新型コロナ感染、肺にウイルス到達すれば命に関わる恐れ

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-10/Q6WVA9T0AFB601

※ けっこう重要な情報と思われるので、紹介しておく…。

『新型コロナウイルスに感染してもそれが鼻と喉にとどまる限り、症状は咳(せき)が出る程度にすぎない。不運にも感染した人の大半はそれくらいで済む。危険はウイルスが肺に達したときに始まる。

  世界保健機関(WHO)と中国の合同調査チームが先月まとめた報告書によれば、感染した患者の7人に1人は呼吸困難になるなど重い合併症を起こし、6%が重症化する。軽度-中等度から重度への進行は「非常に急速に」起こり得ると、合同調査を共同で率いたWHOのブルース・エイルワード事務局長補は指摘した。』
『軽度-中等度の患者の約10-15%が重度に進行し、そのうち15-20%が重症化する。最もリスクが高い患者には60歳以上の人や、高血圧や糖尿病、心疾患などの持病がある人が含まれる。

  新型コロナ感染は通常、鼻で始まる。米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)でウイルス病原性・進化の研究部門を率いるジェフリー・タウベンバーガー氏によれば、ウイルスは体内に入った後、気道を保護する上皮細胞に侵入する。

  ウイルスが上気道にとどまれば、通常はそれほど重症化しない。ただ、肺組織まで下りていった場合、より深刻な段階に進む引き金となり得る。肺炎を引き起こすウイルスの直接的なダメージに加え、感染に対する体の免疫反応が二次的な損傷につながるためだ。

  スペイン風邪の研究で知られるタウベンバーガー氏は、「肺の損傷が起こると、人間の体は直ちにそれを修復しようとする」と指摘。比較的深刻な新型コロナ感染のケースでは、体の免疫反応があまりにも強すぎて、ウイルスに侵入された細胞だけではなく健康な組織も破壊してしまうことがある。その結果、肺が二次的な細菌感染に対し脆弱(ぜいじゃく)になるという。

  二次的な細菌感染は、組織の活性化を可能にする重要な気道の幹細胞を破壊し得るため、特に大きな脅威となる。この幹細胞なしでは「肺の修復は物理的に不可能」になるとタウベンバーガー氏は説明。酸素を取り込む器官である肺の損傷は腎臓や肝臓、脳、心臓などの機能を損なう恐れがある。』

※ 『「肺の損傷が起こると、人間の体は直ちにそれを修復しようとする」と指摘。比較的深刻な新型コロナ感染のケースでは、体の免疫反応があまりにも強すぎて、ウイルスに侵入された細胞だけではなく健康な組織も破壊してしまうことがある。』 これは、「サイトカインストーム」のことを、言っているんだと思う…。「免疫」の過剰反応で、自分の正常細胞まで攻撃してしまう…。

※ 『その結果、肺が二次的な細菌感染に対し脆弱(ぜいじゃく)になるという。』これは、新しい知見のようだ…。「ウイルス感染」でなく、「細菌感染」と言っているから、「空気中に普通に存在する細菌(通常は、健康体であれば、なんなく対抗できるようなもの)」に対して、「脆弱」になってしまう… 、と言っているようだ…。

※ 『二次的な細菌感染は、組織の活性化を可能にする重要な気道の幹細胞を破壊し得るため、特に大きな脅威となる。この幹細胞なしでは「肺の修復は物理的に不可能」になるとタウベンバーガー氏は説明。』

※ まとめると、重篤な肺炎状態になるメカニズムは、こうだ…。

1、ウイルスが肺まで到達すると、重要な器官なんで、直ちに全力の「免疫体制」で防御しようとする。

2、それが「サイトカインストーム」になって、正常な細胞まで破壊することがある。

3、そうすると、細菌感染に対抗できない、脆弱な状態になってしまう。その結果、通常ならば感染しないような空気中の細菌に感染するようになる…。

4、そういう細菌感染が起こると、「気道の幹細胞」が破壊されてしまう…。そうすると、組織の活性化が不可能になり、「肺の修復が物理的に不可能」になる… 、というメカニズムだ…。

