フンマネがカンボジアの次のリーダーになる道が設定されています

フンマネがカンボジアの次のリーダーになる道が設定されています
しかし、フン・セン首相の長男は権力への彼の昇進を完了するためにカンボジアの有権者の信頼を得る必要があります。
https://www.aljazeera.com/indepth/opinion/path-hun-manet-cambodia-leader-set-200716155429372.html

 ※ ここで出てきている「フンマネ」とは、「フン・マネト」氏のことで、現指導者である「フン・セン」氏の長男だそうだ…。
 宮崎正弘さんの情報によれば、既に習近平氏と会見も済ませ、かの国の「お墨付き」も得ているらしい…。
  下記でも記述があるように、「ウエストポイント(米国陸軍士官学校)」をも卒業しており、「経済学」のエキスパートでもあるようだ…。
  こういう辺りを読むと、中国ー東南アジア諸国ー英米仏…は、「地下水脈」みたいなものでつながっている…、ようだな…。

※ 記事を書いてる人は、フン・セン氏の政党と対立する党の、副代表みたいな人のようだ…。

『(グーグル翻訳文)
先月末、私有のクメールネイション紙の発行者であるカンボジアのジャーナリスト、ロスソケトは、「社会保障に深刻な混乱を引き起こした扇動」を行ったとして逮捕されました。プノンペン市警察のサイバー犯罪局で2日間尋問された後、彼は重罪を犯した扇動罪で起訴されました。これは、最大2年間の懲役を科します。

地元メディアの報道によると、ソケトはソーシャルメディアのポストで標的にされ、カンボジアのフンセン首相が長男のフンマネトをグルーミングして、引退後に国のリーダーシップを引き継いだと非難しました。

カンボジア治安部隊が ソケトを沈黙させようとしているように見えるにもかかわらず、フンセンの息子を国の次の指導者に指名する計画は、カンボジアの政治を注意深く見ている誰にも秘密ではありません。

6月22日、首相自身、与党カンボジア人民党(CPP)の主導権を握るために43歳の息子をグルーミングしていることを確認した。

「彼の父として、私は息子をサポートし、彼が[リーダーシップを引き継ぐ]ことができるように彼を訓練しなければならない」とフン・センは言った。「彼が父親のようになれない場合でも、少なくとも彼の能力は父親の能力と80%または90%一致する必要があります。」

1985年以来カンボジアを率いてきたフン・センは、一夜にして政治王朝を作ることを決めなかった。彼は何十年もの間、リーダーシップのために長男を注意深く準備してきました。

フン・センは息子に彼の将来の政治的および軍事的キャリアに利益をもたらすであろう教育を米国と英国で受けるように手配した。 フンマネは、1999年にウェストポイントとしても知られるアメリカ陸軍士官学校で学士号を取得しています。2002年にニューヨーク大学で修士号を取得し、2008年に英国のブリストル大学で博士号を取得しました。 。彼の学位はすべて経済学でした。

彼は研究を終えてカンボジアに戻ったとき、 彼の若い年齢と比較的経験の浅いにもかかわらず、カンボジアの国家テロ対策特殊部隊の指揮官にすぐに任命されました。2013年に、彼は王立カンボジア軍(RCAF)で中将の階級を獲得しました。

カンボジアの軍隊による彼の急速な上昇は、彼が王国軍の2番目に強力な地位であるRCAFの指揮官に任命された2018年にも続きました。それ以来、カンボジアの人々は、すべての軍事パレードで、事実上の最高司令官である彼の父親の後ろにフンマネが誇らしげに立つのを見てきました。

フン・センは、彼の相続人に模範的な軍事経歴を提供することに加えて、フン・マネトをCPPの中央委員会に任命しました-CPPの唯一の有意義な反対、私自身のカンボジア国家救助党(CNRP )の後のカンボジア議会で唯一の政党 、2017年に 無条件に解散しました。

さらに、フンマネは彼の父親をカンボジア国内の何千人もの学生にサポートを提供する奨学金協会の代表として代理しています。彼はまた、国の農村人口に医療サービスを提供する医師協会を率いています。

最後にこの6月、フンセンの長男がCPPの青少年棟の大統領に選出されました。青いシャツを着たカンボジアのスカーフとクラマとして知られる 「若々しい」CPP部隊は慈善活動を行い、偉大な指導者であるフンセンの行動を守るために設定された党の宣伝装置として機能します。

何年にもわたって、フンマネトは相続人が明白であるとして彼の立場を維持するために懸命に働き、無条件に父親を守りました。彼は「穏やかな」政治勢力として知られるようになりました-常に年配のCPPエリートを尊重し、フンセン政権でも著名な地位にある子供たちへの「兄貴」。CPPユースウィングプレジデントの役割を引き受けることにより、彼はついに、カンボジアの次のリーダーになるための数十年にわたる準備の最後の段階に入りました。

しかし、フン・マネの無条件の父親への支援と、あらゆる犠牲を払って彼を守りたいという欲望は、すでに彼に根本的な過ちを犯させた。

彼はカンボジアの最近の中国からの軍用トラック290台の購入を2000万ドルで擁護した。フンマネト氏は、政府は国の予算から「シングルリエル」を使って車両を購入しなかったと述べ、「カンボジアの市民と企業」が支払いをしたと説明した。彼はこれらの民間ドナーの名前を明らかにしなかった。

フルマネは3つ星の制服を着て、ジャーナリスト、野党メンバー、トラックの支払いに使用された資金の出所について疑惑を抱いた独立アナリストを非難しました。彼は、何百万人ものカンボジア人が収入源を失う原因となったパンデミックの中でそのような購入をしたとして政府を批判した人の愛国心に疑問を投げかけました。カンボジア軍の副司令官は彼の父親が彼の任務に無名の私的個人の富を持っていること、そして彼が適当であると思うように、公衆に相談することなく、真ん中でさえこのお金を使う用意があることを誇らしげに認めた公衆衛生緊急事態の。

論争の的となっている動きの背後に彼の支持を置くことによって、フンマネトは彼が父親の過ちから学ぶつもりも彼の家族の前にカンボジアの人々の必要性と要求を置くつもりはないことを示しました。

フンマネは、フンの家族の手綱を引き継ぐために父親によって手入れされる可能性があります。

彼は全力の父親と党の機構の支持を得ているにもかかわらず、カンボジアの有権者の信頼と支持を得る必要があります。彼は特に、カンボジアの若者を示す必要があります。70%の若者は、質の高い教育と生活賃金での雇用にアクセスできず、父親の影から抜け出し、カンボジアの未来のための新しくより豊かで民主的なビジョンを提示できることを示します。

カンボジアの若者は、2013年の総選挙と2017年の共同投票の両方で「変化」を望んでいることを実証しました。この投票では、CPPは本拠地であるCNRPに拠点の多くを失いました。

ハン・マネがカンボジアの指導者のために身づくろいすることの正当性に疑問を抱くロス・ソケトのようなジャーナリストの沈黙は、彼の政治的見通しを助けません。カンボジアの次の指導者になる正当な候補者になるには、彼は自分が正しいことに立ち向かうことができることを国に示す必要があり、国の幸福のために必要な場合には父親の行動を批判する必要さえある。

