、リチャード・ニクソン大統領が、二国間関係の発展に貢献した中米関係を正常化するプロセスを開始した」とスポークスパーソンは述べた。「しかし、中国に対して嘘とうわさを作り広めてきた米国の政治家にとって、歴史は公正な裁判官です。」

FOX NEWSアプリを入手するには、ここをクリックしてください

1972年のニクソン大統領の訪問は、1949年に共産党が政府を掌握して以来、最初の米国大統領の訪問でした。

「私たちは米国政府に、冷戦時の考え方とイデオロギーの偏見を捨て、中国と中国と米国の関係を公正に見守り、否定的な言葉や行為を控え、二国間関係を軌道に戻すための条件を作るよう要請します。」金曜日は言った。

中国政府は金曜日、中国の成都にあるアメリカ領事館を閉鎖しました。おそらくヒューストン領事館の閉鎖に対する報復でした。』

シンガポール人男性、中国政府の秘密諜報員としての罪を認める
「中国政府は機密情報を取得するために一連の重複を使用しています」
https://www.foxnews.com/politics/singaporean-man-guilty-secret-agent-chinese-government


『シンガポール国民はのエージェントとして働くに有罪中国政府によって持ち出さ料金の上に金曜日の連邦裁判所に米連邦捜査局(FBI) 。

ディクソンヨーとしても知られるジュンウェイヨーは、2015年から2019年11月まで、中国政府の未登録代理人として働きました。

「中国政府は疑いを持たないアメリカ人から機密情報を入手するために一連の二重性を使用している」と司法省の国家安全保障局のジョンC.デマーズ次官補は、金曜に声明で述べた。

中国、ヒューストンのシャットダウン命令に対する明白な報復で成都領事館の閉鎖を命じる
「これは中国政府によるアメリカ社会の開放性の搾取のさらにもう1つの例です」とDemers氏は付け加えました。

Yeoは、キャリアネットワーキングサイトを使用するスキームに関与したことで有罪を認め、偽造のコンサルティング会社を装って、北京に関心を持つ可能性のある情報にアクセスできる米国市民を引き付けました。

ヨー氏は元々、米国に焦点を合わせる前に、さまざまなアジア諸国の人々を引き付けるために働きました。諜報機関の指示により、軍や政府で最高のセキュリティクリアランスを持っていた人々など、機密情報にアクセスできるアメリカ人を見つけて標的にした。

司法省の調査結果によると、ヨーはアメリカ人に彼のために報告書を書くように支払い、それはアジアのクライアントのためであると伝えたが、中国政府のためであるとは明言しなかった。

“氏。ヨ氏は、中国の諜報機関に貴重な情報を提供しただけでなく、米国内の他の人たちにも同じことをするように意図的に募集したことを認めた」とFBIワシントンの現地事務所のアシスタントディレクターを務めるティモシーR.

中国は米国がヒューストン領事館を閉鎖することを「悪質な中傷」に基づいていると言う

「Yeo氏がプロのネットワーキングソーシャルメディアサイトで許可された個人を標的にするために使用した戦術は、中国が非公開の米国政府情報を入手するために日常的に採用している完全な裁判所プレスのほんの一面にすぎません」

Yeoが設立した偽のコンサルティング会社は、著名な米国企業と同じ名前を使用し、広報および政府関係を行っていると主張しました。ヨ氏はまた、求人広告も掲載しており、政府や軍の当局者が積極的にセキュリティクリアランスを取得している。

関心のある履歴書は、中国の諜報機関に転送されました。

Yeoはまた、専門のネットワーキングWebサイトを利用して、関心のある人々を見つけてターゲットを絞っていました。その後、彼は中国の諜報機関によって彼らとの相互作用を案内されました。彼は、ターゲットの採用に使用するために、財政や仕事の不満などの脆弱性を特定する方法について指示を受けました。

FOX NEWSアプリを入手するには、ここをクリックしてください

「これはこの特定の被告だけの問題ではない」とFBIの対諜報部門のアシスタントディレクターであるアランE.コーラージュニアは言った。「この訴訟は、中国が自らの利益を前進させるために米国の技術と政策情報を追求し続けていることをさらに思い出させるものです。」

Yeoは、18 USC§951に違反して「外国政府の代理人」として起訴されたとして10年の刑期に直面する可能性があります。

判決は2020年10月9日に設定されています。』

〔https://www.washingtonpost.com/world/より〕

米国は中国との対立を強める
https://www.washingtonpost.com/world/2020/07/24/us-ramps-up-its-confrontation-with-china/?hpid=hp_world-right-4-0_world-latest-feed%3Ahomepage%2Fstory-ans

