容赦ないアメリカの金融「選別」が始まった…。

Federal Reserve announces the establishment of temporary U.S. dollar liquidity arrangements with other central banks
https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20200319b.htm
『連邦準備制度は木曜日に、オーストラリア準備銀行、ブラジル中央銀行、デンマーク国立銀行(デンマーク)、韓国銀行、メキシコ銀行、ノルウェーとの一時的な米ドル流動性協定(スワップライン)の設立を発表しました。銀行(ノルウェー)、ニュージーランド準備銀行、シンガポール金融庁、Sveriges Riksbank(スウェーデン)。これらの施設は、連邦準備制度と他の中央銀行との間に既に確立されているもののように、世界的な米ドル資金調達市場の緊張を軽減するように設計されており、これにより、これらの緊張が国内外の家計や企業への信用供給に与える影響を軽減。

これらの新しいファシリティは、オーストラリア準備銀行、ブラジル中央銀行、韓国銀行、メキシコ銀行、シンガポール金融庁、およびスヴェリゲスに対して、それぞれ最大600億ドルの米ドルの流動性の提供をサポートします。デンマーク国立銀行、ノルウェー銀行、ニュージーランド準備銀行にそれぞれRiksbankと300億ドル。これらの米ドルの流動性の取り決めは、少なくとも6か月間実施されます。

連邦準備制度はまた、カナダ銀行、イングランド銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スイス国立銀行との間で米ドル建ての流動性スワップラインを保有しています。』

IMF、ベネズエラの支援要請拒絶 政権の正統性に疑義―新型コロナ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031901441&g=int

米、対イラン追加制裁 石油製品購入でUAE5社
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032000270&g=int

中ロ首脳、新型コロナめぐり電話会談
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032000267&g=int

※ 世界が「先行き不透明」につれて、「ドルに群がる」中、アメリカは容赦無く、敵・味方を選別して、助ける国と助けるつもりの無い国を、選別しにかかっている…。

※ この騒ぎが、どういう形で決着するのかは、誰にも見通せないだろうが、「コロナショック後の世界」の様相は、「コロナショック前の世界」とは、随分と違ったものになっているであろうことだけは、確かだ…。