この記事で述べられている見解は著者の見解であり、必ずしもアルジャジーラの編集姿勢を反映するものではありません。』

〔https://www.aljazeera.com/news/より〕

マリ反対派はケイタ大統領が辞めなければならないと主張する
6月5日運動はまた、州議会の解散を主張し、「共和国の移行」を求めた。
https://www.aljazeera.com/news/2020/07/mali-opposition-insists-president-keita-quit-200717203355828.html

『マリの抗議運動は、国際的な調停者が紛争にさらされた国の危機を和らげようとしたため、難民のイブラヒム・ブバカール・ケイタ大統領の辞任を求める要求を押し上げました。

金曜日の首都バマコでの記者会見で、6月5日の運動はまた、西アフリカの州議会が解散されることを主張し、現政府からの「共和党の移行」を要求した。

この動きはマリの政治的緊張の高まりの間に生じたものであり、15か国の西アフリカ地域ブロックECOWASの代表団が沈静化を図っています。

6月5日の運動は政府との対決を引き起こし、厳しい経済とマリの武力戦闘機との8年間の紛争への取り組みにおける彼の知覚されなかった失敗のためにケイタが辞任するという断固たる要求を伴った政府との対決。

先月いくつかの反ケイタ抗議を行った後、最新の集会は7月10日に暴力的になり、政治的な行き詰まりを深めました。

抗議者と治安部隊の間の3日間の暴力が続いて起こり、公式の集計によると、数年間で最も激しい血の乱れの中で、11人が死亡し、158人が負傷した。

6月5日運動-政治的、社会的、市民社会の指導者の異なる同盟-は、その中心的な要求に固執し、大統領からの和解のジェスチャーを拒否しました。

マリ大統領は抗議が暴力的になった後に調査を開始する(1:57)
大統領の声明によると、ECOWASの調停者は金曜日にKeitaに会った。

彼らはまた、影響力のあるイマームのマフムード・ディッコに会った-彼は正式なメンバーではないにもかかわらず、運動の事実上のリーダーと見なされている。

「私たちは本当に兄弟やアフリカ人として話をしました。そして、インシャラ(神が喜んで)から、マリからその偉大さを取り戻す何かが出てくることを願っています」と彼は言った。

行き過ぎる
金曜日の記者会見で、6月5日ムーブメントの指導者の1人、イブラヒムイカッサマイガは、ケイタが辞任する要求を再表明しました。

彼はまた、国際社会に大統領に辞任するよう働きかけるよう促した「危機からの脱出に関するノート」と題された声明を読みました。

マリの同盟国と近隣諸国は、約2000万人の脆弱なサヘル国家が混乱に陥るのを避けたいと熱望しています。

国のスワスは、2012年に北部で始まった反乱のために政府の管理外にあり、それ以来数千人の命を奪い、数十万人を家から追い出しています。

マリの抗議:野党グループが大統領の辞任を要求(2:25)
金曜日の国連人権高等弁務官はまた、マリの両側に緊張の高まりを警告し、抑制を示すよう求めた。

ケイタは反対派の主張にもかかわらず、彼の辞任を申し出る可能性は低いようです。

75歳の大統領は、彼が国を好転させることを望んで2013年に権力を握った。

国内には何千人もの外国軍が駐留しているにもかかわらず、武装した戦闘機がマリの中心部だけでなく、隣接するブルキナファソとニジェールにも侵入している。

その一部として、6月5日運動は、段階的緩和の以前の要求に注意を払ったようです。

水曜日に、それは金曜日に最近殺された抗議者に敬意を表して予定されていた大規模な祈りの集会を廃止し、代わりにモリアで死者を記念するようマリアンに要請しました。

マリ大統領は辞任を余儀なくされるのでしょうか?

出典: AFP通信社』

マリ共和国(Republic of Mali)
基礎データ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/mali/data.html

〔https://www.foxnews.com/us/より〕

ポートランド市長、トランプ氏に連邦政府のエージェントを「自分の建物に留めるか、私たちの街を去らせる」よう要求
一部のエージェントは、身元を明らかにすることを拒否し、名前タグを付けていません

https://www.foxnews.com/us/portland-mayor-demands-trump-keep-federal-agents-in-your-own-buildings-or-have-them-leave-our-city

『(グーグル翻訳文)
テッドウィーラーポートランド市長は、抗議者やジャーナリストに対する強引な対応に対する批判の中でトランプ大統領が市に配備された連邦捜査官を削除するよう要求し、軍の法執行機関職員が身元を明らかにすることを拒否したと報告している。

ウィーラー氏は金曜日の記者会見で、「軍隊を自分の建物に留めるか、彼らを私たちの街から離れさせる」と語った。「これはトランプのホワイトハウスの核となるメディア戦略の一部です。連邦軍を使用して彼のたるんだ投票データを強化することです。そしてそれは連邦法執行当局の絶対的な虐待です。」

彼の発言は同日、オレゴンのアメリカ市民自由連合が国土安全保障省(DHS)とUSマーシャルサービスにジャーナリストと法的監視者の権利を侵害したとして提訴した。この訴訟は、既存の苦情に連邦当局を加えて、群衆管理措置とメディアに対する抗議ガス、ゴム弾、および抗議中の法的監視員の使用を停止させた。

ポートランド警察のチャック・ロヴェル警察長官は、警官は連邦捜査官と連絡を取り合っているが、どちらも相手の行動を支配していないと語った。

DHS、「暴徒」を有効にすることをポートランド当局に非難し、「暴力的なアナキスト」による被害のタイムラインを告げる

ダグブラウンが提供するこの写真では、国土安全保障省のさまざまなコンポーネントのエージェントがオレゴン州ポートランドの連邦裁判所を保護するために配備されています。2020年7月5日、日曜日。ポートランドの当局と衝突した抗議者は、市の警察に反対するだけでなく、国土安全保障省の新しい優先事項を反映する連邦捜査官の派遣:ドナルドトランプ大統領が「暴力的な騒乱」と呼ぶものを防ぐ。 ミリタリースタイルの制服を着たエージェントには、エリートボーダーパトロールの戦術部隊のメンバーが含まれており、連邦の建物や記念碑を保護するための彼らの配備は、海外からの脅威に焦点を当てるために作成された機関の出発です。 (AP経由のDoug Brown)
ダグブラウンが提供するこの写真では、国土安全保障省のさまざまなコンポーネントのエージェントがオレゴン州ポートランドの連邦裁判所を保護するために配備されています。2020年7月5日、日曜日。ポートランドの当局と衝突した抗議者は、市の警察に反対するだけでなく、国土安全保障省の新しい優先事項を反映する連邦捜査官の派遣:ドナルドトランプ大統領が「暴力的な騒乱」と呼ぶものを防ぐ。ミリタリースタイルの制服を着たエージェントには、エリートボーダーパトロールの戦術部隊のメンバーが含まれており、連邦の建物や記念碑を保護するための彼らの配備は、海外からの脅威に焦点を当てるために作成された機関の出発です。(AP経由のDoug Brown)
「状況の認識と矛盾の解消を目的として、連邦政府当局と連絡を取り合っています」とLovell氏は述べています。「私たちは互いに非常に近い場所で事業を行っています…したがって、彼らが何らかの行動を起こすかどうかを知ることが重要であり、彼らが取るかどうかを知ることが重要ですある種の行動。」

