新型肺炎、水面下で拡大の恐れ 見えない感染ルート

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55610720T10C20A2EA2000/

『横浜沖で検疫中のクルーズ船の乗員乗客を除くと、国内では12日までに29人の感染者が確認されていた。多くは湖北省滞在歴があり、他の人も渡航者や新型肺炎の患者と接点があった。このため厚労省は類推される感染ルートの周辺者の健康観察を続けることでウイルスの封じ込めをしようとしていた。

だが13日発表の感染例では、死亡した女性や義理の息子のタクシー運転手、和歌山県の医師についてこうした感染ルートは類推できていない。都によると、タクシー運転手は新型ウイルスの潜伏期間とされる14日間で「外国人は乗せていない」と話しているという。

今回、感染を確認できたのは、厚労省が医療機関に報告を求める基準を拡大したことが関係している可能性がある。同省は湖北省などの感染地域とつながりがあることを報告条件にしているが、7日には基準に縛られない「柔軟な検査」を求める通知を出していた。』
『聖路加国際大大学院の遠藤弘良・公衆衛生学研究科長は「水面下で感染が広がっているとしても不思議ではない」と指摘。「現場の負担に配慮しながら、速やかに全国レベルで検査態勢を強化する必要がある」と話す。

感染ルートが見えない事例が続けば封じ込めは困難となり、重症者の治療に重点を置くなど、対策の転換を求められる可能性もある。』


 ※ これだけ、ペロペロ人が入国して来ているんじゃ、当然の話しだ…。「パスポート偽造」や、「密入国」のルートだってあるだろう…。
 いったん、人が入ると、ウイルスが広まることを「封じ込める」と言うのは、ムリな話しだ…。
 もう一度、注意点をおさらいする。
 1、このウイルスは、「ヒトからヒトに」感染する。
 2、「無症状感染者」がいる。
 3、感染力は、SARSよりも強い。
 4、一定の場合は、「重症化」する危険がある。

 対策は、
 1、こまめな手洗い、手指の消毒、マスク予防、うがいの励行。
 2、人混みや「高リスクな場所」を避ける。
 3、十分な睡眠・栄養で、免疫力を高める努力をする。

 幸い、2月も半ばなんで、あと2週間もすれば、3月だ…。日本の場合、大陸よりは湿潤だから、その点は有利な条件だ…。季節性インフルエンザの例でも分かるが、気温と湿度も流行に影響していると思われる…。湿気が高いと、唾・鼻汁なんかの微粒子も、遠くまでは運ばれなくなるんだろう…。
 そうやって、流行期が去るのを凌いで行くしか無い…。

新型肺炎、国内初の死者 神奈川県の80代女性

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55604310T10C20A2CC1000/

『厚労省によると、神奈川県の女性は1月22日に倦怠(けんたい)感が始まり、25日に悪化。28日に医療機関を受診したが経過観察となった。2月1日に肺炎の診断を受けて入院。12日にウイルス検査を実施したが、13日に亡くなった。その後、ウイルス検査で陽性が確認されたという。』
『新型肺炎と死亡との因果関係も含め、詳しい死因などは調査中という。加藤厚労相は、死亡した女性に渡航歴がないことから「国内で感染した可能性を踏まえ、疫学的調査をする」と述べた。』
『一方、和歌山県は13日、県内に住む50代の男性医師が新型コロナウイルスに感染したと発表した。肺炎を発症し入院しているが、容体は安定しているという。発病前14日間の海外渡航歴はなく、中国から来た人との明らかな接触も確認できていない。県は「国内で感染した可能性が高い」とみている。』
『県によると、男性医師は済生会有田病院(同県湯浅町)に勤務。病院は新規患者の受け入れを停止した。他にも同病院の男性医師1人と、病院を受診した男性2人に感染の疑いがあるという。
男性医師は1月31日に発熱し、2月7日まで微熱が続いた。3~5日には解熱剤を飲みながら勤務したという。8日には38度まで熱が上がり、コンピューター断層撮影装置(CT)撮影で肺炎の症状が見られた。10日から入院し、13日の検体検査で新型コロナウイルスの陽性が判明した。』
『一方、東京都内のタクシー運転手の70代男性の感染も確認された。入院中だが症状は重くないという。関係者によると、男性は個人タクシーの運転手で、1月29日に発熱の症状が表れ、2月6日に入院した。ウイルス検査の結果、13日に陽性が判明した。』