『トランプ大統領の監視のもと、米国は中国との対立の激化サイクルに従事しています。今週初め、米国当局は、ヒューストンにある中国領事館を北京のスパイ活動の中心地として閉鎖するよう命じた。司法省はまた、中国の軍である人民解放軍と関係のある逃亡中の中国人科学者がサンフランシスコの中国領事館に聖域を与えられたと言った。これとは別に、商務省はウイグル人やその他の少数民族に対する中国の「抑圧キャンペーン」への関与の疑いで、強制労働の使用を含む中国企業の新しいグループに対する制裁を発表した。

急上昇する米中関係のもう1週間です。中国外務省報道官は記者会見で報復をほのめかし、「米国の不当な行動に対応して、中国は必要な対応を行い、正当な権利を保護しなければならない」と述べた。彼は米国のスパイ活動の主張を「悪意のある中傷」と表現した。金曜日、中国は報復し、米国に成都の領事館を閉鎖するよう命じた。

トランプ政権はアンティをさらに引き上げただけだった。木曜日、「主要な」外交政策演説として請求された内容の中で、マイクポンピオ国務長官は、「自由世界」の未来に対する「中国共産主義」の危険性について話しました。彼は中国の習近平国家主席を、グローバルなマルクス主義の「覇権」を追求する「破産した全体主義イデオロギーの真の信者」と名付けました。ポンピオは、米国内および西側の他の場所で、「臆病さ」の道を選び、中国が認識しているグローバルシステムの操作とさらなる支配の計画を黙認した人々を叱責しました。

カリフォルニアでリチャードニクソン大統領図書館と博物館で話す-最初に人民共和国との関係を開いた大統領にちなんで名付けられた-ポンペオは西と中国を分けるイデオロギー戦争によって形作られた世界を呼び起こしました。彼は、「21世紀を自由にしたいのなら」「中国との盲目的な関わりの古いパラダイム」はもはや続くことができないと宣言し、前任者たちは北京へのアプローチにおいて柔らかすぎるという政府の見解を繰り返し述べた。

しかし、米国の最高の外交官は、政権交代を完全に要求するまでには至りませんでした。彼は共産党は「中国の人々の正直な意見をどんな外国の敵よりも恐れる」と述べ、より良い「中国の人々と関わり、力を与える」ことは西側の義務であると述べた。

-米国でポンピオの批評家は、スクリプトに精通している好戦的な姿勢の一種イランとベネズエラの政権に対するトランプ政権の「最大圧力」のキャンペーンが含まれています。しかし、今週ヨーロッパへの短い旅行を行ったポンペオは、ロンドンで一流の香港の反体制派と出会い、北京とのグローバルな絶望の高まりを利用しようとし、いくつかのタカ派のコーナーからの新たな「民主主義の同盟」への呼びかけを繰り返した。カウンター中国。

中国がこれまで以上に大胆で挑発的な方法で主張している時期に来ています。自宅での厳格な取り締まりから、インド洋との山岳国境に沿った海での最近の拡張主義作戦までです。中国内部では、米国が北京が独自のものと見なしている島民主主義への武器販売を拡大しているにもかかわらず、一部のナショナリスト解説者は台湾の侵略の考えについて公然と議論しています。

トランプ政権は本質的にコロナウイルスのパンデミックの間、世界的なリーダーシップの地位を放棄しましたが、中国の権威主義的な支配者は彼ら自身のイメージをほとんど後押ししていません。「現在の危機の渦に銀の裏打ちがあるなら、それは北京がそれ自身のカーテンを引き戻し、世界に拘束されていない中国の力の自発的なプレビューを与えたかもしれない」とカートキャンベルとミララップフーパーは外務省に書いた。「世界で最も暗い時間帯に停電を残すことにより、米国は中国に過剰到達の余地を残し、そしてそれが唯一の世界的指導者の地位に無資格であることを証明した。」

インド政府の元首席経済顧問であるアービンドサブラマニアン氏は、「啓発された寛大さより挑発されない攻撃を選択することにより、その歴史的な機会を浪費し、本当の性格を明らかにした可能性がある」と述べた。「中国が信じているように見えるソフトパワーは弱虫民主主義のためのものです。」

しかし、トランプか彼の民主党の反対者ジョー・バイデンのどちらか—もし後者が11月に勝利するようになったなら—はエスカレーションの現在の道のリスクを考慮しなければならないでしょう。「領事館を閉鎖することは中国をその行動を変えるように抑止または強制するための首尾一貫した戦略の一部ではないようです」中国の外交の専門家であるジェシカチェンワイスは私の同僚に言った。「それは、パンデミックに対するトランプ政権の悲惨な対応から米国の有権者をそらすための「ショックと畏怖」戦略のように見えます。」