オレゴン公共放送は木曜日に報告されて、連邦将校は進行中の抗議に関連した犯罪のために13人を拘束した。1つのビデオでは、ヘルメットとグリーンのカモフラージュを着た2人の人物が、「警察」のパッチが歩道で人をつかんで手錠をかけ、マークされていない車両に連れて行ったことが示されました。

ポートランド市長、抗議者は警察が過度の力を使って「自律ゾーン」を排除していると言いますビデオ
“あなたは誰?” 誰かがペアに尋ねますが、応答しません。連邦政府職員の少なくとも一部は国土安全保障省に所属しています。

米国の税関国境警備隊は声明の中で、その代理人はビデオの人物が連邦の代理人を襲撃したか、連邦の財産を破壊した疑いがあることを示す情報を持っていると述べました。

「CBPエージェントが容疑者に近づくと、大きく暴力的な暴徒が彼らの場所に向かって移動しました。全員の安全のために、CBPエージェントは容疑者をより安全な場所にすばやく移動させました」ただし、 ビデオに は暴徒は表示されません。

ポートランド市長は抗議の連邦の援助を拒否しますビデオ
別の抗議者は、緑の軍事疲労と一般的な「警察」パッチの男性が水曜日の初めにマークされていないミニバンから飛び降り、彼が平和的な抗議として特徴付けられたものから家に帰ったときに彼を逮捕したと言いました。彼はワシントンポストに、誰が彼を拘束したのかわからなかったので怖がっていたと話しました。

FOXニュースアプリはこちらをクリックしてください

「民主主義共和国ではなく権威主義政府が抗議者の後に無印の当局を送る」とジェイ・マークリー上院議員、D-オレゴンはツイッターで抗議者が逮捕されて無印のバンに入れられたビデオと一緒に言った。「説明責任を排除するために設計されたこれらのトランプ/バーの戦術はアメリカでは絶対に受け入れられず、終わらせなければならない。」

民主党のケイト・ブラウン州知事は、米国でのコロナウイルスの復活から国民をそらすために連邦政府の力を利用したトランプを非難 した。

フォックスニュースのモーガンフィリップスとAP通信がこのレポートに寄稿しました。』

アメリカ合衆国国土安全保障省
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%9C%81

『アメリカ合衆国国土安全保障省(アメリカがっしゅうこくこくどあんぜんほしょうしょう、英: United States Department of Homeland Security、略称: DHS)は、アメリカ合衆国連邦政府の行政機関の一つで、公共の安寧の保持を所掌事務とする。概ね各国の内務省に相当する行政機関である[注 1]。その使命は、テロリズムの防止、国境の警備・管理、出入国管理と税関業務、サイバーセキュリティ、防災・災害対策である[4]。

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を未然に防止することができなかった反省を踏まえて、テロリストの攻撃や自然災害等、あらゆる脅威から国土の安全を守るために、2002年11月に設置された、アメリカ合衆国連邦行政部の中で最も新しい省である。人員規模の点では、国防総省と退役軍人省に次いで、3番目に大きな省である[5]。

アメリカの国土安全保障(英語版)政策は、ホワイトハウスで開かれる国土安全保障会議(英語版)により調整される。このほかにアメリカの国土安全保障において特に重要な役割を担う行政機関としては、保健福祉省、司法省、エネルギー省がある。各州においては、国土安全保障省 (DHS) に相当する機関として、OHS(Office of Homeland Security、国土安全保障局)が設けられている。』

〔https://www.washingtonpost.com/world/より〕

イスラエルの西岸併合は、今のところ、パンデミックと政治的混乱の中で停止しています
https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/israels-west-bank-annexation-stalls-for-now-amid-pandemic-and-political-distractions/2020/07/16/31b7c2c8-c764-11ea-a825-8722004e4150_story.html?hpid=hp_world1-8-12_mideast508pm%3Ahomepage%2Fstory-ans

『(グーグル翻訳文)沿って
スティーブ・ヘンドリックス
2020年7月17日午後6時(GMT + 9)
エルサレム—数か月の蓄積の後、イスラエルとパレスチナは7月1日を「併合の日」と考えるようになり、イスラエルは占領された西岸のユダヤ人入植地を正式にイスラエル本土に吸収する計画を進めました。

しかし、2週間以上後、イスラエルとその主要な後援者であるトランプ政権は、急増するコロナウイルス感染に夢中になっており、併合の日が来るかどうか疑問に思う人はまだいないままです。

両政府は、トランプ政権の特別代表であるアビバーコウィッツが併合の範囲またはタイミングについて合意なしにワシントンに戻った7月1日以降、この提案について公に会談していません。

トランプ大統領の中東計画では、イスラエルの西部領土と、隣接するヨルダン渓谷のほぼ3分の1に及ぶ領土を想定しています。ベンジャミン・ネタニヤフ首相は、ホワイトハウスの承認なしに進まないと約束した。

現在、イスラエルの開拓者の中には、政権内の分裂と両国の健康と政治危機の高まりの報告の中で米国との交渉が行き詰まっているようで、窓が閉まるのではないかと恐れている人もいます。一部の開拓者は、ネタニヤフが自分で行動しなかったことにますます怒っています。

「私は悲観的です」と、ヨルダン川西岸地区のユダヤ人入植地の傘下グループであるイェシャ評議会の責任者であり農民であるデービッドエルハヤニは言った。「コロナがあります。アメリカでは選挙があります。しかし、本当のリーダーは、彼が歴史的な機会を見たとき、それを受け取ります。私は首相に本当のリーダーであることを要求します。」

議会またはクネセトの政治指導者間の合意の下で、7月1日が政府の承認を得るために併合計画を提示できる最も早い時期として設定されました。その日付はネタニヤフからの決定なしに出入りし、この問題は主にコロナウイルス感染の急増する第2波によってイスラエルの見出しから押し出されました。

イスラエルの陸軍ラジオによる火曜日の報告によると、議会の議長であり、ネタニアフの同盟国であるヤリヴ・レビンは、トランプ当局は現在、併合に対処する「気分がない」とアソシエイツに話しました。レビンのオフィスはコメントを避けた。

イスラエルと米国の当局者間の通信の知識を持つネタニヤフのリクード党の関係者は、首相はホワイトハウスの承認のみで併合を進めるとの約束に戻る計画はないと述べた。

「併合に関するアメリカ人の公式の立場が何であるかを聞くのをまだ待っている」と機密事項について議論するために匿名の条件について話した当局は言った。「それが起こるとしたら、それが起こるとき、それはどのように起こるのでしょうか?バーコビッツは2週間前に去った。私たちは彼に何が欲しいかを彼に話しました、そして今、私たちは待っています。」