※ 濃厚接触も無いようなんで、もはや「エアロゾル」として、そこいらじゅうにフワフワ漂っている、と見た方がいい…。

いずれにせよ、「45過ぎの人」と「高齢者」と「持病のある人」は、重症化する危険があるんで、くれぐれも要注意だ…。

中国、香港マカオ事務弁公室トップを降格 後任に習主席側近

https://www.afpbb.com/articles/-/3268115?cx_part=top_latest

『香港浸会大学(Hong Kong Baptist University)のジャンピエール・カベスタン(Jean-Pierre Cabestan)教授(政治学)によると夏氏は、習近平(Xi Jinping)中国国家主席が浙江(Zhejiang)省の共産党委員会書記だった際の側近。

 夏氏自身も後に浙江省党委書記を務め、キリスト教を厳しく取り締まったことで知られている。

 今回の人事についてカベスタン教授は、「習近平氏が信頼できる人物を求めていたのだと思う」と指摘。夏氏の抜てきで首都北京と香港の連携を強めると同時に、香港立法会(議会)の親中派への支援を強める意図があるとの見方を示し、習氏は「新しい人材、信頼できて、香港を中国に近づけてくれる人物を必要としている」と語った。』

※ そういう風に、自分の「側近」で固めるしか、手は無いんだろう…。

しかし、そうすると、今度は「忖度」と「保身」の嵐となり、肝心かなめの「現場の生の情報」が、上がってこなくなる…。「独裁制」「中央集権体制」の宿痾だな…。

「観光立国」の潮時 軌道修正迫る新型肺炎 編集委員 石鍋仁美

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55509490S0A210C2I00000/

『政府の政策目標では20年の訪日客が4000万人、インバウンド消費額が8兆円。1人当たり消費は20万円となる計算だ。しかし19年の訪日客の実績は3188万人。前年比2.2%増の微増でひところの勢いはない。消費額はわずか4.8兆円で、1人あたりだと15万円台にとどまる。
消費不振の原因の1つが近隣地域への依存度の高さだ。中国、韓国、台湾、香港の4地域からの訪日客の比率は19年で70.1%。近隣からの旅行者は滞在も短期間で消費額も低い傾向が強い。昨年は日韓関係の悪化で韓国からの旅行者が減り、一段と中国への依存度は高まった。この市場を新型肺炎が直撃した。』
『中国からの観光客減少は欧州、東南アジアなど世界各地に影響を与えている。各国は当然、中国依存からの脱却や感染症など不測の事態への対策に力を入れる。日本も後れを取るべきではない。』

※ 健康や、身体のことは、「お金」には換えられない…。自分の身体あっての「物種」だ…。

大体、「民泊」辺りから、相当周囲には迷惑な話しだったろう…。そういう、社会的な「迷惑のコスト」は、誰が支払うんだ…。そういうことで、潤っている輩は、どういう層なんだ…。ごくごく一部の層、なんじゃないのか…。

そういう層のツケを、一般の日本国民につけ回しされるのは、真っ平ゴメンな話しだ…。

IRなんかも、これを機会に考え直すべきだろう…。一般の住宅地に近いところに建設するのは、「危険」極まりない…。長崎の「出島」みたいな、ある程度離れた場所に、遠ざけて作るべきだろう…。

しかし、そうなると、「租界化」「治外法権地帯化」する危険性があるしな…。

まあまあ、難しい話しだ…。

新型肺炎、検疫で隔離可能に 政令を閣議決定へ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55560040T10C20A2MM0000/

