手作りマスク(その2)

新聞紙でかんたんに「竹田頭巾」が作れるはずだ
https://st2019.site/?p=13739 

※ 兵頭二十八氏の提案だ…。「竹田頭巾」、知らんかったので、調べた…。

こういう感じのものだ…。ゲームなんかだと、戦国武将の大谷吉継がこういう頭巾姿で登場するよな…。「竹田頭巾」というものだとは、知らんかった…。あと、御高祖(おこそ)頭巾も、女子がお召しになると、艶めかしいよな…。

それで、新聞紙で作ったものを探したが、見つからんかった…。

「忍者頭巾」は見つかった…。

新聞紙で忍者頭巾
https://ameblo.jp/ohisama2525mama/entry-12044470982.html 

※ 作り方は、上記のサイトに載っている…。

※ しかし、どうなんだ…。この姿で電車に乗って、通勤したりするのは、ちょっとなあ…。

※ そこで、オレの提案としては、「不織布」で手作りマスクを作っては…、というものだ。

これを、「ペーパー」では無く、「不織布」で作ってはどうか… 、というものだ…。

「クッキングペーパー」として、販売されている…。

「紙」よりは丈夫だし、「不織布」だから目も詰まっていると思われる…。

紙じゃ無いから、折り目をつけるのが難しいかもな…。ただ、ホチキス止めとかは、容易くできるだろう…。ロールで売っているから、どんどん使い捨てはできるだろう…。

別に、「マスク」じゃ無くてもいいんだ…。鼻と口を覆っていれば、「布」で十分なんだ… 。極端な話し、「手ぬぐい」でも、一時は凌げるだろう…。

「手ぬぐい用の不織布」も、売られている…。

※ こういうものも、ある…。

※ 「ネックウオーマー」も、利用できそうだ…。

※ 要するにだ、利用できそうなものは何でも利用し、物(モノ)が無ければ自分で作って、自分の身は自分で守って行く他は無い…、ってことだ…。

※ そうやって、「サバイバル合戦」を戦って、生き残って行く他は無い…。

※ そういう「適応力」に乏しい人間は、「泣き言」言ってるうちに、「淘汰の波」に飲まれて、歴史の藻屑となって埋もれて行くだけの話しだ…。「生きて行く」とは、そういうことだ…。

〔パーソナルスペースということ…。〕

※ 新型コロナの世界への感染の広がりは、相変わらずこんなものだ…。

※ しかし、これを見て、ちょっと考えたことがある…。

いわゆる、「濃厚接触」という問題だ…。これには、「クラスター」の発生という問題とも、関係している…。(cluster 花やブドウなどの房の意。「クラスタ」と書くことも多い。同種のものや人の集まり、群れ、集団などを指す)

新型コロナ、大阪ライブで感染次々 30代4人・40代9人・50代2人 各地でクラスター連鎖か
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56402680U0A300C2CC1000/

新型コロナ「クラスター」連鎖、ジム各社対策へ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202003040000053.html

別のライブ 4人が新型コロナ感染 大阪、1人は重複 クラスター形成か
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56413950V00C20A3CE0000/

ソウル市、感染当初から「クラスター」 情報公開で判明
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/589340/

※ 展示会場、屋形船、ライブハウス、フィットネスクラブ… 、なんかの換気の悪い、閉鎖空間で長時間過ごせば、そりゃ浮遊していたウイルスを吸って、感染するだろ… 、と思う…。

しかし、「雪まつり」会場なんかは、どうなんだ?屋外の会場なんだろ?こういうところで感染するということは、例えば「立ち話し」したとか、長い時間会話したとかだろう…。そういう時に、ウイルス付きの唾を吸い込むくらいの近距離で、長々と会話するもんかね…。

そこで、問題になってくるのが、「パーソナルスペース」というものだ…。

パーソナルスペース
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9

要は、人が不快感や不安を感じないですむ、他者との距離・空間… 、ということだ。「パーソナルスペース」は、最も「個人的な、近しい関係」における距離・空間… ということになる。ここから、だんだん「社会的な距離・空間」「公共の距離・空間」と広がって行くことになる…。

この距離・空間は、「心理的なもの」で、その人個人の感じ方にも左右される…。しかし、明らかに一定の民族・国民によっても、違いがあるようなんだよ…。むろん、男女差もある…。

男性は、前後方向(特に、自分の前方に)他者との距離を置きたがる傾向がある… 、とされている…。

いろいろな国の人について調べた、ある研究の結果だ…。下に行くほど、「距離が近く」なっている…。アジア関係では、香港>中国>マレーシア>インド>インドネシア>韓国… の順だ…。残念ながら、日本人については、この時の調査では調べられていない…。

韓国人はなぜ近距離で話す?パーソナルスペース(プロクシミクス)が広い国と狭い国 TOP20
https://www.multilingirl.com/2015/11/Proxemics.html