一方、パレスチナ人は、彼ら自身のコロナウイルス感染の復活に直面しているとしても、計画への国際的な反対を強めるための彼らの努力を諦めていません。

ヨルダン川西岸地区を統治するパレスチナ自治政府は、安全保障と民事に関するイスラエルとの協力を引き続き差し控えています。そして珍しい協力のショーでは、当局の指導者とガザ地区を統治する過激派グループのハマスが併合して併合の提案を非難するためにビデオ記者会見に参加した。

エルサレムの米国大使館は、両政府間の会談の状況や、併合される可能性のある地域をマッピングする進行中のプロセスについてはコメントしませんでした。匿名の条件について語った大使館の関係者は、「この問題やその他の幅広い問題について、イスラエル政府と引き続き緊密に協議している」と述べた。

イスラエルで他の優先事項が支配的であることに疑いの余地はありません。イスラエルは、春の流行を制御する国の以前の成功が新しい事件で一掃されたため、当局が結婚式場とレストランの座席数を再び閉鎖しました。木曜日に約1,800の新しい感染が報告され、1週間で重篤な病気の数は倍増しました。

パンデミックの最初の数週間に決定的な行動をとったときに彼の人気が急上昇したのを見たネタニヤフは、彼の政府が学校をあまりにも早く開校してマスク要件を強制することに失敗して感染を急増させたという批判の中でそれが急落するのを見ました。

(ローネン・ズヴルン/ロイター)
100万人近くのイスラエル人が失業しているため、エルサレムの首相官邸の外で毎晩行われる抗議行動の規模と激しさが高まっています。50人以上のデモ参加者が火曜日に1,000人以上のイスラエル人による抗議行動が手に負えなくなった後に拘束された。

テルアビブの国家安全保障研究所の研究員である元米国大使のダン・シャピロ氏は、「併合はイスラエル国民の大多数にとって決して最優先事項ではなく、今では居心地のよい経済危機がエスカレートするにつれて、さらにキーキーに聞こえる」と述べた。 。「それは今のところ予定外ですが、戻る可能性があります。」

しかし、多くの開拓者は、遅延が併合の可能性を危うくすると見ています。彼らはトランプ氏の投票数の減少を見守り、大統領の民主党候補になりそうなジョー・バイデンがすでにその考えを非難していることを知っている。

エルサレムの南にある集落であるエフラットの市長であるオデド・レビビは、次のように述べています。

問題について何度もネタニヤフと会ったリビビは、首相とトランプが彼らの絶えず変化する政治情勢で有利を模索するとき突然合意が来るかもしれないと考えています。Reviviは軍の上級指導者が今週彼に語ったところによると、軍はさまざまな併合シナリオと激しいパレスチナの反応の可能性を計画していると語った。

「彼らはそれが多くの事前の警告なしにいつでも起こり得ることを理解している」と彼は言った。

イエシャの会長であるエルハヤニは、トランプ計画の1月の展開のためにネタニヤフと一緒にワシントンに旅行しましたが、西岸の残りの土地にパレスチナ国家を建設するための措置を伴う併合の要求を強く拒否しました。

彼はホワイトハウスがこの問題で分かれていたとの報告を引用し、デビッド・フリードマン米国大使が併合を推し進め、大統領の義理の息子であるジャレッド・クシュナーがパレスチナ国家へのイスラエルの関与をさらに延期した。

「トランプの計画は必要ない」とエルハヤニ氏は語った。「私は首相に言った、トランプ計画なしでクネセトに[併合]を持ってきて、今週それをしなさい。可能性が洗い流されるのを見るのは辛いです。」』

国防長官は「分裂的なシンボル」を拒否する一方で、軍事基地から南軍の旗を効果的に禁止する
https://www.washingtonpost.com/national-security/confederate-flag-military-bases-ban/2020/07/17/301e9b48-c832-11ea-a9d3-74640f25b953_story.html?hpid=hp_national1-8-12_defenseflag-6pm%3Ahomepage%2Fstory-ans

〔https://www.cnn.co.jp/world/から〕

イラン、防空システムの警戒強化か 米当局が複数の情報入手
https://www.cnn.co.jp/world/35156920.html

『(CNN) イランが一部の防空システムの警戒レベルを強化していることを示す情報を、米当局が複数入手したことが17日までに分かった。事情に詳しい米当局者が明らかにした。イランでは軍や核開発関連の重要施設で原因不明の爆発が相次いでいる。

イランは警戒態勢の強化により、脅威とみなす目標を地対空ミサイルで迎撃する準備を整えた可能性がある。

当局者は米国がどういった方法でこれらの情報を入手したのか明かさなかった。ただ、イラン付近の公海や公海上空では、米国の衛星や偵察機、艦船が継続的に活動してイランの動向を監視している。

現時点で米国はイランの警戒態勢について、訓練の一環ではなく、最近の事態に対応した措置だとみている。今月に入り複数の施設で謎の爆発が相次いだことを受け、イランは政権に対する未知の脅威がないか神経質になっているという。

イランは一連の火事や爆発の原因を特定できていない。火災によりウラン濃縮プログラム関連の施設に大きな被害が出たケースもあり、破壊活動の可能性を疑う声が上がっている。

国際社会では主に、一部の爆発の背後にイスラエルがいる可能性が取り沙汰されてきたが、米当局者は当初、イスラエルは今回の件に関与していないと明言したと述べていた。

ただ、イスラエルのガンツ国防相は5日にこの問題に触れた際、関与の可能性を否定せず、「イランで起きる全ての出来事に必ずしも我々が関係しているわけではない」としている。』

〔https://www.bbc.com/japanese/から〕

米で所属不明の男たちがデモ参加者をいきなり拘束 連邦職員か
https://www.bbc.com/japanese/53453760

『米西海岸オレゴン州ポートランドで、所属の明示がない迷彩服姿の男たちがデモ参加者たちを説明のないままいきなり拘束し、所属不明の車両に乗せて現場を走り去ったという。同州知事は「露骨な権力の乱用」と強く非難している。

オレゴン公共放送(OPB)の報道によると、人種差別や警察暴力に抗議するデモが5月下旬以来続くポートランドで、「POLICE(警察)」の文字以外は所属の明示がない迷彩服姿の男たちが、所属不明の車両から降りて、容疑内容や黙秘権の通告もないまま抗議参加者を無令状で拘束し、車両に押し込み走り去る様子が確認された。

OPBによると、少なくとも7月14日からこれは続いているという。

OPBが確認したという動画では、抗議に参加していたマーク・ペティボーンさんが、自分が拘束されたときの様子を話している。それによると、7月15日に防弾チョッキなどを着けた所属不明の職員が乗ったバンに「要するに放り込まれ」、連邦地裁の留置場に連れて行かれた。そこで権利の通告を受けた後、取り調べに黙秘すると、逮捕歴の記録も召喚令状の交付もないまま釈放されたという。

