誰でもソフト開発「ノーコード」…。

誰でもソフト開発「ノーコード」 米IT大手が熱視線
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60479010Y0A610C2TJ1000/

※ 正確には、「コーディングなしに」だ…。

※ ちょっと昔(むかし)には、VBとかで「オブジェクト」を操作して、プログラムを作成するものが流行った(Delphiなんかも、この系統…)。

※ 最近は、もはや「オブジェクト(orコントロール)」の操作すら必要で無くなり、「行みたいなもの(まあ、オブジェクトの一種だと思うが…)」を、「ドラッグ&ドロップ」したり、挿入・削除したりするだけで、ちゃんと「動作する」プログラム(アプリ)が、作れてしまう…。そういう世の中に、なった…。

※ 特に、今般の「コロナ禍」においては、医療関係従事者や病院関係者、ソーシャル・ワーカーみたいな相談員…と言った、いわゆる「プログラマー」では無い人達が、必要に迫られて、早急に、何らかの「対策ソフト・アプリ」を作成する…、ということが加速した…。

※ 台湾では、IT担当大臣自らが、「どこでマスクや医療関係用品が購入できるのか、在庫はどれくらいあるのか」が分かる…、というアプリを開発したそうだ…。それにひきかえ、我が日本国においては、どうだった…。「ハンコ」を押しに、出社しなければならない…、という体たらくだった…。そして、「ハンコ押しロボ」が、開発された…。どうも、方向性が違っている気がするが…。

『【シリコンバレー=佐藤浩実】プログラミング言語の知識がなくてもソフトウエアを開発できる「ノーコード/ローコード」と呼ぶ技術への関心が高まってきた。米マイクロソフトの開発基盤の利用者は半年で7割増え、米グーグルや独シーメンスは関連企業の買収に動く。エンジニア不足の処方箋として期待され、新型コロナウイルス対策に生かす例も増えている。』
『■350万人が利用
マイクロソフトが5月下旬に開いた年次開発者会議。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「350万人が『パワー』を使って日常的にアプリを開発している」と誇った。』
『パワーはソースコードを書けなくても「パワーポイント」や「エクセル」を扱うような感覚でソフトを作成できるサービスだ。IT(情報技術)エンジニアが集う「GitHub(ギットハブ)」の利用者が5千万人いるのに比べれば少ないが、この半年でユーザーは1.7倍に増えた。

マイクロソフトは3年ほど前から「ノーコード/ローコード」の開発基盤の整備を始めた。「大々的に公開したのは2019年から」と、担当するコーポレート・バイス・プレジデントのチャールズ・ラマナ氏は語る。5月に関連技術を持つ英企業を買収するなど、ここに来て投資の積み増しも鮮明だ。』
『■グーグルなど買収ラッシュ
グーグルは1月、プログラミングなしのアプリ作成を支援する米アップシートを傘下に収めた。シーメンスも米社を買収。米新興のアンコルクが3月までに日本円で約140億円を調達するなどM&A(合併・買収)や大型の資金調達が相次ぐ。

世の中にある多くのソフトは今も、プログラミング言語を学んだエンジニアがコードを書いて作っている。「傍流」の開発手法にIT大手が力を入れ始めたのは、世界の企業が進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の一助になるからだ。』
『■ITエンジニア不足に対応
金融や製造業、小売業まで、ITでビジネスモデルや業務を見直す動きは盛んだ。一方で熟練のエンジニアは不足し、日本だけでも30年までにIT人材が80万人不足するとの予測もある。ギャップを埋めるため、専門知識がなくても短期間でソフトを作れるサービスへの関心が高まっている。

新型コロナも転機になる。医療現場などで急にデジタル対応が必要になる場面が増えたためだ。

米ワシントン州の病院は病床の空きや人員配置といった情報を医療関係者が共有できるアプリを「パワー」で制作した。開発を担当したケビン・ブルックスさんは「急速な変化を把握して患者に対応することができた」と話す。米ニューヨーク市はアンコルクのサービスを利用し、感染者らが健康状態を登録するシステムを3日で構築した。』
『■クラウド連携で普及期に
「ノーコード/ローコード」をうたうサービスの歴史は長く、01年設立の米アウトシステムズや05年設立の米メンディックスが先駆けだ。当初は、作ったソフトの拡張性や外部データとの連携に制約があり、ソフト開発の主流にはならなかった。

米ガートナーのジェイソン・ワンVPアナリストは近年脚光を浴びるようになった背景について、「クラウドや(様々なデータをつなぐ)APIといった技術と組み合わせて使えるようになったから」と話す。マイクロソフトやグーグルが触手を伸ばす背景には、開発者の裾野を広げ自社のクラウドの利用を促す狙いもある。

ガートナーは24年までに、企業で使う業務アプリの65%が「ノーコード/ローコード」の開発手法を用いて作られるとみている。技術者不足が利用に拍車をかける。

一方、日本の大企業はシステムをゼロから作りこむことを良しとし、簡易な開発手法の採用に難色を示す向きもある。変化の速度が早まるなか、柔軟にツールを使いこなす意識改革が必要だ。』