〔https://www.aljazeera.com/より〕

 ※ ちょっと疲れてきた…。あまり無理すると、潰れてしまうし、「再発」しかねない…。
 今日は、こんなところで…。

(グーグル翻訳文)
韓国は最初の軍事衛星を打ち上げます
ANASIS-II衛星により、韓国は軍事専用通信衛星を所有する世界で10番目の国になります。
https://www.aljazeera.com/news/2020/07/south-korea-launches-military-satellite-200721051821473.html
『民間事業者のSpace Xは、韓国が核武装した隣人である北朝鮮に対する防衛能力を強化しようとしているため、韓国初の軍事通信衛星を宇宙に打ち上げました。

韓国の防衛獲得プログラム管理局(DAPA)は火曜日の声明で、ANASIS-II衛星が前日の現地時間午後5時30分にフロリダ州のケープカナベラル空軍基地から離陸したと述べました。

億万長者の起業家であるエロン・マスクに所属する民間ロケット会社のSpaceXは、打ち上げから約32分後に衛星が配備されたことを確認しました。

DAPAの発表により、韓国は世界で10番目に軍事専用通信衛星を所有する国となり、「恒久的で安全な軍事通信」を提供することになります。

衛星は2週間でその軌道レベルに達すると予想されており、韓国軍がテスト後に10月にシステムを引き継ぐと付け加えた。

ソウルは、戦争が勃発した場合に米軍司令官が両軍の権力を握る取り決めを終わらせるために、軍事力の強化を目指している。

防衛省の関係者はヨンハプ通信に、衛星は「韓国軍の独立した作戦能力を向上させると期待されていた」と語った。

同盟の系統
ソウルとワシントンは安全保障上の同盟国であり、米国には国内に28,500人の軍が駐留している。

しかし、彼らの関係は近年平壌への彼らのアプローチの違いと経費負担の責任を超えて引き金を引かれています。

ロイター通信は韓国の当局者を引用して、コロナウイルスのパンデミックが米軍の移動を妨害したため、2つの同盟国は通常8月上旬に始まる軍事演習の規模、範囲、タイミングについてまだ合意していないと述べた。

韓国のジョン・キョンドゥ国防相と米国国防長官のマーク・エスパーは火曜日に電話をかけたが、演習の詳細については決定できなかったと当局はロイターに語った。

チョンとエスパーは米軍の撤退については話し合わなかったと韓国当局は述べ、国防総省がホワイトハウスに韓国における米軍のプレゼンスを低下させるオプションを提供したという最近のウォールストリートジャーナルの報告を「根拠のない」ものとして退けた。

出典: アルジャジーラと通信社』