もう一度言うと、ウイルスが肺に到達→サイトカインストーム→細菌感染→気道の幹細胞の破壊→肺の修復が不可能に… 、という流れだ… 。

だから、「ウイルスを殺す」ことばかりに注力しても、肺が修復されない… 、ということが生じるわけだ…。

※ 素人のオレが言ってもしょうがないが、ざっと思いつく対策はこうだ…。ともかく、ウイルスを肺まで送り込まないようにすることが、肝心だ…。

1、飛沫感染が中心だから、ともかくウイルスが付着している手指で、顔(鼻と口)に触らないようにする。

2、ウイルスが付着している可能性のある手指は、マメに消毒・石けん等でよく洗う。

3、マスクは、飛沫感染対策に一定の効果はあると思われる…。やむを得ず、人なかに出て行くときは、極力マスク予防する(無ければ、自分で作る)。

4、喉か上気道までで留まっていれば、大事に至らないので、マメにうがいする…。

5、閉鎖空間では、「深い呼吸」はしない…。そう言えば、クラスターが発生したのは、スポーツ・ジムとか、ライブハウスとか、卓球教室とか、「ハアハア… 」深い呼吸をするようなところが多いな…。

※ ともかく、この騒ぎが終息するまでは、「呼吸」すらシンナリ、おとなしやかにしないとならないと言う話しだ…。難儀な話しだが、これもサバイバル戦を生き抜くためだ…。生き残って行きたければ、実行して行く他は無い…。

レバノン、外貨建て国債の支払い12億ドル見合わせ-デフォルト確実に

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-08/Q6VOIFT0AFB401?srnd=cojp-v2

『レバノン政府は、9日に期限を迎える外貨建て国債12億ドル(約1260億円)相当の支払いを見合わせる計画を明らかにした。返済保留で同国初のデフォルト(債務不履行)になるのは確実となった。900億ドルに膨張した債務全体の再編についても、債権者に話し合いを求める意向だ。

  ディアブ首相はテレビを通じて演説し、「わが国の外貨準備は極めて重大で危険なレベルになり、政府は3月の外貨建て国債支払いを保留せざるを得なくなった」と国民に説明。「借り入れに依存して経済成長ができようか。借金まみれの国が真の意味で自由と言えようか」と問い掛けた。』と言うことだ…。

※ この図を見ると、「ユーロ建て」国債のようだ…。去年の10月くらいから、値を下げていたようだ…。今年に入って、一旦盛り返したが、またガタガタと投げ売り状態になったようだ…。

債務の増加の対GDP比の予測…。到底、支払えるような状況で無い… 、という予測だ…。

『「わが国の外貨準備は極めて重大で危険なレベルになり、政府は3月の外貨建て国債支払いを保留せざるを得なくなった」と国民に説明』と言うことだが、要は、国としての外貨(ユーロ)の稼ぎが十分でなく、支払いに充当するだけの「ユーロの準備」ができません… 、という話しだ…。

「無い袖は振れない」んで、支払いません… 、ということは容易いが、そういう国には、どこも二度と融資しなくなるから、かえって「経済の立て直し」は困難になる…。

今、コロナ騒ぎで、「世界経済」が先行きどうなるかは、全く不透明だから、IMFも中東のイスラム金融筋も、動くに動けなかったのかもしれない…。おそらく、相当救済策の打診は、したはずだ…。

このところは、ずっと「中国頼み」で回して来たのに、「中国発のコロナ騒ぎ」だからな…。肝心の「中国経済エンジン」が深く傷ついてしまった…。世界経済全体がどうなるか、どう立て直すのか、そういう処方箋を持っている人は、いないだろう…。

カルロス・ゴーン氏は、「ヘタを打った」ようだな…。レバノンの金融機関全体にも飛び火するから、これでは、自分の口座から金(かね)を引き出すこともママならないだろう…。因果応報だな…。

とにかく今、韓国から目を離してはいけない…。

※ デイリー新潮、鈴置さんの記事だ…。随分とご無沙汰だったが、元気に活動なさっているようだ…。

※ いつもながら、参考になるんで、さわりの部分を貼っておく…。

『鈴置:その通りです。世界中の国が新型肺炎と戦っている時に、韓国だけは国民同士が戦っているのです。感染者と死亡者数が増えるほどに、政権側の旗色はどんどん悪くなっているのですが。

 追い詰められた文在寅政権は、キリスト教系新興宗教の新天地イエス教会が諸悪の根源だ、とキャンペーンを張る作戦に出ました。

 どこまで本当かは分かりませんが、政府は「新天地イエス教会の信者が中国・武漢でウイルスに感染して帰国、狭い空間に密集して座ってミサを行ったため感染が一気に広まった。政府が感染の拡大を防ぐために信者のリストを要求したが、新天地イエス教会は応じていない」との情報をメディアに流し続けています。

