中国、上半期の社債デフォルトが1.3兆円超え(2020年07月06日)

https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59130.html

※ 引き続き、大紀元ネタではあるが、紹介しておく…。

『今年1〜6月までの間、中国で約71銘柄の社債が不履行(デフォルト)になったことがわかった。総額は875億元(約1兆3406億円)にのぼり、前年同期比約46%増えた。中国メディア「券商中国」などは7月5日、伝えた。

報道によると、今年上半期において新たにデフォルトしたのは、民間企業や国営企業などの11社だ。デフォルトした主な債券の種類は、中期票据(Medium Term Note、中期手形)、超短期融資券(Super & Short Term Commercial Paper、コマーシャル・ペーパー)、企業債だという。

不履行の主因は、国内景気が後退し、さらに今年に入ってから中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大し、企業の生産活動が停止したことで、資金難が一段と深刻化した。

上半期に債務不履行となった企業の中で、資金規模が最も大きいのは、北京大学系列の中央企業(中央政府の管轄を受ける企業)、北大方正集団だ。

今年2月、同社は北京市第一中級人民法院(地裁)に再建手続きを申し立てた。券商中国の報道によれば、経営再建中、北大方正集団は、満期を迎えていない同社の23銘柄の社債を返済してはいけないと定められている。このため、計345億4000万元(約5292億円)にのぼるこの23銘柄の社債は不履行とみなされている。上半期のデフォルト総額の約4割を占めた。

一方、今年の前半において、中国で新たに発行された企業債と私募債は前年同期比で、それぞれ46%増、59%増となった。

(翻訳編集・張哲)』