特定秘密保護法が改正 対中防衛で情報共有が米から英仏など4カ国へ拡大

特定秘密保護法が改正 対中防衛で情報共有が米から英仏など4カ国へ拡大
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59091.html

日本はインド、オーストラリア、英国との情報共有を深める
https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/Japan-deepens-intelligence-sharing-with-India-Australia-and-UK

『東京 — 日本は、インド、オーストラリア、英国などのパートナーと防衛情報を共有する上での協力を拡大し、米国以外の国々との交流を含む国家機密法の範囲を広げようとしています。

この拡大は先月、東京の最も近い同盟国であるワシントンを既にカバーしている法律の基準を改正した。論争の中で2014年に制定されたこの法律は、防衛、外交、テロ対策などの分野をカバーする「日本の国家安全保障に深刻な損害を与える」リスクがあると考えられる秘密を漏らしたとして、最長10年の懲役刑を科す。

外国軍からの情報を国家機密として分類することは、装備開発のための合同演習や提携を容易にする。また、中国軍の動きに関するデータを共有することも容易になり、東京が自国で北京の活動を追跡することが難しくなっているため、ますます重要な問題となっています。』
『中国沿岸警備隊の船は、中国が釣魚島と主張する日本が管理する尖閣諸島周辺の東シナ海の海域を木曜日に記録的な80日連続で航行した。中国政府は、重要なシーレーンである南シナ海に対する効果的な支配を強化した。

この法律の変更は、英国、オーストラリア、インド、フランスを対象としており、日本は双方に機密防衛情報を秘密にすることを義務付ける協定に署名している。リークのリスクを減らすことは、これらの国々が機密データを共有することを奨励する必要があります。

この改正は、2016年に施行された安全保障法制に基づくより広範な協力を促進し、東京が日本に脅威を与える状況で、集団的自衛権を行使し、他の軍隊に燃料と弾薬を供給する権利を行使させる役割を果たす。このようなタスクを実行するには、これらの力のサイズ、容量、および操作領域に関する情報が必要であり、これには非常に秘密のデータが含まれる可能性があります。』
『この動きは、近年の防衛パートナーシップで東京が分岐する傾向を反映している。昨年秋、日本の自衛隊とオーストラリア軍が日本で初めて戦闘機を含む合同訓練を実施し、海上自衛隊は2015年から毎年米印マラバル海軍演習に参加しています。

提携には防衛装備品の共同開発も含まれており、強力で分類された技術を共有する必要が生じることが多い。日本と英国は空対空ミサイルのプロトタイプを作り、東京はパリと提携して無人クラフトを使って水中鉱山を検出する技術を開発している。

日本は、2030年代半ばに配備予定のF-2戦闘機の後継戦闘機の開発に英国を関与させる計画です。東京はロンドンを主なパートナーとしてワシントンを選んだが、日本は自国の次世代戦闘機に取り組んでいる英国とステルス技術を共有しようとしている。』

次期戦闘機、日米官民協議始動 年末に大枠の計画
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61165740T00C20A7EA3000/