OPBによると、連邦職員はこれまでに13人をデモ関連の罪状で訴追している。

「露骨な権力乱用」か「暴徒鎮圧」か
5月下旬に黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡したのを機にアメリカ各地で広まった抗議行動は、ポートランドでも続き、事態鎮圧のため2週間前に連邦職員が派遣されて以降、特に先週は衝突が激化している。

AP通信によると、連邦政府施設の警備に派遣された連邦職員は、連邦地裁周辺だけでなく、連邦政府の施設から離れた場所でも抗議参加者を拘束しているという。

オレゴン州のケイト・ブラウン州知事(民主党)は、所属不明の連邦職員が市民をいきなり拘束していることに強く反発し、「露骨な権力乱用」だと非難した。

知事報道官のチャールズ・ボイル氏は、相当な理由のない拘束は「非常に懸念される行為で、市民の公民権や憲法上の権利を侵害するものだ」と述べた。

ポートランドのテッド・ウィーラー市長をはじめ複数の市幹部は、連邦職員の支援を依頼したことはないし、退去するよう要請したと話した。

「(連邦政府は)自分たちの兵を自分たちの建物内に留めてもらいたい。さもなければ、この街から出て行ってもらいたい」とウィーラー市長は17日、話した。

トランプ政権がオレゴン州に派遣した連邦職員は、デモ隊に向けて催涙ガスや、致死性の比較的低い弾丸を発砲している。

16日にポートランド入りしたチャド・ウルフ国土安全保障長官は、連邦職員は「アナキスト(無政府主義者)」や「暴徒」を鎮圧しようとしているのだと主張した。

ウルフ長官は長文の声明で、州政府と市当局が「事態収束」に失敗したと批判。そのため「暴徒が勢いづき、毎日のように騒乱を激化させている」、「ポートランドの街は47日間も連続して、(暴徒に)捕らわれている状態だ」と述べた。

「暴力的なアナキストたちは毎晩、連邦裁判所の庁舎を含め、建物や器物を破壊し、汚し、警備にあたる勇敢な法執行職員たちを攻撃している」と、ウルフ長官は主張した。

これに先立ちトランプ大統領も13日の記者会見で、ポートランドでデモ鎮圧にあたる連邦職員は「見事だ」と称賛。「ポートランドは完全に制御不能だったが、連邦職員が現地入りして、おかげで大勢が刑務所に入ったはずだ」と述べ、「だいたい鎮圧した。また始まったら、またあっさり鎮圧する」と話していた。

連邦職員は何者なのか
国土安全保障省(DHS)に属する税関・国境警備局(CBP)は、少なくとも抗議参加者1人の拘束は自分たちによるものだと認めた。

米ニュースサイト、デイリー・コーラーの取材にCBPは、拘束した人物は職員を攻撃し、連邦政府の施設を破損したと思われたため、「ただちに容疑者を取り調べのため、安全な場所に移動させた」と説明した。

CBP報道官は米メディアに対して、「暴力的なアナキストたちが数週間前からポートランドで集会を企画した。目的は、連邦施設を意図的に破損・破壊し、連邦職員やエージェントを負傷させることだ」と表明。「こうした犯罪行為は決して容認しない」と述べた。

米誌ネイションによると、CBPは自分たちの活動は、DHSが7月始めに創設した「Protecting American Communities Task Force(アメリカの地域社会を守るタスクフォース、PACT)」の一部としてのものだと話している。

PACTは、トランプ大統領が6月末に記念碑や像を「損壊、汚損、撤去」する行為に禁錮刑を科す大統領令に署名したことを受け、DHSが創設した。

一方で、人権団体のアメリカ市民自由連合(ACLU)は、「人が街角でいきなり拘束され、所属不明の車両に押し込まれる。この光景を我々は通常、誘拐・拉致と呼ぶ」とツイッターに書いた。

「この行為はひたすら違憲だ。このままにはしない」と、ACLUは強調した。

(英語記事 Federal agents ‘abuse power’ in Portland protester arrests)』

〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕

 ※ 相当に参考になる…。
 現代の「戦争」とは、「傭兵戦」になっているのか…。

Mirco Keilberth, Maximilian Popp, Christoph Reuter und Adam Asaad 記者による2020-7-13記事「The Renewed Dependency on Mercenary Fighters」。
https://st2019.site/?p=14577
『リビアで傭兵として戦闘中の兵隊の中にはシリアから来ている者がいる。アサド支持者はロシアに雇われ、反アサドのシリア人はトルコに雇われて、送り込まれる。

 リビア政府は、カリファ・ハフターの軍閥と内戦中である。
 リビア政府の講演者は、トルコである。ハフターのバックにはロシアがついた。

 このほか、UAEやイランも、外国人傭兵をやとって各地で作戦させている。

 政府軍側の傭兵となった一シリア人は月俸2000ドルを得ている。これはシリアにいたときは稼げなかった大金だ。
 トルコは、トルコ航空機を使って、シリアで集めた傭兵たちを、リビア国境のガジアンテプ空港へ運ぶ。

 ことし1月の時点で政府軍は首都トリポリだけを守っていて、他の国土はほぼハフターに支配されてしまっていた。
 シリアで集められた素人たちは、トリポリ市内のアパート街で、トルコの秘密作戦部局であるMITのメンバーから基礎的な軍事訓練をほどこされて、守備陣地へ送り出される。

 エルドアンは7000人のシリア人傭兵を投入することで、リビア政府の滅亡を食い止めたと見られている。リビアの石油埋蔵量は、アフリカ最大だと推定されている。

 ハフター将軍は、トリポリ攻略作戦が失敗したことを認めた。のみならず、サブラタのような海岸の都市をいくつか、政府軍に奪回されてしまった。それが、ここ数週間のリビア戦局。

 『シュピーゲル』誌面が一傭兵から聞き出した話によれば、過去数ヶ月、リビアからは毎日100名のシリア人負傷兵が飛行機で本国に後送されていて、それと入れ替わりに、300人の新傭兵が本国から運ばれてきたという。

 皮肉にも、リビア政府のために戦おうとするシリア人傭兵は、本国においては、反アサドの反政府ゲリラなのだ。
 トルコの雇用主は、傭兵が負傷しない限りは、本国シリアへは送還してくれない。そこで、どうしても帰国したくなったシリア人は、自分で自分の足を撃っているという。
 気軽な独身者のシリア人傭兵だと、難民ボートに紛れ込んで、リビアから欧州潜入を目指すこともある。

 いっぽう、アサド派の民兵から、ロシア雇いの傭兵(ワグナー・グループ)に転職した一シリア人。この男はロシア人上官から、リビアへ行けば月給1000ドル、プラス、年に4回、1ヶ月の休暇をやるといわれて、リビア行きを決心した。

 UAEやエジプトも、ワグナー・グループからロシア系傭兵を有償で借りている。

 ワグナー・グループの出張所のようなオフィスがシリアの複数の都市に存在する。そこにリクルーターが常駐している。もしリビアに行ってもいいというシリア人が応募してくれば、リクルーターは1人について200ユーロのコミッションを手にすることができる。