『加藤勝信厚生労働相は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者や感染の疑いのある人について、検疫法上の「隔離」や「停留」をできるようにすると表明した。政令の改正案を13日中にも閣議決定する。
隔離や停留は入国前に実施する。隔離では新型肺炎の患者や疑いがある人などに医療機関の個室などに入院してもらう。停留は感染の疑いのある人に医療機関などにとどまってもらう措置。
横浜沖で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客は個室にとどまるよう要請されているが、明確な法的根拠は無かった。』

※ こうもウイルスの感染者や伝染性の病気持ちの人が、入国して来るんじゃ、堪ったものじゃ無い…。今まで、そういう対策が取られていなかったことの方が、驚きだ…。できる対策から、ドンドンやって行ってほしいものだ…。

サイエンス分野での日本関係ノーベル賞受賞者の系譜…

※ ノーベル賞つながりで、これまでのサイエンス分野での日本関係ノーベル賞受賞者一覧表に当たったんで、紹介しておく…。

※ 錚々たる顔ぶれだ…。とは言え、殆んど名前も、その業績内容も知らないものが多いが…。

※ オレ的には、江崎玲於奈さん(まだ、ご存命のはず…)の「トンネル効果」の発見が、一番興味を引かれるな…。後の「量子力学」の発展にも貢献した、大発見だ…。

※ いつか、投稿に上げたいと思っているんだが、それには、ある程度「量子力学」なるものの理解が進まないと、到底ムリだ…。まあ、ボチボチ学習中だ…。

※ ただ、「量子コンピュータ」とか、「量子通信」とか、話題の題材なんで、なんとか、ある程度のことは、分かりたいものだ…、と思っている…。

2018年ノーベル生理学・医学賞受賞者の本庶佑さんの業績…

※ 今回、「サイトカイン」なんかの免疫関係の情報を調べていたら、本庶佑さんの業績に当たったんで、紹介しておく…。

それは、癌の「免疫チェックポイント阻害療法」の確立に関するものだ…。

免疫チェックポイント阻害剤
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E9%98%BB%E5%AE%B3%E5%89%A4
『作用機序
免疫チェックポイント阻害療法(CTLA4、PD-1)
少なくとも人間など脊椎動物のT細胞には、その生命個体自身の(T細胞以外の)細胞を攻撃しないように、自己の細胞の因子が結合できる部分がT細胞には幾つか存在しており、まるで鍵と鍵穴のような関係になっている。このように自己の細胞だけが結合できる部分のT細胞側の鍵穴側の因子として、人間の場合、T細胞のPD-1、CTLA-4,LAG-3,Tim-3,KLRG1 などが知られている。

いっぽう、鍵側の一般細胞にはPD-L1、CD80,MHC,Eカドヘリン などの因子があり、例えばPD-1にPD-L1が結合するなどのように、T細胞の鍵穴側の分子と結合することにより、一般細胞はT細胞からの攻撃を結果的に免れており、このような機構が免疫チェックポイントである。つまり、T細胞が接触している相手の細胞が、仲間かどうかを確認する機構である。

しかし、がん細胞もまた自己由来の細胞であること等から、PD-L1などの分子を持ってしまっているので、がん細胞は、この仕組みを悪用し、がん細胞のもつ鍵側の因子(PD-L1など)もまたT細胞に結合することにより、がん細胞は免疫細胞の攻撃をまぬがれてしまっている。

免疫チェックポイント阻害剤は、免疫チェックポイントのスイッチとなる分子どうしの、結合をなんらかの方法で妨害してしまうことにより、がん細胞の因子などがT細胞の鍵穴に結合できなくすることで、免疫細胞にがん細胞などを含め、多くの細胞を見境い無く攻撃させるように変質させる医薬品である。このため、副作用として、正常な一般細胞のもつPD-L1などもまたT細胞のPD-1に結合できなくなるため、自己免疫疾患などが発生するリスクもあるとされている。