香港の元米国総領事であるカートトン氏は、今週のウェビナーで米国は修辞的な広義ではなく「公認外交」を追求する必要があると主張し、中国に自身の行き過ぎと誤算を思い出させました。彼は世界を壮大なイデオロギー闘争に突入させるというポンペオの主張を振り払った。「中国は権威主義国家である」とトンは述べたが、「中国は自身の人口を濫用しているため、米国は権威主義に屈するつもりはない」と述べた。

「両サイドはイデオロギーの謙虚さを実践すべきだ」と北京大学の国際学部の教授であるJie Daleiは、現在の情勢に関する米国と中国の学者の声の集まりの一部として書いた。「一方を変更する必要はありません[または]共存できるようにもう一方になる必要はありません。実際、複数の競争イデオロギーの存在は、人類の歴史のほとんどを通じて、通常の状況です。アイデアのグローバル市場における1つのイデオロギーの支配は、ルールというよりも例外です。」』

〔https://www.afpbb.com/より〕

米、領事館駆け込みの中国研究者を逮捕
2020年7月25日 5:19 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 中国 中国・台湾 ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3295543?pid=22533070


『【7月25日 AFP】米国査証(ビザ)を不正取得した疑いを掛けられ、在サンフランシスコ中国総領事館に駆け込んでいた中国人研究者が逮捕され、24日に裁判所に出頭する見通しとなった。米司法省筋が明らかにした。

 逮捕された唐娟(Tang Juan)容疑者は、カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)のがん治療研究者としてビザ申請を行った際、中国人民解放軍(PLA)との関係を隠していた疑いが掛けられている。

 司法省の当局者は匿名を条件に記者団の取材に応じ、唐容疑者が米当局により拘束されたと説明。唐容疑者が総領事館から出た経緯については言及しなかったものの、容疑者には刑事訴追を免れる外交特権がないと指摘した。

 米国ではここ数週間で、唐容疑者を含む中国人研究者4人が、中国人民解放軍とのつながりを隠してビザを不正取得した疑いで逮捕・訴追されている。司法省の23日の発表によると、4容疑者は科学・技術知識を得るため米機関に「入り込む」ことを目的とした中国の取り組みに関わっていたとみられている。(c)AFP』

世界フィギュア出場の元選手、中国での虐待被害を告白
2020年7月25日 12:24 発信地:シンガポール
https://www.afpbb.com/articles/-/3295569?cx_part=top_topstory&cx_position=5

〔https://www.reuters.com/USA版より〕

閉鎖後の中国のヒューストン領事館のオープンバックドアを強制するのを見た男性
https://www.reuters.com/article/us-usa-china-consulate-houston-backdoor/men-seen-forcing-open-backdoor-of-chinas-houston-consulate-after-closure-idUSKCN24P2OT

『ヒューストン(ロイター)-米国国務省高官が同行した男性のグループは、米国政府によるミッションの閉鎖命令が中央時間午後4時に発効した直後(2100)、金曜日にヒューストンの中国領事館にドアを開けるのを強制されたのが見られました。 GMT)。

このグループには、国務省の外国代表団の最高責任者であるクリフ・シーグローブと思われる男が含まれていました。記者からの質問に対してグループは回答せず、国務省の報道官はシーグローブまたは領事館でのグループの活動についての質問に答えることを拒否しました。

男性が裏口を開けて中に入った後、米国国務省外交安全局の制服を着た2人のメンバーがドアを守るために到着しました。彼らは記者からの質問に答えなかった。

ワシントンの中国大使館はコメントの要求に応じませんでした。

ロイターの証人によると、領事館のスタッフは午後4時過ぎにヒューストンの建物を出て、ドアが強制的に開けられる前に車に乗っていた。

ゲイリー・マクウィリアムスとアドリーズ・ラティフによる報告。David Brunnstromによる執筆。Grant McCoolとDaniel Wallisによる編集』

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年7月24日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12616.html

『厚労省万歳降伏:「特段の事情」入国外国人PCR検査陽性比率公表』第187回【水間条項TV】フリー動画
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=BTNXtMegVoE&feature=emb_logo

日本、「中国出口」補助金の対象となる87のプロジェクトを明らかに

日本、「中国出口」補助金の対象となる87のプロジェクトを明らかに
ホヤはベトナムとラオスに向かい、住友ゴムはマレーシアに移転
(2020年7月17日15:39 JST2020年7月18日01:15 JSTに更新)
https://asia.nikkei.com/Economy/Japan-reveals-87-projects-eligible-for-China-exit-subsidies