 応募者は、アラビア語とロシア語で書かれた契約書にサインする。最低でも3ヵ月、従軍する――という誓約書でもある。

 採用されるのは30歳未満が多い。50人くらい集まると、まずラタキア近くのフメイミム基地に移送され、そこでロシア人の軍事教官から、2週間の基礎訓練を受ける。

 傭兵たちは「ロシアの友」と書かれたIDカードを支給される。これがあると、リビア領内のハフター支配区の検問所を無事に通過することができる。

 そして傭兵たちはシリア航空機によってダマスカス空港からベンガジまで空輸される。

 ハフター軍閥の軍服に着替えるのは着陸後である。彼らはただちに、ワグナー・グループの士官たちの指揮下に入る。
 『シュピーゲル』が電話取材した男は、トリポリ南郊でも、海岸部でも戦い、過去セベラル週は、東部で戦闘しているという。
 ようするに、ハフター=ロシア軍はリビアにおいて押されており、それを挽回するために必死だ。

 国連によれば、ワグナーグループに雇われてリビアで戦闘しているシリア人は5月の時点で2000人ほどだと。
 しかしこのたび『シュピーゲル』が聞いた話では、5000人はいそうである。
 アサド政権は、刑務所の囚人もリビアに送り込むようになったという。

 ワグナーグループに雇われたシリア人たちは、昼間に睡眠をとっては夜間に作戦するという日常なので、疲れ切っている。給与はトルコ側傭兵の方がずっと良いという噂も届いており、加わる陣営を間違えたと感じている。

 アサド政権が倒壊しないで済んだのも、イランが雇って派遣した5万人の傭兵のおかげだった。それを組織したのが、この前爆殺されたソレイマニであった。

 リビア政府の刑務所(ミスラタ市)には、スーダンやチャドから雇われてきた反政府ゲリラ軍の捕虜400人が収監されている。
 その一人に取材したところ、彼はもともスーダン解放軍という反政府ゲリラに所属していたが、3年前にUAEの斡旋でハフター軍閥の傭兵になったという。UAEもこのようにして、他国の兵隊を使って自国の国益を追求しているのだ。

 ハフター軍閥側の、スーダン人の傭兵も、出世すれば、月給は3000ドル近くなり、部下450人を指揮するようになる。
 作戦途中で住民から略奪した物品は、トラックで集荷して、ダルフールへ後送したという。スーダンとリビアは陸続きなので。

 ただしUAE系傭兵は、ワグナー・グループよりも情報収集力が弱く、退却が遅かった。それでトルコ系傭兵=政府軍が攻勢に出たときに、UAE系傭兵ばかりが逃げ送れ、大量に捕虜にされてしまったのだ。

兵頭二十八の放送形式』

民間軍事会社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%96%93%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E7%A4%BE

 ※ こっちも、相当に参考になる…。
 「会社軍」というものが、母体になっているんだな…。
 皮肉にも、「冷戦の終結」が、多くの「退役軍人」を産み出し、それが巨大な「傭兵軍団」を産み出す原因になったわけか…。
 昔(むかし)も今も、荒くれ者を操る道具立ては、金(かね)と酒(さらには、違法薬物…)と女だ…。
 そういうもののお膳立ては、誰が、どうやって実現・供給しているのか…。
 その巨大傭兵軍団を養う金(かね)は、どこから出ているのか…。頭目への「謝礼」の支払いの、「決済」はどういうシステムになっているのか…。そういうシステムを、誰が支えているのか…。こっちは、「デジタル仮想通貨(ビットコイン、リブラなんか)にも、つながって来る話しだ…。「兵站」は、どうなっているのか…(こっちは、紛争の周辺国の掌握 → ひいては、「世界戦略全体」なんかにも、つながって来る話しだ…)。
 そういうことを、考えておいた方がいい…。
 カルロス・ゴーンのレバノンへの脱出なんかにも、関係してくる話しだ…。


『歴史
登場以前
近代に入り民間企業が巨大化すると、鉱山で起きたストライキの鎮圧など警備員では対処できない事態を素早く解消するため、それまで手配師などに頼っていた傭兵の募集に代わり、会社の一部門として武装組織(会社軍)を編成するようになった。これらは退役した士官などの経験者を指揮官として迎え、グルカ兵やヨーロッパ人などの傭兵を兵としていた。構成は歩兵、騎兵、砲兵からなるヨーロッパの伝統的な陸軍を簡略化した組織であったが、資金力を背景に武装に関しては最新の兵器を揃えており、最新の軍事教育を受けたヨーロッパの将校を指導教官として雇用することもあった。

ジョン・ロックフェラーは鉱山や工場で発生したストライキを鎮圧するため積極的に会社軍を派遣していたが、コロラド燃料製鉄会社のストライキを鎮圧するため30人以上を射殺したことでヘレン・ケラーが新聞で非難記事を連載したことや、社長となっていたロックフェラー2世が対話路線に転向したことでアメリカ国内では交渉で解決し、武力が必要な場合は州兵に任せるべきという風潮となった。また私企業が武力を保有することは次第に問題視されるようになり、欧米では国内での行動に制約が課されるようになった。

国外において、西洋列強は東インド会社のような植民地を統治する勅許会社の会社軍に対し、反乱の鎮圧のみならず周辺にある国を植民地にするための戦争(第二次シク戦争など)を許可していた。自国の軍隊のアウトソーシングであり、これにより遠方に軍隊を派遣する必要がなくなり、低コストで植民地を防衛することが可能となった。特にインドではヴァンディヴァッシュの戦いやプラッシーの戦いのように会社軍同士の戦闘が度々発生した。植民地の会社軍はスィパーヒーなど地元の傭兵が中心で兵の質はまちまちだったが、イギリスはこれらの戦いで活躍したグルカ兵に注目し、イギリス東インド会社軍で積極的に雇用するようになった。

これらの会社軍は指揮官は社員、傭兵はパートタイムで雇用して指揮下に置いているが、第三者へ兵力を提供することはなく、それまで領主が抱える私兵のような自力救済の延長か、政府が植民地を間接的に統制するための組織であった。

民間軍事会社の登場
第二次世界大戦後には各国で法が整備され会社軍のような存在は規制がかかり、治安が不安定な地域での操業する鉱山や油田の警備に支障を来すようになった。

そこで警備会社という名目で設立し、かつて会社軍が担当していた軍事サービスを他の企業に提供する会社が登場した。代表的な会社としてはダインコープやSAS創始者のデビッド・スターリングが経営するウォッチガード・セキュリティかあり、これには自国企業を保護したいイギリス政府も出資していた。民間企業でも自社で直接雇用するのに比べ、必要なときに必要な数の人員を確保できるためメリットは大きかった。

コンゴ動乱やローデシア紛争などでは傭兵が戦闘や護衛にも関わっていたが、1991年のソ連崩壊に伴う冷戦の終結により、アメリカ合衆国を中心とした各国は肥大化した軍事費と兵員の削減を開始し、数多くの退役軍人を生み出した。冷戦終結以降の世界では超大国同士がぶつかりあう大規模な戦闘の可能性は大幅に少なくなったものの、テロリズムや小国における内戦、民族紛争など小規模な戦闘や特定の敵国が断定できない非対称戦争が頻発化、不安定な地域で行動する民間人を護衛する需要も増加した。