 これは一定程度、効果があると思います。新天地イエス教会は正統派のキリスト教――カトリックともプロテスタントとも激しく対立し、もともと強い警戒感を持たれていたからです。

 それに新天地イエス教会の指導者はキャラ立ちした人で、3月2日に実施したお詫びの会見で傲慢な態度も見せました。メディアは国民の反感を掻き立てる方向で報じました。

 ただ、保守系紙は同時に「政府の責任転嫁」も指摘しています。最大手紙、朝鮮日報は3月3日、社説「国民は新天地の責任、政府の責任すべてを知っている 防疫に集中せよ」(韓国語版)の結論部分で「国民は馬鹿ではない」と書きました。「つまらぬ世論操作などするな」とクギを刺したのです。』
『中国には報復しない韓国
――では、やはり「反日」でごまかすしかない……。

鈴置:ええ、そうなるかもしれません。ことに安倍政権が文在寅政権をさらなる窮地に追いやったからです。「票稼ぎの反日」ではなく、「本気の反日」となるでしょう。

 3月5日夜、日本政府は3月9日以降の中国と韓国からの入国者に、2週間の自己隔離を求める方針を発表しました。ビザ発給も制限しますから、中国人と韓国人に対する事実上の入国禁止措置です。

「発表前、日本は中国には知らせたが、韓国には何の事前通告もしなかった」と韓国では報じられました。日本に軽く見られたと感じた韓国人の怒りは文在寅政権に向かいました。

 この政権がもっと困惑したことは、日本が中国人も同時に事実上の入国禁止にしたことです。韓国政府は日本に対しては直ちに6日夜、報復措置として日本人の事実上の入国禁止を打ち出しました。

 しかし、中国人に対してはそうはできない。その結果、「中国の顔色ばかり見る文在寅」とのイメージがより鮮明になってしまった。

 韓国経済新聞は社説「相次ぐ奇襲入国制限…どうして韓国はこんな国になったのか」(3月6日、韓国語版)で、そこを突きました。翻訳します。

・(日本の入国規制に対し)即刻、青瓦台(大統領府)は「相互主義に立脚して日本に対応する」としたが、相互主義というなら(先に韓国からの入国規制を敷いていた)中国にまず、適応すべきだ。

 朝鮮日報の社説「日本は遅ればせの中国遮断、世界から孤立した我が国は日本にだけ憤怒」(3月7日、韓国語版)の最後の段落の書き出しが以下でした。

・中国経由の外国人を防げない国は今や、世界の重要国の中で韓国だけとなったと言って過言ではない。』
『――韓国も中国人の入国を阻止すればいいだけでは……。

鈴置:今になって中国人を阻止すると、「やるんだったらもっと早くすべきだった」との厳しい批判が巻き起こるのは確実です。朝鮮日報の社説は先回りしてそれを指摘しています。末尾を翻訳します。

・すでに感染者が6000人を超え、防いでも意味はない、との声も出る。いったいどうなっているのか。

 中国への門を開け続けても、今になってあわてて閉めても、文在寅政権に対する怒りは燃え上がります。この政権は「日本が掘った落とし穴にはめられた」と感じているでしょう。

――安倍政権はそこまで考えて「中韓からの入国制限」に動いたのでしょうか。

鈴置:そんな深い意図はないと思います。韓国で感染者が急増しているから韓国との門を閉めた。習近平国賓訪問が延期となったから中国との門を閉めた――に過ぎないでしょう。

 ただ、韓国人の受け止め方は異なります。思い出してください。今、この国では保守と左派が死闘を繰り広げているのです。窮地に追い詰められた左派政権の目には、日本が文在寅攻撃の材料を保守に送ったと映ります。』
『手負いの文在寅は何をするか分からない
「日本の入国禁止」を受け、3月6日朝に韓国外交部が記者クラブの記者にSNSで送ったコメントには「日本の措置には防疫以外の意図があると疑わざるをえない」とありました。

