トランプの2つの主要な外国の敵は大きな協定を計画しています

https://www.washingtonpost.com/world/2020/07/14/trump-china-iran-pact/

『(グーグル翻訳文)
北京とテヘランの独裁政権はワシントンの熱を感じている。前者は米国との貿易戦争に損害を与える苦いことに閉じ込められています。後者は、トランプ政権がイランと世界の大国との間の2015年の核合意から脱落した後、トランプ政権によって課された制裁によって国の経済が傷つけられたのを見てきました。しかし、関税と制裁はトランプ大統領が求めている両党からの黙認をまだもたらしていません。そして最近の動向は、これらの2つの推定のアメリカの敵がより大きな共通の原因を見つけているかもしれないことを示唆しています。

先週、イラン外相のモハマドジャバザリフは議会の会議で、彼の政府は、25年にわたる戦略的パートナーシップをめぐる中国との交渉に「自信と信念を持って」おり、中国のさまざまなセクターを通じて約4,000億ドルの中国の投資を伴う可能性があることを認めた。イラン経済。18ページのオンライン漏えい文書で明らかになった合意の詳細の概要。その起源は不明ですが、イラン政府が以前に発表した未解決の計画とほぼ一致しています。New York Timesによれば、6月に日付が記された記者が入手した文書のバージョンは、中国との係属中の合意の草案です。

両国間の協定は広範囲にわたるだろう:それはシリアとイラクでの可能な任務を含む情報の共有と安全保障協力を増加させるだろう。また、中国企業がイランの鉄道、港湾、通信における足跡を拡大し、北京に次の四半世紀のための安定した割引されたイランの石油供給を確保するだろう。中国はイランの戦略的な場所に自由貿易地域を開発し、さらに、北京の広大なベルトアンドロードの世界貿易と開発イニシアチブに拘束します。

トランプが選出される前の2016年から活動を続けているにもかかわらず、この潜在的な合意のタイミングは際立っています。これは、トランプ氏が米国の核合意へのコミットメントを破棄した後、新たな交渉に参加するようテヘランを妨害する可能性が非常に低いことを思い出させます。これは、長年にわたる外交協定であり、中国を含む主要国の努力に関与しました。今、ボロボロの経済で、イラン人は北京からのライフラインを求めています。そして、ワシントンとの彼ら自身の闘争を考えると、中国当局は危険を冒すことをいとわないようです。

「米国が景気後退とコロナウイルスに負けており、国際的に孤立している今、北京はアメリカの弱さを感じている」とタイムズ紙の記者、ファルナズファシヒ氏とスティーブンリーマイヤーズ氏は記している。「イランとの合意草案は、ほとんどの国とは異なり、中国が米国に逆らう立場にあると感じており、トランプ大統領が挑んだ貿易戦争でそうであったように、アメリカの罰に耐えるのに十分な力を持っている」

実際の取引がいつプッシュされるかは不明です。先週、記者からそれについて尋ねられたとき、中国外務省のスポークスマン、Zhao Lijianは慣習的に鎮痛反応をしました。「中国とイランは伝統的な友情を楽しんでおり、双方は二国間関係の発展について連絡を取り合っている」と彼は言った。「私たちはイランと協力して、実際的な協力を着実に進める準備ができています。」

中国はまた、国連安全保障理事会において、トランプ政権による今年後半に期限切れとなるイランへの武器禁輸措置を拡大する取り組みを阻止する上で重要な役割を果たしています。先月、中国の国連大使である張淳氏は、核合意の条件を用いて武器禁止を再制定する米国の試みを拒否し、トランプ政権がそもそも交渉の終結を待たなかったことを非難した。

海外の一部のアナリストは、テヘランの北京への求愛に偽善を見た。「革命的なアイデンティティが米国の帝国主義とイスラム恐怖症に対抗することを前提としているイランの政権は、再教育キャンプに100万人以上のイスラム教徒を維持している中国政府への完全な経済的および戦略的依存を承認しようとしている」とカリム・サジャドプール、カーネギー国際平和基金。

イラン国内では、問題はほとんど解決されていません。議会での投票が必要になるだろう。現在は、ハッサン・ルーハニ大統領がコロナウイルスのパンデミックへの対応と核合意の失敗の両方について激怒している強硬派によって支配されている。ルーハニの署名外交的勝利は事実上灰になり、彼の国の経済は米国の制裁によって再び窒息させられ、西側への開放の見通しは一見打撃を受けたようです。

しかし、イランがロシアや中国のような国に向かったことは、それが支払わなければならないかもしれない不公平な価格についての懸念を引き起こしました。先月、マフムード・アフマディネジャード前大統領は、「イラン国家の目から離れた」記念碑的な協定について議論している現在のリーダーシップのスピーチで警告した。一部の批評家は、Radio Free Europe / Radio Free LibertyのGolnaz Esfandiariを報告し、提案された協定を「ペルシャと帝政ロシアの間のトルクメンケイ条約」に例え、その下でペルシア人は南コーカサスにおける領土の統治を譲った。

ザリフ氏は、進行中の交渉については「秘密は何もない」と語り、イラン革命警備隊に関連するメディアは、ルーハニとザリフの時折の政治的敵対者であり、外交プロセスを後押ししているように見えた。「しかし、ザリフもIRGCのマウスピースも、なぜイスラム共和国が中国を志向せざるを得ないのかを公然と認めたわけではありません」と、アラブ湾岸諸国研究所の上級研究員であるアリ・アルフォネはワシントンに書いています。「米国政府の「最大圧力」キャンペーンに直面して、イスラム共和国はその存続を確保するために中国に向かっています。」』

※ 4000億ドルって、42兆円か…。自衛隊が、8個分以上だな…。どういう「投資計画」なのか、世界の誰もが気になるところだろう…。

※ 「もう、始まっている」のかも、知れないな…。