新型コロナ、「イタリアで大流行」の背景を考える…。

なぜ、イタリアとイランで武漢肺炎が大流行しているか? : 机上空間 ( http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/21721968.html )

『地理的に離れていて、隔離が容易そうなイタリアとイランで、武漢肺炎が大流行しています。これには、明確な理由があって、イランはアメリカを中心にした資本主義諸国から経済制裁をくらい、イタリアは経済苦から中国の資本を受け入れて、両国とも一帯一路の政策に噛んでしまっているからです。

これだけだと、結論しか言っていないので、細かく話しますと、中国の一帯一路の目的は、自国の生産過剰になっている鉄などの消費と、中国人の雇用の創出を兼ねた、完全に中国にとっての戦略政策です。その為、金の無い国には融資と込みで話を持ちかけ、とにかく工事受注という仕事にします。もちろん、その殆どは中国の企業が受注します。そして、国内から片道切符(つまり、帰国する時の旅費は自分で稼げという意味)で、大量の中国人労働者を送り込んで、インフラを作ります。融資した金には当然ながら、利子がつくので、返済されれば中国に損はありませんし、返済されなくても、作ったインフラを担保として取り上げてしまえば、損にはなりません。そうして、飛び地の租借地になった港や空港は、発展途上国を中心に広がっています。

つまり、発注した国には、借金を払い終われば完成したインフラを手に入れられる以外、雇用でも経済でも恩恵が殆ど無いのです。何しろ完全に隔壁で囲んだ工事現場は、全て渡航してきた中国人労働者しかいないので、現地で雇用が生まれる事も、技術の譲渡もありません。まるで、自国内に中国人の自治区が出来たような状態になります。

つまり、殆ど治外法権のような形で、中国人が自由に出入りできる場所が国内にできてしまうわけです。こうなると、防疫しようにも手段が限られてしまいます。特にイタリアの現況は酷く、天安門事件で中国国外へ脱出した活動家の中には、ヨーロッパで反共宣伝活動をしている人が、いまだ多くいます。そうした人間を拘束するために、イタリアの警官と中国から派遣された武装警察官が、協力して取締をしているのです。こうなると、一部のイタリアの主権は、中国からの資本と引き換えに、売り渡したと言って良いでしょう。

そして、もしイタリアが中国からの借款を返済できなければ、港なり空港なりを租借地として、取られる事になります。ヨーロッパの喉元に、中国の軍事転用可能なインフラが合法的に構築されるわけです。そして、恐らく今後は、流入して本国へ帰らない元中国人労働者による中華街が、地元経済の一翼を担うようになります。アフリカの多くの国で起きているように、経済が中国人無しで回らなくなります。既にスペインの流通や雑貨の販売は、安い中国系の企業に牛耳られていて、彼らがストライキを起こせば、スペインの経済は死ぬと言われています。』

※ 「一帯一路」が原因説だ…。

※ 確かに「トリエステ」が、「海のシルクロード」の終着点ではあり、中国も相当に港湾開発に注力したという話しでは、あったが…。

※ 感染拡大の中心になったのは、ミラノとベネチアであって、トリエステでは無いようだ…。

※ ただ、「イタリアの警官と中国から派遣された武装警察官が、協力して取締をしている」という話しは、知らんかったんで、調べた…。

※ けっこうヒットしたぞ…。

イタリアの街頭を中国人警官が巡回、自国の観光客保護で(2016.05.07)
https://www.cnn.co.jp/travel/35082209.html

中国・イタリア連合警察、イタリアでのパトロール開始
http://j.people.com.cn/n3/2017/0607/c94659-9225293.html

※ ローマで、協力してパトロールする様子だ…。

※ こっちは、逆にシャンハイを協力してパトロールする様子…。2017年の日付けなんで、現在も続いているのかは、ちょっと分からない…。いずれ、コロナ騒ぎ以後は、「協力してパトロール」どころの話しじゃ無いことは、確かだろう…。

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:新型肺炎の欧州での感染者急増と中国人違法滞在者の存在
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5160427.html 