免疫チェックポイントは過剰な免疫反応を抑制し、自己免疫疾患等の発生を抑える働きがある。この機構に関わる免疫チェックポイントタンパク質としては、樹状細胞等の抗原提示細胞の受容体 CD80/86 に応答する CTLA-4(英語版)、腫瘍細胞表面の PD-L1 リガンドに応答する PD-1 等が知られている[3]。いずれのタンパク質も、T細胞の細胞膜表面に存在する。これらのタンパク質に対する阻害抗体が免疫チェックポイント阻害剤である。このような免疫チェックポイント阻害剤を投与することにより、T細胞の免疫抑制が解除され、抗腫瘍免疫応答が増強される[6]。』

※ 極めて単純に要約すると、「免疫」とは、体内に生じた不都合な「異物(細菌、ウイルス、がん細胞、老化した細胞、死んだ細胞など)」を「排除」する仕組みなんだが、「不都合で無いもの」、言わば「味方・仲間」と「敵」を見分けることが重要になって来る…。

活性化したT細胞が、敵か・味方かを識別する「マーカー」として、PD1という物質を伸ばして、これを識別しようとするんだが、がん細胞もさるもので、「オレは、味方だよ…。」という印のPDL1と言う「鍵」をはめ込んで来るわけだ…。そうすると、味方だと誤認して、攻撃するのを止める…と言うわけだ…。

本庶さんの研究チームは、こういうメカニズムを解析して、そのPD1とPDL1の結合を阻害する薬品の研究なんかに道を開いたわけだ…。そういう業績が、高く評価されたわけだ…。

がんによってブレーキがかかった免疫の攻撃力を回復させる治療法:免疫チェックポイント阻害療法( https://www.immunooncology.jp/patient/immuno-oncology/step3_05.html

新型肺炎、湖北省のトップ更迭 後任に上海市長

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55560030T10C20A2MM0000/

『応氏は浙江省出身で、習氏が浙江省トップを務めていたときの部下。習氏が07年に上海市トップに昇格すると応氏も上海に異動した。公安(警察)部門を指揮した経験がある。習氏に近い人物の起用で、共産党中央が新型肺炎の封じ込めに前面に乗り出す姿勢を示す。』
『武漢市トップの市党委員会書記には山東省済南市トップの王忠林・市党委員会書記を充てる。王氏も山東省で公安(警察)部門の経験が長い。』
『習指導部は湖北省幹部の更迭で党中央主導の体制を強化するとともに、警察経験者の積極登用で党中央への批判を許さない強い姿勢を示した可能性がある。』
 ※ 情報統制、強権で押さえつけ…、に拍車がかかるのか…。

湖北省の新型ウイルス死者、1日で242人増 感染者も1万4820人増

『同委員会によると、急増の原因は、核酸増幅検査(NAT)ではなく肺の画像診断で新型コロナウイルスに感染していると診断された人を死者・感染者に含めたことで、新たな感染者の1万3332人、死者の半数余りは、肺の画像診断で感染していると確認されたという。』

※ 「ウイルス検査」だけで無く、「肺のCT画像診断」で判定したものも加えることにしたんで、こういう結果になった…、と言う話しのようだ…。
 「湖北省」だけで無く、他の省でも基準見直しが行われると、もっと「感染者数」「死亡者数」は増えて行くだろう…。
 もっと、詳しいデータが欲しいところだ…。「持病(糖尿病、高血圧、高脂血症とか)のあるなし」とか、「年代別の重症者のデータ」とか、「湖北省以外の地域との比較のデータ」とかだ…。
 明らかに「サイトカインストーム」が生じているクサイな…。そういう「サイトカインストーム」の兆候を示すデータなんかも、欲しいところだ…。
 いずれにせよ、まだまだ終息には、ほど遠い感じだな…。

中国湖北省、新型肺炎の死者・感染者が急増
https://jp.reuters.com/article/china-health-idJPKBN20701E

湖北省の新型ウイルス感染症例、新たに1万4840件-基準見直し
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5M56YT0AFB601?srnd=cojp-v2