30カ国からアビガン提供の要望、無償供与する方向=菅官房長官

https://jp.reuters.com/article/suga-avigan-idJPKBN21L12T

『[東京 3日 ロイター] – 菅義偉官房長官は3日午後の会見で、新型コロナウイルスの治療薬として臨床試験に使用するため、30カ国がアビガンの提供を求めてきているとの見解を明らかにした。政府内では無償提供する方向で調整していると語った。

ドイツが新型ウイルスの治療薬として、アビガンの提供を求めていることに関連し「各国からの要請が増えており、希望する国と臨床試験などで協力していきたい」と述べた。

一方、新型ウイルス感染の防止には、人と人との接触を止めることが必要とされ、これから予定されている各種の自治体などの選挙に対し、政府はどのような対応方針を示すのかとの質問に対し、菅官房長官は「選挙は民主主義の根幹である」と述べ、直ちに選挙を中止、延期する考えのないことを示した。今後の選挙では「有権者が予防的対策取って投票に参加してほしい」と述べた。

政府が近く取りまとめるコロナ対策の中に盛り込まれる予定の現金給付については、収入が減少し、生計維持に困難を生じる世帯を対象に検討が行われていると説明。外国人が含まれるかどうかに関しては「過去の現金給付では外国人にも配布しており、その例も参考に対象を決めていく」と述べた。

また、安倍晋三首相が表明した全世帯にマスク2枚を配布する際には、国籍によって対象を限定することはないとの見解も示した。』

独政府、「アビガン」大量購入へ 新型コロナへの効果期待

『【ベルリン時事】ドイツ政府は、富士フイルムのグループ会社が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」を、新型コロナウイルス感染者への治療効果が期待されるとして、大量に購入する方針を決めた。2日付のフランクフルター・アルゲマイネ紙が報じた。購入規模は、数百万セットに上る可能性があるという。

 アビガンについては、中国政府が治療効果を臨床試験で確認したとしており、同国企業が後発医薬品(ジェネリック)の生産を進める方針。ドイツの新型ウイルス研究第一人者であるシャリテー大学病院ウイルス学研究所のドロステン所長は同紙に、アビガンについて「有望だ。効果を示す初期段階のエビデンス(根拠)がある」と述べた。』

アビガン(ファビピラビル)の作用機序【インフルエンザ】
https://medicalcampus.jp/di/archives/111

COVID-19への対策の概念

※ 「短足おじさんの一言」に上がっていた情報だ。
 .pdfだったんで、キャプチャして、.htmlとして貼っておく…。
 今回の、日本のコロナ感染拡大対策が、どういう「知見」にもとづいて、どういう「戦略」の元に実行されているのか、余すところなく説明している…。

武漢肺炎<3つの「密」を防ぐ理由
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1740.html

COVID-19への対策の概念
https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf

『世界保健機構の Dr.Carlo Urbani は2003年3月29日、 SARS で亡くなります

Dr.Carlo Urbani 、伝染性のdeseases の専門家、は今日(3月29日) SARS で亡くなりました。 Dr.Carlo Urbaniは、カンボジア、ラオスとベトナムでの公衆衛生のプログラムに尽力されていました。 彼はハノイ、ベトナムに本拠地を置きました。 Dr.Carlo Urbaniは46歳でした。

Dr.Carlo Urbani は(それまで)ハノイの病院に入院した、アメリカの businnessman で、この新しい diseas を発症した患者を 識別する最初のWHOの担当者でした。 彼による病気の早期発見のおかげで、世界的な監視は高められました。そして多くの新しいケースが識別されました。そして、その病気が病院スタッフを感染させる前に、彼は隔離されました。 ハノイでは、 SARS の発生はコントロールされて来ているように思われます…。』

※ 壮絶な「戦死」だ…。そういう人の業績を胸に刻んで、関係者一同、全力で事に当たってくれているんだろう…。有り難いことだ…。そういう尊い犠牲の上に、オレらの安穏な日々の生活が、成り立っている…。