インド:中国は紛争中の国境に軍を「大量」に配備

https://www.aljazeera.com/news/2020/06/india-china-deployed-army-large-numbers-disputed-border-200626031842005.html

『インドは中国の増強のために「対抗配備を行う必要があった」と彼はニューデリーがそれが彼らの争ったヒマラヤの国境で軍を大規模に集結させることで北京と一致したことを初めて認めたように言った。

中国はインドの衝突を非難しました-少なくとも50年間2つの核武装した隣人の間で最も致命的な-インドの軍隊が中国の将校と兵士を攻撃したと言いました。

先月の中国での存在感の高まりに対応して、インドはLACに沿って多数の軍隊を配備し、ヒマラヤ西部のラダック地域で対決に至ったと述べた。

6月15日、インドと中国の軍隊がガルワン渓谷で数時間乱闘し、石と釘を埋め込んだ棒を使ってお互いを殴り合い、20人のインド兵を殺し、少なくとも76人を負傷させました。中国は軍隊が何人の犠牲者を出したかを明らかにしていません。

近所の人たちは高地での戦いを互いに非難した。今週、上級軍司令官がパレーを開催した後、双方は紛争中の境界で部隊を解放することに合意した。

しかしロイター通信社がレビューした衛星画像では、インドがLACの側にいるとガルワンバレー衝突の現場近くに中国が新しい構造を追加したように見えます。これらには、カモフラージュされたテントまたは覆われた構造、および壁またはバリケードで建設中の潜在的な新しいキャンプが含まれます。

「国境地域の平和と静けさは私たちの二国間関係の基礎です」とスリバスタバは言い、中国に緊張を冷やすという誓約をフォローアップするよう要求した。「現在の状況が続くと、雰囲気が損なわれるだけだ」と語った。』