『イタリアは、ヨーロッパで最も中国人人口の多い国の一つだ。移民の多くは、10年~20年以上前に渡ってきた人々で、現地で生まれた2世も成長し、さまざまなビジネスにも参入するようになった。彼らに雇用や文化を奪われると考えるイタリア人も多く、差別や偏見が広がっている。
イタリアには30万人以上の中国人移民が合法に住んでおり、違法に滞在している者はそれ以上だという。90%は浙江省の出身者ということだ。 Pratoの町は12世紀から織物で有名で、人口約20万にの街に2万人以上の合法な中国人移民がおり、違法移民も1万5000人はいるとされている。中国人向けの商店やレストランが現れ、郊外には中国人所有の輸出用衣類の倉庫が並ぶ。地元のイタリア人女性は、町の姿を変える移民を快く思っておらず、一方で、中国人コミュニティは、人種差別的非難のなか中国系移民の地元経済への貢献が軽んじられていると抗議しているという。
多くの国でも同じで、中国人は独自のコミュニティをつくって地域のルールを軽んじ、違法滞在者の巣窟となり違法ビジネスに手を染める傾向がある。
まだ指摘はされていないが、そんなアンタッチャブルな地域が、新型肺炎拡散の元になったのではと筆者は想像している。また、旧正月(2020年1月24日~1月30日)で中国本土へ渡り、その後の彼らの帰国で感染が始まったと思え、中国人違法滞在者の多くは、彼らの常套手段である第3国を経由してイタリーに再入国したのだろう。だが、違法滞在の取り締まりを強化すれば、彼らは他国や他地域へ移動するので、地域の封鎖しか手段がなくなる。EUの基本理念である域内の「移動の自由」が仇になったか?』
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5160427.html

※ 「チャイナタウン及びその周辺の不法滞在者」が原因説だ…。

※ この説は、オレもちょっと言及した…。

『新型コロナ、2020年2月25日「世界」関連情報
https://http476386114.com/2020/02/25/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%80%81%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%90%e5%b9%b4%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%95%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%8d%e9%96%a2%e9%80%a3/

ミラノ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E

ヨーロッパのチャイナタウン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3
 ※ まあ、そういうこと…。』

どうも、この説は、相当に当たっている感じだ…。

新型コロナ、外務省のHPでの注意喚起…。

外務省 海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

韓国に対する感染症危険情報の発出(一部地域のレベル引き上げ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T047.html#ad-image-0

イタリア・ロンバルディア州に対する感染症危険情報の発出(レベル引き上げ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T048.html#ad-image-0 

新型コロナウイルスに関する注意喚起(その4)(2020年01月30日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C020.html

韓国・大邱広域市及び慶尚北道の一部地域における新型コロナウイルス感染症例の急増(2020年02月22日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C029.html 

※ 中国に関しては、1月6日のこれが一番早かったんだな…。

リンクが深いんで、なかなか行きつかない…( https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0086 )。完全に、渡航者に対する注意喚起… という感じだ…。

1月6日の時点では、全ての国内メディアが、ダンマリだったと思う…。

※ 人のことは、言えない…。オレも、1月24日までは、のんきに「エモテット(Emotet)の話し(その1)」( https://http476386114.com/2020/01/24/%e3%82%a8%e3%83%a2%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88emotet%ef%bc%89%e3%81%ae%e8%a9%b1%e3%81%97%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89/ )とか、投稿上げていたからな…。

※ それが、いきなりコロナ騒ぎになって、1月25日に投稿を11本上げている…( https://http476386114.com/2020/01/25/ )。

※ 感染症に関しては、WHOから外務省に連絡が行って、そこから「注意喚起情報」が発出される段取りになっているようなんで、海外渡航前には必ずここを確認しておく方が、よさそうだな…。

※ とは言え、外務省の「注意喚起」は、海外渡航者に対するもので、一般国民に対するものじゃ無いようなんで、そこは承知しておくべきだろう…。

新型コロナ、2020年3月09日「世界」感染状況

※ ヨーロッパが、深刻な状況になっている…。WHOのサイトからキャプチャしたものを、貼っておく…。

Novel Coronavirus (COVID-19) Situation
https://experience.arcgis.com/experience/685d0ace521648f8a5beeeee1b9125cd

※ イタリア(7375人)が、韓国(7382人)に追いつきそうだ…。フランス(1116人)、ドイツ(902人)、ダイアモンド・プリンセス(696人)、スペイン(589人)、日本(488人)、スイス(332人)、英国(277人)、オランダ(265人)、アメリカ(213人)、スエーデン(203人)、ベルギー(200人)、ノルウェー(169人)シンガポール(150人)、オーストリア(102人)… 、と続いている…。

※ それより、驚異的なのは、感染者の「等比級数的な増大」だ…。

※ イタリアの状況だ…。死者数も、366人になっている…。

フランスの状況だ…。死者数は、19人…。

スペインの状況だ…。死者数は、10人…。

ドイツの状況だ…。死者数が0なのは、さすがだが…。感染者数が1000人近い(おそらく、1000人を超えるだろう…)から、最終的にどうなるかは、分からんな…。

日本の状況だ…。増え方は、各国とほぼ同じだ…。

感染者数が一定の数になると、「クラスター」が発生し、そこから「爆発的に増大する」と思われる…。

イタリアで新型コロナ死者急増、366人に-韓国を上回るペース
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-08/Q6WB7YT0AFBB?srnd=cojp-v2

イタリア、ミラノなど北部の大部分封鎖 新型ウイルス拡大阻止へ
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-italy-idJPKBN20V13R 

対策といっても、「決定的なもの」は無い…。「国民への啓発・呼びかけ」「地域の封鎖」「学校の閉鎖」くらいのものだ…。