〔パーソナルスペースということ…。〕

※ 新型コロナの世界への感染の広がりは、相変わらずこんなものだ…。

※ しかし、これを見て、ちょっと考えたことがある…。

いわゆる、「濃厚接触」という問題だ…。これには、「クラスター」の発生という問題とも、関係している…。(cluster 花やブドウなどの房の意。「クラスタ」と書くことも多い。同種のものや人の集まり、群れ、集団などを指す)

新型コロナ、大阪ライブで感染次々 30代4人・40代9人・50代2人 各地でクラスター連鎖か
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56402680U0A300C2CC1000/

新型コロナ「クラスター」連鎖、ジム各社対策へ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202003040000053.html

別のライブ 4人が新型コロナ感染 大阪、1人は重複 クラスター形成か
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56413950V00C20A3CE0000/

ソウル市、感染当初から「クラスター」 情報公開で判明
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/589340/

※ 展示会場、屋形船、ライブハウス、フィットネスクラブ… 、なんかの換気の悪い、閉鎖空間で長時間過ごせば、そりゃ浮遊していたウイルスを吸って、感染するだろ… 、と思う…。

しかし、「雪まつり」会場なんかは、どうなんだ?屋外の会場なんだろ?こういうところで感染するということは、例えば「立ち話し」したとか、長い時間会話したとかだろう…。そういう時に、ウイルス付きの唾を吸い込むくらいの近距離で、長々と会話するもんかね…。

そこで、問題になってくるのが、「パーソナルスペース」というものだ…。

パーソナルスペース
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9

要は、人が不快感や不安を感じないですむ、他者との距離・空間… 、ということだ。「パーソナルスペース」は、最も「個人的な、近しい関係」における距離・空間… ということになる。ここから、だんだん「社会的な距離・空間」「公共の距離・空間」と広がって行くことになる…。

この距離・空間は、「心理的なもの」で、その人個人の感じ方にも左右される…。しかし、明らかに一定の民族・国民によっても、違いがあるようなんだよ…。むろん、男女差もある…。

男性は、前後方向(特に、自分の前方に)他者との距離を置きたがる傾向がある… 、とされている…。

いろいろな国の人について調べた、ある研究の結果だ…。下に行くほど、「距離が近く」なっている…。アジア関係では、香港>中国>マレーシア>インド>インドネシア>韓国… の順だ…。残念ながら、日本人については、この時の調査では調べられていない…。

韓国人はなぜ近距離で話す?パーソナルスペース(プロクシミクス)が広い国と狭い国 TOP20
https://www.multilingirl.com/2015/11/Proxemics.html

Stepping into a completely foreign culture is one of the most challenging aspects about life in South Korea, but fear not, we will do our best to help you overcome the culture shock.
https://www.adventureteaching.com/life-abroad-info-center/south-korea/cultural-sensitivities/
『Judging by the very condensed geographical space and the amount of people who occupy it, Koreans perception of personal space and awareness of others comfort zones are almost nonexistent. Believe it or not this, will be a big part of your daily life in Korea and something worth mentioning to you here. It often makes foreigners feel uncomfortable, claustrophobic and pushed around, as we have very different ideas of “personal space” in the West. Developing relationships with Koreans can help bridge the gap between your Western norms, and Korean cultural and social norms. It will also be helpful in understanding other very important cultural practices you will partake in at your work place and in your day to day activities.』
『非常に凝縮された地理的空間とそれを占める人々の量から判断すると、韓国人は個人的な空間の認識と他の快適なゾーンの認識はほとんど存在しません。信じられないかもしれませんが、これは韓国でのあなたの日常生活の大きな部分であり、ここであなたに言及する価値があるものです。私たちが持っているように 、それはしばしば外国人に不快感を与え、閉所恐怖症になり、押しのけられます 西洋の「個人空間」のさまざまなアイデア。韓国人との関係を築くことは、あなたの西洋の規範と韓国の文化的および社会的規範との間のギャップを埋めるのに役立ちます。また、職場や日常活動で参加する他の非常に重要な文化的慣行を理解するのにも役立ちます。』

※ こういう風に、「パーソナルスペース」には明らかに一定の民族・国民によって違いがあり、それが「濃厚接触」にも影響し、こういう感染症のときに「クラスター」の発生なんかにも関わってくる… 、という話しだよ…。

実は「ニホンジンチカイヨ!」と思われている? シャイなはずの日本人のパーソナルスペース
https://hitome.bo/column/article/316-hitomebo-countrys-cultural-personal-space.html 

※ 実は、日本人も「ガイジンさん」よりは、「パーソナルスペース」は近い… 、という研究結果だ…。「多民族社会」では無く、他者への警戒心が、それほど強くないからか… 、と分析する向きもある…。