米、日本へのF35売却承認 105機、総額2兆4800億円

 『【ワシントン時事】米国務省は9日、最新鋭ステルス戦闘機F35計105機と関連機器の日本への売却を承認し、議会に通知した。売却総額は推定約231億ドル(約2兆4800億円)。金額ベースでは、2010年にF15戦闘機84機やミサイルなど総額294億ドル(約3兆1500億円)のサウジアラビアへの売却を承認したのに次ぎ、過去2番目の規模となる。

 売却されるのは、空軍仕様のF35A63機、短距離離陸・垂直着陸能力を持つ海兵隊仕様のF35B42機など。日本政府は18年12月の閣議で、中期防衛力整備計画(中期防)に沿い、旧型のF15戦闘機を置き換えるために、F35を105機追加調達し、計147機体制にする方針を了解していた。』

 ※ 105機中、F35Bが42機であることは、注目しておいた方がいい…。
 F35Bは、「垂直離着陸」が可能な機種だ…。「カタパルト」や「スキージャンプ式」の構造を持たない、いわゆる「航空母艦(空母)」でなくても、「飛行甲板」(ヘリコプターの離着艦が可能な構造。「耐熱甲板」は、必要となるが…)を持つものであれば、「艦載機」の運用が可能となる…。
 海自念願の、「軽空母」の保有・運用につながって行くのかが、注目だ…。
 その「軽空母」なるものを、どう運用して、日本国の安全保障をどう高めて行くのかの「軍事戦略」こそが、問題なんだが…。

 あと、F35の「真骨頂」は、その搭載している「電子機器」にこそある…。
 世界の流れは、「無人機」へと流れて行っているが、すぐに全てが「無人機」に置き換わるのではなく、過渡期の形態として、「有人機」と「無人機」の混在、「有人機」が「無人機」の支援を受けて「空戦」する…、なんてことが構想されているようだ…。
 そういう形態において、F35は、「無人機」のコントロール・タワーの役割を果たす…、ようなことが構想されているようだ…。
 そこいら辺の情報は、マングースさんのサイトが詳しい…( https://holyland.blog.ss-blog.jp/ )。
 「輸送機が新データリンクで数百倍データ通信高速化、でも:東京の郊外より・・・:SSブログ」
  https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-04

 そういうことを支えているのが、「通信」だ…。「無線通信技術」「衛星通信技術」、ひいては、その「通信規格」…。そういうものが、「軍事」の「死命を制する」ことになる…。
 米国が、ファーウエイや半導体の製造に、神経を尖らせるのも、宜(むべ)なるかな、だ…。
 米国の立場では、あわよくば潰したいし、そうで無くても、内製・自製をできるだけ遅らせる…、ということが、取るべき「戦略」となる…。
 次世代規格の「6G」(2030年頃、導入となろう)の覇権争いは、既に始まっているんだ…。