 聯合ニュースの「政府、日本の『入国拒否』に『底意』と疑う…日本人の訪韓を制限するか」(3月6日、韓国語版)などは、それを「日本の底意」と表現しました。

 韓国人が考える「日本の底意」にはいろいろな意味があるのでしょうが、「保守派と手を組んでの文在寅政権打倒」も含まれると思います。

 反日だけではありません。韓国の保守の間では、手負いの文在寅政権が何をしだすか分からない、との危惧が広がっています。それはいずれお話しますが、とにかく今、韓国から目を離してはいけないのです。』

※ 確か、4月15日が総選挙の日取りで、そこが政治的には一大決戦になるはずだ…。

※ このコロナ騒ぎへの対応が、厳しく判定されるだろう…。「本気の反日」とか、「日本が掘った落とし穴」とか、何を言っているのか、よく分からないな…。コロナの状況は、そういうことを言っていられるような状況じゃないだろう…。

※ 感染者数は、7000人を超え、死者数も、50人を超えた…。

※ 韓国の場合は、2月19日くらいまでは、ごく少ない数だったのが、22日あたりから爆発的に増加したのが特徴だ…。それを、「新天地イエスのせいだ!」と言っているようだ…。それでも、3月に入ってからは、減少傾向が出てきているんで、明るいデータだ…。

※ こっちは、日本のデータ…。日本の場合は、2月19日以前も、ポツポツ感染者が確認されていて、彼らは「日本に、勝った!」と大得意だったんだよ…。

※ ジョンズホプキンスのデータだ…。ありゃりゃ、死者数が増えているな…。韓国で、特筆すべきは、「回復者」数の少なさだ…。感染者が7513人もいるのに、「回復者」は、たった247人しかいない…。残りの7千数百人は、「闘病中」ということだ…。このうち、「重症者」がどれくらいなのかの内訳は、分からない…。しかし、相当に深刻な状況であることは、確かだろう…。

※ そういう状況であるにも関わらず、「政治闘争に明け暮れる」とか、オレには理解できんな…。

新型コロナ、NHKの特設サイトからの情報…。

特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

新型ウイルスの特徴は?
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/detail/

※ まあ、「楽観論」は外れた時が悲惨だから、「外れる場合」を想定して、行動指針を立案・実行する方がいいに決まっている…。

※ 「陽性」と判定され、感染者と認定された人の75%が「他の人」には染していなかったという結果になっている…。「咳エチケット」や、「なるべく他人には染さないように振る舞う」という行動が、奏功しているんだろう…。

※ 逆に、閉鎖空間で無頓着・傍若無人に振る舞うと、こういうケースも起こりうる…。

※ 屋外で、ジョギングしたりする分には、何ら問題は無い…。中国の王毅外相も、先に訪日したとき、「日本に来た時くらいでないと、ジョギングすらできない。」と言って、警護の問題を言って、異を唱えるのを押し切って、皇居周辺をジョギングして、ストレス発散したそうだ…。

※ これは、重要な情報だ…。明確な行動目標になる…。この事態が生じているのかは、日々の感染者数の減少のデータから判断することができる…。後で出てくるが、ちょっと明るさの見えるデータも、出てきているんだよ…。

※ しかし、そういうことは自分じゃ判定できないものだろう…。それとも、子供と「濃厚接触」した経験のある陽性判定者は、いなかった… 、という話しか…。

※ ここが、この「新型コロナ」の恐ろしいところだ…。未だ「発症」せずに、「潜伏期間」中でも他人を感染させてしまう…。ともかく、「無頓着」で、「傍若無人」に振る舞う人間の近くには、寄らないことだ…。どんなに元気でも、「感染している可能性がある」… 。

※ そういう「特徴」があるウイルスなんだ… 、ということを前提に、各自で対策・行動指針を立案・実行する必要がある…。

※ 累計だとこういう風に、増加して来ている…。

※ しかし、1日ごとの発表数だと、こうだ…。3月5日くらいから、減少して来ている…。

※ これは、明るいデータだ…。この傾向が、続いて行くのか注視して行く必要がある…。

※ 重症になっている人の割合も、そんなに高い率では無い…。4.6%くらいだ…。致死率も、1.3%くらいだ…。それでも、16人が亡くなっている…。

※ こういう状況だが、国民一人一人が対策を立案・実行して、何とか凌いで行かないとな…。一部では、明るいデータも見えている…。こういう状況がこの先何年も続く… 、というわけじゃ無い…。

※ とりあえずは、3月一杯くらいまでは、警戒態勢を取らないとな…。