優秀な軍歴保持者は有り余り、軍事予算の大幅な削減に伴い軍隊のコスト面での効率化が求められ、そして小規模の紛争が頻発する。この3つの要素が民間軍事会社を生み出す土壌を与える事となった。まさに戦争のアウトソーシングである。

こうして、民間軍事会社の元祖とも言える「エグゼクティブ・アウトカムズ」が誕生し、既存の軍関連会社も次々と民間軍事会社化していった。

1990年代

シエラレオネ軍とグルカセキュリティー社
1989年に南アフリカ共和国で誕生したエグゼクティブ・アウトカムズ(Executive Outcomes,略称EO)社は、フレデリック・ウィレム・デクラークやネルソン・マンデラ政権下で行われたアパルトヘイト政策の廃止や軍縮によって職を失った兵士を雇用することで、優秀な社員を多数有する会社となった。

特に第32大隊などの精鋭部隊に所属していた黒人兵士を多く雇用していたが、彼らはアンゴラ内戦で家族や財産を失い、逃げ延びた先の南アフリカでは白人達に周辺国への軍事介入や同じ黒人の弾圧に動員され、アパルトヘイト廃止後行き場を失った者達だった(EO社の解体後はポムフレットなど辺境の町で貧しく暮らしている)。

EO社はアンゴラ内戦中の1993年にアンゴラ政府と契約を結び、正規軍の訓練と直接戦闘を実行。結果アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)に壊滅的被害を与えることに成功し、20年続いた内戦をわずか1年で終結させた。その後、国際社会の圧力でアンゴラ政府はEO社との契約を打ち切り、国連が平和維持を行うことになったが平和維持部隊は任務に失敗し、アンゴラは内戦に逆戻りした。

また、シエラレオネ内戦では、残虐な行動と少年兵を利用することで知られた反政府勢力革命統一戦線(RUF)の攻勢で、先に展開したグルカ・セキュリティー・サービス社は司令官であったロバート・C・マッケンジーが殺害されるなど大きな被害を出し撤退、首都フリータウンも陥落寸前の状態であったが、EO社はわずか300人の部隊でRUFに壊滅的被害を与え、RUFが占拠していたダイヤモンド鉱山を奪還することで和平交渉の席に着かせることに成功した。しかし、こちらもアンゴラと同様に内戦に逆戻りした。

EO社は次第に肥大化し、戦闘機、攻撃機、攻撃ヘリコプターなどの航空兵器や、戦車、歩兵戦闘車のような強力な陸上兵器、負傷者輸送用のボーイング707なども運用するようになったが、危機感を抱いた南アフリカ政府によって1998年に解体された。しかし、内戦の戦局をも変えてしまう民間軍事会社の登場は世界に衝撃を与えた。

パプアニューギニアでは、ブーゲンビル紛争(英語版)において、政府が同国のパプアニューギニア国防軍(英語版)よりも民間軍事会社のサンドライン・インターナショナルを重用したため、国軍によるクーデターが発生している。

詳細は「w:Sandline affair」を参照
2000年代

元グルカ兵のコントラクター(アフガニスタン、ナンガハル州)
1990年代に登場した民間軍事会社は、その後急速に業務を拡大していき、2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降からはイラクやアフガニスタンでの活動が注目を集めるようになった。しかし、急速な組織拡大から法規の作成が追いつかず、管理する法律も組織も無い無法状態が続いたため、殺人や虐待など数々の不祥事を起こしてきた。

2001年にはアメリカで民間軍事会社の管理組織であるInternational Peace Operations Associationが発足、2006年にはイギリスでアメリカとは異なる民間軍事会社管理組織であるBritish Association Of Private Security Companiesが発足した。イギリスの場合はアメリカよりも非常に厳格で、民間軍事会社にISOやBSの取得を義務付けておりプレゼンテーションにおいてもイギリスの民間軍事会社はアメリカのそれとは違うことを強調している。

イラクにおける管理組織は連合国暫定当局が行ってきたが解体にともない2004年8月に連合国暫定当局から分離したNPO法人としてPrivate Security Company Association of Iraqが発足した。イラクでは連合国暫定当局が最後に発行したCPA Order17という規定に基づいて行動していたが、この規定は大変に問題のあるもので、民間軍事会社はイラクの法律に従う必要が無く、あらゆる免責特権を認め、税金も免除するなど民間軍事会社を完全に治外法権化する物であった。

2007年9月にはブラックウォーターUSAのコントラクターがイラクで輸送部隊の護衛中に市中で無差別発砲を行いイラク人を17人射殺するという事件が起きると、イラク政府も厳しい措置を取らざるを得なくなり、2009年1月1日でCPA Order17の無効を宣言し、民間軍事会社から免責特権を剥奪した。これ以降、民間軍事会社はイラクの国内法に従う義務が生じPrivate Security Company Association OF Iraqは2009年現在は実質的に活動していない。

このような無法状態を改善しようとする動きもあり、2008年9月17日にスイスのモントルーで17ヶ国によって採択されたモントルー文書で初めて国際的な規制が出来た。指針であり条約ではないため、国際法としての拘束力は無いが、新たな条約締結へ向けた活動が行われている。

2010年代
イラク戦争後、民間軍事会社は各地の小規模紛争に派遣されるようになった。リビア内戦においては、イスラエルのグローバルCSTが主にアフリカ系からなる警備要員や東欧・中東系の戦闘機パイロットなど多数のオペレーターを派遣して非武装市民への殺傷を含む過剰な業務を行い、シリア内戦では、アメリカの民間軍事会社が自由シリア軍など反アサド派を訓練するためにトルコで活動していた。一方、シリア政権側もロシア系の民間軍事会社の先駆けで香港[8]を拠点とするスラヴ軍団(英語版)から同様の支援を受けていた。アフリカではブラックウォーター社の設立者だったエリック・プリンスらが中国政府系の香港企業フロンティア・サービス・グループで中国の国家戦略である一帯一路を警備面から支援していた[9][10]。

また2014年以降の騒乱下にあるウクライナにおいても西欧の民間軍事会社[11]の要員らしき外国人が多数確認されたという証言がある。

2015年にはイエメンで、アメリカのスピアー・オペレーションズ・グループがアラブ首長国連邦の依頼により、イエメンにいる政敵の暗殺作戦を実行していた。』

最も高リスクのCLO部分、経営破綻多発が長期化の可能性示唆

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-17/QDL9U1DWLU6A01?srnd=cojp-v2

 ※ またゾロ、「組み合わせ商品」「パッケージ商品」か…。
 この手も、くり返し、くり返し登場して来るな…。尽きることは、無い…ようだ…。
 リーマンの時の「CDO(Collateralized Debt obligation)」と、同じ(おんなじ)だろ?どこに、違いがある?
 「リスク管理は、最先端の経済知識で行われています。」という唄い文句も、同じ(おんなじ)だ…。