Stepping into a completely foreign culture is one of the most challenging aspects about life in South Korea, but fear not, we will do our best to help you overcome the culture shock.
https://www.adventureteaching.com/life-abroad-info-center/south-korea/cultural-sensitivities/
『Judging by the very condensed geographical space and the amount of people who occupy it, Koreans perception of personal space and awareness of others comfort zones are almost nonexistent. Believe it or not this, will be a big part of your daily life in Korea and something worth mentioning to you here. It often makes foreigners feel uncomfortable, claustrophobic and pushed around, as we have very different ideas of “personal space” in the West. Developing relationships with Koreans can help bridge the gap between your Western norms, and Korean cultural and social norms. It will also be helpful in understanding other very important cultural practices you will partake in at your work place and in your day to day activities.』
『非常に凝縮された地理的空間とそれを占める人々の量から判断すると、韓国人は個人的な空間の認識と他の快適なゾーンの認識はほとんど存在しません。信じられないかもしれませんが、これは韓国でのあなたの日常生活の大きな部分であり、ここであなたに言及する価値があるものです。私たちが持っているように 、それはしばしば外国人に不快感を与え、閉所恐怖症になり、押しのけられます 西洋の「個人空間」のさまざまなアイデア。韓国人との関係を築くことは、あなたの西洋の規範と韓国の文化的および社会的規範との間のギャップを埋めるのに役立ちます。また、職場や日常活動で参加する他の非常に重要な文化的慣行を理解するのにも役立ちます。』

※ こういう風に、「パーソナルスペース」には明らかに一定の民族・国民によって違いがあり、それが「濃厚接触」にも影響し、こういう感染症のときに「クラスター」の発生なんかにも関わってくる… 、という話しだよ…。

実は「ニホンジンチカイヨ!」と思われている? シャイなはずの日本人のパーソナルスペース
https://hitome.bo/column/article/316-hitomebo-countrys-cultural-personal-space.html 

※ 実は、日本人も「ガイジンさん」よりは、「パーソナルスペース」は近い… 、という研究結果だ…。「多民族社会」では無く、他者への警戒心が、それほど強くないからか… 、と分析する向きもある…。

『韓国の研究陣が新型コロナの抗体を発見』

https://ameblo.jp/ba7-777/entry-12579781535.html 

 ※ ここのサイトに情報が上がっていて、そこから飛んで、いろいろ調べた…。ハングルの記事は、グーグル翻訳にかけた…。

国内(※ 韓国内のこと)研究陣、「コロナ19 ‘抗体見つけ
http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/931150.html

『韓国化学研究院が「コロナ19 ‘治療用抗体の開発に活用できる研究結果を発表した。
研究CEVI(新型ウイルス)融合研究チームは、既知のSARSの中和抗体2個メールス中和抗体の1つが、コロナ19スパイクタンパク質(突起タンパク質)に結合することができることを構造予測実験を通じて発見したと4日、明らかにした。中和抗体は、ウイルスを無力化するという意味である。スパイク蛋白質は、コロナウイルスが人体の細胞内侵入するときのツールとして使う蛋白質である。
研究チームは、生物学の分野のオンライン公開学術誌「バイオアルカイブ」(bioRxiv)に公開されたコロナ19ウイルスのスパイクタンパク質の情報を受けて、今回の研究を遂行した。
研究チームは、今回の研究結果は、コロナ19治療用抗体とワクチン開発を早めるために貢献するものと期待されると述べた。今回の研究結果は、2月27日<バイオアルカイブ>に公開した。』

※ どうも、同じコロナウィルスの仲間であるSARSウイルスの抗体と、MERSウイルスの抗体を画像解析してみた… 、と言う話しのようだ…。SARS騒動、MERS騒動のとき以来、地道に研究を継続していたんだろうな…。

※ むろん、臨床研究を重ねて、有効性や無害性(副作用の有無など)を検証する必要がある…。しかし、有効性が検証されれば、画期的な成果となろう…。今後に期待がもてる話しだ…。

※ ただ、記事だけ読むと、3D画像からのみ「予測」しただけで、実際にその抗体タンパク質を「投与」して、試験管内で実験したわけでは無い節(ふし)がある…。机上の空論、じゃなければいいんだが…。

イノビオ、4月中「コロナ19 ‘ワクチンの臨床試験(2020-03-04 16:37 修正: 2020-03-04 17:07)
http://www.hani.co.kr/arti/science/technology/931092.html

「コロナ19 ‘ウイルス3D地図完成… ワクチンの開発加速(2020-02-20 11:15 修正: 2020-02-20 19:52)
http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/928959.html

 ※ ハンギョレは、左翼寄りのメディアで、現ムンジェイン政権の応援団… 、と思っていた。
 ハングル版には、サイエンス関係の記事も、けっこう載せているんだな…。日本語版しか、見なかったからな…。知らんかった…。

Windows 10最新BuildでWindows7のAero Glass復活!

Windows 10最新BuildでWindows7のAero Glass復活!デフォルト採用も – こぼねみ( 2015-04-30)
https://www.kobonemi.com/entry/2015/04/30/Windows-10-Aero-Glass-Returns

※ エアロ、そう言えば復活していたんだな…。スタート→設定→個人用設定→色→透明効果(オン、オフ)で、設定できる…。
 同じように、… 色→タイトルバーとウインドウの境界線(オン)にした… 。これで、ずいぶん見やすくなったぜ…。

 大体、Windowsは、どんどんスマホ、タッチパネルユーザー寄りになって行って、デスクトップ・キーボード&マウス組は、置き去りにして行ったんだが、オフィス・ユーザーや、パワー・ユーザー組には、評判が悪くなって行った…。それの、揺り戻しだろうな…。