『(グーグル翻訳文)
東京-日本の経済産業省は金曜日に中国から東南アジアまたは日本に製造業をシフトするために助成する日本企業の最初のグループを発表しました。

87の企業またはグループが、合計700億円(6億5,300万ドル)の生産ラインの移転を受け取り、日本の隣人への依存度を減らし、弾力性のあるサプライチェーンを構築します。

これらのうち30台は、ハードドライブ部品を生産するHoyaを含む東南アジアに生産をシフトし、ベトナムとラオスに移動します。

マレーシアでは住友ゴム工業がニトリルゴム手袋を製造し、信越化学はベトナムに希土類磁石の生産をシフトする。

他の57のプロジェクトは日本に向かいます。

家庭用品メーカーのアイリスオーヤマは現在、港湾都市の遼寧省大連市と上海西部の蘇州にある中国の工場で不織布などの主な原料を中国企業から調達してフェイスマスクを製造している。

同社は助成金の支援を受けて、宮城県の本拠地である角田工場でフェイスマスクの生産を開始する。すべての資料は、海外のサプライヤーとは関係なく、現地で準備されます。

アルコールベースの消毒剤を提供している衛生用品メーカーのサラヤも、この補助金の資格があります。

対象となる企業には、航空部品、自動車部品、肥料、医薬品、紙製品の製造業者が含まれ、名簿には、シャープ、シオノギ、テルモ、カネカなどの有名企業が組み込まれています。

政府は、2020年度補正予算に2,200億円を充当し、企業の日本への工場移転を奨励するための補助金プログラムを作成した。このうち235億円は、中国から東南アジアへの生産拠点の多様化を推進するために充てられた。

コロナウイルスの発生の早い段階で、日本はマスクのようなアイテムの調達に厳しい挑戦を経験しました。その多くは中国からのものです。

モバイルメールアイコン私たちのアジア限定商品を先取りしましょう』

本当は恐ろしいジョブ型雇用…。

本当は恐ろしいジョブ型雇用、ミスマッチの解消が運用の要に
https://comemo.nikkei.com/n/nc8775b7cab67

『人ありきで仕事を割り振っていくメンバーシップ型雇用に対して、仕事に対して人を割り当てていくジョブ型雇用で課題となるのは、ミスマッチが発生しがちなことです。足りない役割は外から採用すればいいのですが、問題はジョブからあぶれた人をどうするかです。欧米では契約解除とするのが一般的ですが、日本では解雇が厳しく制限されてきたとされています。』
『日本の雇用規制が厳しいために雇用の流動性を妨げてきたとは一般によくいわれることですが、以前ジョブ型雇用を標榜していた職場にいたわたしにしてみると、そう聞くと不思議な気持ちになります。

しばしばアップオアアウトといわれている外資系コンサルティングファームにしても、グローバルでジョブ型雇用を運用している外資系テック企業にしても、日本に事務所を置いて日本法に準拠して従業員を採用している場合には日本の雇用規制による影響を免れません。しかしながら日系企業と外資系企業とで、実際にはかなり運用が異なるように見受けられます。

わたしがジョブ型雇用の外資系テック企業に就職した翌年、同期入社の何名かはロックアウトの対象になりました。不振の家庭用ゲーム機向け開発チームがなくなって、宣告から間もなく職場から叩き出されたのです。日本法人ができて三十数年、わたしが知る限り米国流ロックアウトはその1回だけですが、採用を続けながら従業員を解雇することは広く行われていました。

評価が低迷して改善が見られない場合や、組織変更でチームごとなくなった際には3ヶ月の猶予期間が与えられて、その間に社内外で転職活動をすることになります。必ずしも評価低迷=即解雇という訳ではなく、なかなか成果が上がらないということは部署と本人との相性なり適性に問題があるのだから、本人のためにも動かした方が良いという説明には一理あります。社内で別のポジションに就いて見違えたように活躍するケースもあります。

悩ましいのは景気の低迷期で、経済状況の変化に応じてチームを縮小する場合、他の空きポジションも採用凍結となって、行き場を失って退職せざるを得ないケースが少なからずありました。たまたま居合わせたポジションがクローズされることで退職を余儀なくされる訳です。わたし自身、上司と社長との折り合いが悪く、ポジションを削られてクビになりかかった経験があります。その際は周囲の働きかけに助けられて会社に残ることができましたが、その騒動の数ヶ月後には上司が会社を去ることになりました。