『7000億ドル(約75兆円)規模のローン担保証券(CLO)市場の最もリスクの高い部分は、米企業の経営破綻の多発が数年間にわたる可能性を示唆している。

  CLOのエクイティー部分は今年に入り価値の4分の1を失った。オークツリー・キャピタル・マネジメントやゲートウェイ・クレジット・パートナーズなどの運用会社は近い将来の回復に懐疑的だ。「CLOエクイティー」は原資産である高レバレッジ企業向けローンが不良化した場合、最初に毀損(きそん)していく。

  経営破綻の増加が前回危機時のように1、2年で終了するならば、CLOエクイティーは良好なリターンを上げ得る。CLOのローンポートフォリオを管理しているマネジャーらは不良資産を売却し、景気回復とともに反発しそうな資産を購入できるからだ。2010年にはCLOエクイティーは平均で20%程度のリターンをもたらした。』
『だがCLOエクイティーの今年の大幅な下落は、投資家が今回の低迷が1998-2003年のケースに近いと懸念していることを示唆している。当時あは企業のデフォルト(債務不履行)が増えた後、何年にもわたり高水準にとどまった。

  多くの運用者らがCLOエクイティーから、弁済順位が高くより安全な「CLOデット」に資金を移しているのはこのためだ。投資家は今月、四半期ごとの数字で事態がどの程度悪くなっているか知ることになるだろう。

  オークツリーのポートフォリオマネジャー、ブレンダン・ビアー氏は、「市場の変調はCLOにとって必ずしも好機ではない。事態がうまく運ばなければ、損失は膨らむ」と話した。
原題:Riskiest CLO Pieces Signal Years of Corporate Pain Ahead(抜粋)』

〔bloomberg.co.jpより〕

ディズニーやアップルは中国の手先にされている-米司法長官(2020年7月17日 10:18 JST 更新日時 2020年7月17日 18:03 JST)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-17/QDL1K9T0AFB901?srnd=cojp-v2
『⇒米国企業は危険性を理解する必要がある-バー司法長官
 ⇒ワクチン研究でハッキングの主張「ばかげている」と中国外務省』

『バー米司法長官は16日、ウォルト・ディズニーやアップルなどの主要米企業が中国に操られた手先となり、欧米の民主主義的価値を犠牲にして中国政府に影響力と富の蓄積を許していると指摘した。

  バー司法長官はミシガン州での講演で「米国企業は危険性を理解しなければならない」と述べ、 「中国共産党は数十年、数世紀の観点で考えるが、われわれは次の四半期の決算発表を重視する傾向がある」と付け加えた。

  中国に操られる米企業の一例に娯楽大手ディズニーを挙げ、同社の映画を一時期上映禁止とした中国政府からの要求に屈したと指摘。上海に建設したテーマパークの管理で中国当局者に役割を与えることに同意した点にも触れ、その結果として白雪姫などディズニーのキャラクターに非常によく似たキャラクターが目玉の中国所有テーマパークが他の都市にオープンしたと付け加えた。

  バー長官はさらに、ニュースアプリの「Quartz」をアップルが中国のアップストアから最近除外した点にも触れ、中国政府が先に、香港の民主派の抗議活動に関する同アプリの報道について苦言を呈していたと述べた。また、中国によるインターネットアクセス制限を回避するため利用できたVPNアプリなどをアップルが削除したと指摘した。

  ディズニーの担当者に取材を試みたが返答はない。アップルの広報担当者はバー長官のコメントについて、同社の「iCloud」ソフトのセキュリティーと「同社のデバイスやサーバー全般の強固な暗号化」について説明した発表資料を引き合いに出した。

ワクチン研究
  バー長官はまた新型コロナウイルスのワクチン研究を米国の企業と大学から盗み出すため中国政府がハッキング攻撃を始める一方、パンデミック(世界的大流行)と闘うため必要な医療関連用品を囲い込んでいるとも主張した。

  中国外務省が北京で17日開いた定例記者会見で、華春瑩報道官は中国政府が米国のワクチン調査研究を盗もうとしているとのバー長官の発言は「ばかげている」とし、中国は研究が進展した段階にあり、盗む理由はないと述べた。

  華報道官はさらに、中国が米企業を脅し報復を行っているとのバー長官の見方に根拠はないと指摘。中国が米国を追い抜くことを目指していると主張する人々は中国の意図を見誤っているとも話した。

原題:Barr Says Disney, Apple and Other Firms Are Now Pawns of China、China Says U.S. Claims of Virus Research Cybertheft ‘Absurd’(抜粋)

(バー長官の発言と中国外務省報道官の反論を追加して更新します)』

テスラ、中国のEV登録台数が過去最高-6月は前月比32%増
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-17/QDLIZRDWLU6801?srnd=cojp-v2
『2020年7月17日 15:58 JST
From Hyperdrive
電気自動車(EV)メーカーの米テスラは、6月も中国でユーザーを増やした。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、登録台数は過去最高となった。

  中国で生産されたテスラ車の6月の登録台数は1万4976台。政府系の中国自動車工業情報網(CAIN)のデータで明らかになった。前月から32%増え、テスラにとって月間ベースで過去最高となる。

  中国の自動車市場全般の回復ペースは鈍いが、富裕層がテスラのブランドに引き付けられているもようだ。

原題:Tesla Keeps Adding China Users With Registrations Hitting Record(抜粋)』

ANZシニアトレーダー、中国と米国批判のオンライン投稿で退職勧告
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-17/QDLSKPDWX2PT01?srnd=cojp-v2


『オーストラリアの銀行大手、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のシニア金利トレーダー、ボアチ・オズデミール氏は、新型コロナウイルス流行について中国の責任を問い、米国の社会と政治の状態を批判する投稿で、同行から退職勧告を受けている。

  シンガポール在勤のクレジット世界責任者の同氏は3月前半にリンクトインで、「こんなことになったのは中国のせいだ。中国の言うことなど信用しない」と投稿。「米国にはもはや政府が存在しない」と付け加えた。

  同氏は英語と中国語のソーシャルメディアで攻撃を受け、ANZは3月中に、リンクトインへの投稿は同行の見解を反映したものではなく「投稿者の判断の欠如を明確に示すものだ」とのコメントを発表し、徹底的な調査を約束した。

  オズデミール氏がブルームバーグ・ニュースに電子メールで述べたところによると、ANZの発表文について同氏は事前に知らされず、その後に退職勧告を受けた。

  ANZはブルームバーグへの電子メールで「当行の従業員だと知られている人間による外部コミュニケーションツールの適切な利用に関する問題だ」と説明した。広報担当者は退職勧告についてコメントを控えたが、同氏がまだ在籍していることは認めた。

  オズデミール氏はリンクトインへの投稿の削除に同意したが、ANZがコメントを出したのは同氏の旅行中で、3月下旬にシンガポールに戻ると出社を止められ退職勧告を受けたという。

relates to ANZシニアトレーダー、中国と米国批判のオンライン投稿で退職勧告
原題:ANZ Trader Stirs Controversy After Online Criticism of China (1)(抜粋)』