〔新型コロナ、日本で落ち着くのはいつ頃なのか…。〕

Coronavirus Deaths by U.S. State and Country Over Time: Daily Tracking
https://www.nytimes.com/interactive/2020/03/21/upshot/coronavirus-deaths-by-country.html?algo=top_conversion&fellback=false&imp_id=458318929&imp_id=221406485&action=click&module=Most%20Popular&pgtype=Homepage

※ 上記のグラフは、新型コロナの各国の「死者数」をプロットしたものだ…。縦軸が「対数スケール」になっている…。

※ これを見ると、中国の例を見れば分かるが、大体「30日」で、ほぼ「横ばい」となっている…。まず「40日」くらいで、一応の落ち着きを見せている…、ということなんだろう…。

※ 「死者数」の「横ばい」で事態の収束の尺度にするとか、やや不謹慎に感じる人もいるかもしれない…。しかし、「国家戦略」、「一国の対策」を考えようとする場合は、そういうことも言っていられない…。亡くなった人には、心からの「哀悼の意」を表しながら、生き残っている者として、他の生き残った人達のため、明日もまたその次の日も、全ての国民が「生き残って行く」ための、打つべき手を考えておかないとならない…。だから、事態が落ち着きを見せる時期も、できれば「正確に」予測しておきたいところだ…。

※ それでオレも、全くその任にあるわけでは無いが、素人ながら予測し、亡くなる人の「人数」も把握しようとしてみた…。というのは、最終的な「死者数」は、「現状の日本国の医療提供体制のリソース」が満杯にならないか…という問題を、考える上で重要な「ファクター」となるからだ…。

※ やり方は、単純だ…。現状の「増加の傾き」に沿って直線を引いただけの話しだ…。現状の増加率のままで推移すれば、40日後には「200人」くらいと出た…。騒ぎになったのが、大体1月24日くらいからだから、3月25日で60日くらいだ…(計算、違っていた。訂正しておく)。そろそろ、落ち着く時期なんだが…。

※ まだ、50人近い新規感染者が出ている…。まだまだ、「収束に向かっている」感じでは無いな…。やはり、「イベント自粛要請」や、「学校の閉鎖」くらいでは、「弱い…」ということか…。東京都の「ロックアウト」も、視野に入れざるを得ないかもな…。

※ 昨日の時点での実績だ…。死者数は「52人」…。予測値は「200人くらい」だから、相当頑張っていると言える数字だ…。新規が「69人」と、70人近く、WHOの値よりも大分多い…。時間差は、たった4時間くらいなんだが、その間に増えたということなのか…。ちょっと、おかしな話しだな…。

※ 一部では、東京2020の「延期」が決まったんで、「忖度」する必要が無くなり、「報告数も増えるだろう。」と言っている向きもある…。

※ 「そろそろ、収束する時期だ。」と言いたかったんだが、これではムリだな…。

※ それでも、気温も上がってきたし、収束の方向に向かっていると信じたい…。

※ あと「1か月」、ぎりぎりゴールデンウィークまでには、「落ち着きを見せる」と予測しておく…(「予測」では無く、「希望的観測」にすぎないな…)。