日系企業の管理職であれば「整理解雇の4要件」(東洋酸素高裁判決)について研修で学ぶでしょうから、何故そんなに安直な解雇が可能なのか、不思議に感じるかも知れません。しかしながら現実問題として、入社時から社内ルールについて適切に説明していればトラブルに至るケースは限られ、従業員をそうそう解雇したからといって裁判にまでは至らないのです。いざ裁判となれば長い期間が必要となりますし、会社を訴えること自体が本人の再就職を難しくしてしまいます。

わたしも理不尽な解雇に直面した同僚の相談に乗る機会が少なからずありましたが、徹底的に争ったところで割に合うケースは限られるのが実情です。無理をして居残ったところで居心地は悪く、今後の昇給も期待できないし、本人のモチベーションも高めづらい、さらに雇用主を訴えるような人だと思われることが今後の再就職にプラスに働くこともありません。かといってそのままナメられて泣き寝入りするのも癪なので、粛々と転職活動を行いつつ、改めて弁護士を通じて人事に連絡を入れて、退職金を何倍かに積み増してもらうことをお薦めしました。仕事や上司との関係で行き詰まって解雇されてしまう従業員でさえ簡単に再就職できるくらい優秀で、退職金をいくらでも積み増せる財務体質だったからこそ、偶々それが可能だった訳です。

しばしば日本は解雇規制が厳しいので雇用の流動性が低く、成長セクターに人材をシフトさせることが難しいといわれています。しかしながら同じ日本の雇用規制の下で欧米流のジョブ型雇用を運用している組織もあるのは、つまるところコンプライアンスに対する考え方に大きな違いがあるからです。長期雇用を前提に経歴にミソをつけることを嫌がる日本企業の人事は「裁判沙汰」を起こして自分の社内経歴に傷がつくこと自体を恐れて、会社の利益のためには取るべきリスクを取ろうとしない場合があります。一方でジョブ型雇用で採用されたHRや法務は、確率的に裁判で訴えられるリスクや、その場合の裁判費用・賠償責任と、解雇を行わないことによって会社全体で要する費用とを比較衡量し、企業として経済合理的な行動を取ることを躊躇う理由がありません。仮に裁判になったとしても会社の立場を主張して損害を最小限に抑えることが転職の際に経験として売りになることさえ考えられます。どちらが社会の公器として相応しい行動か、経済合理的職業人として腹を括れているかは読者の価値観に委ねましょう。

いずれにしても日本でも導入が進んでいるとされる「ジョブ型雇用」の運用が上手くいくかどうかは、職務と適性とのミスマッチをどこまで解消できるかにかかっています。それは外資系企業がやってるのと同じように解雇したらいい、政府が硬直的な雇用規制さえ緩和してくれれば大胆な打ち手を考えられるのにといった安直な話ではありません。入社時に従業員に対してどのような約束をして意識付けを行ってきたか、従業員のエンプロイアビリティー・市場価値を高めるためにどれだけの機会を与え投資を行ってきたか、社内でのキャリアについてどれだけ本人に選ばせて自分事として意識付けさせてきたかといった過去の蓄積が効いてくる話で、後から付け焼き刃的に職務定義書をつくったところで、これまでのやり方の延長線上で人事が人を組織に填め込もうとしているうちは、そうそう組織文化は変わらないし、安直に解雇しようとしたところでトラブルに発展することは容易に想像できます。

一方で空前の新型コロナ不況は、日本企業が墨守してきた「整理解雇の4要件」を満たした上で、多くの従業員を解雇し得る機会となるでしょう。業績不振時の人員縮小は同時に、企業にとって優秀で必要な人から抜けていく危機に他なりません。やや穿った見方をすれば、整理解雇の4要件で求められている被解雇者選定の合理性・手続の妥当性を担保しつつ、必要な人材を引き留める下準備としてジョブ型雇用への移行を緩やかに進めることは、特に海外でジョブ型雇用を実践している日本のグローバル企業にとっては、先を見た合理的な企業行動といえることも確かです。

今はまだおままごとのように見えてしまう日本の「ジョブ型雇用」ですが、10年後20年後に振り返った時、戦後の雇用慣行から軌道修正して、失われた四半世紀を脱して新たなモデルを模索していく上で、転換点となるかも知れません。そういった文脈もうっすらと意識した上で、これから自分の仕事を取り巻く環境がどのように変化していくか、これから自分がどうやって社会から必要とされ続けることができるのかについて、この4連休は外出も難しいことだし、胸に手を当てて考える機会としては如何でしょうか。』