東京・緊急事態宣言解除へ 段階的な緩和

東京・緊急事態宣言解除へ 段階的な緩和めぐって安堵と嘆きの声
https://www.fnn.jp/articles/-/45697

 ※ 東京及び首都圏は、様子を見ながらの「ステップ解除」らしい…。なにしろ、「人集め業態」が「三密の巣窟」になるものばかりなので、やむを得ないところだろう…。「感染再拡大」のきざしが見られた場合は、「アラート」を発して、「緊急休業要請」も出すらしいな…。レインボーブリッジのライトアップの「色」で、知らせるとか言っていたな…。「危険」の兆候のときは、「赤色」になるそうだ…。

『5月26日に全面解除となる緊急事態宣言。解除される東京では休業要請の緩和が段階的ということで戸惑いも広がっている。
東京都は居酒屋などの飲食店に対し現在午後8時で閉店することを求めているが、飲食店は解除によって都が示した要請緩和のステップ1で今より2時間遅い午後10時までに、ステップ3で翌日の午前0時までに緩和される。
ステップ1でボーリング場も5月26日から休業要請が解除される。

東京福生市にあるボウリング場は当初6月1日の再開を予定していたが、宣言が前倒して解除されたため明日の再開に向け急ピッチで準備を進めている。
しかし宣言解除を喜べる人ばかりではない。
未だ長いトンネルの先が見えない業種からは苦しい経営状態を嘆く声も聞かれた。

4月上旬から休業を続ける東京都内のゲームセンターは6月1日の営業再開を予定していたが、
ゲームセンターの休業要請が緩和されるのはステップ3。6月1日の営業再開は微妙な状況になっている。』

※ この業態は、難しいな…。どんなに消毒を念入りにやっても、結局、「保菌者」が密集すれば、「クラスター」になる…。それに備えて、あらかじめ「連絡先」を聞いておく…くらいが、関の山だ…。しかし、それも、「虚偽申告」されれば、それまでの話しだ…。韓国でも、梨泰院(イテウォン)のクラブで「クラスター」が発生したとき、ご自慢の「スマホ」の位置情報を使った「追跡」システムが、スマホの「電源切られて」機能しなかったらしい…。「上に政策あれば、下に対策あり」なんだよ…。

※ まあ、ワクチン+治療方法の目処(めど)がつくまでは、「様子見営業」といったところだろう…。せいぜいが、運転資金援助を手厚くする…くらいのものだ…。