新型肺炎、「エボラ並み」該当せず 政府、推移を注視

https://www.jiji.com/sp/article?k=2020020500982

『菅義偉官房長官は5日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法の分類で危険度が最も高い「1類感染症」に該当しないとの認識を示した。菅氏は「1類はエボラ出血熱のように危険性が極めて高い感染症で、現時点でこれには当てはまらない」と指摘。「今後の状況を注視し、必要があれば専門家の意見を聞きながら検討していきたい」とも語った。
 感染症法は感染力や致死率などに応じて感染症を1~5類に分類。新型肺炎は未分類だが、政府は重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)など「2類感染症」相当の対応を取っている。』

新型肺炎、抗HIV薬投与後に症状改善 医療研究センター

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55341640W0A200C2CC1000/

『国立国際医療研究センターは6日、国内で新型コロナウイルスの感染が確認された患者3人の治療経過を公表した。1人は抗エイズウイルス(HIV)薬を投与した後、症状に改善傾向がみられたとしている。国内で患者治療の詳細が明らかになるのは初めて。』
『治療を行った3人は中国湖北省武漢での滞在歴がある中国人と、40代と50代の日本人男性。検査で感染が確認され、同センター内の病院で治療を受けた。いずれも重症ではない。
中国人は1月20日に来日した後、38度以上の発熱があり、30日に肺炎と診断された。同日から海外でも試験的に使われている抗HIV薬の「リトナビル」と「ロピナビル」の服用を開始。呼吸困難もみられたことから酸素の補給もした。その後は悪化することなく、2月3日には37度まで熱が下がった。

日本人男性2人は38度以上の高熱が出たが、呼吸の状態は悪くなかったため、入院して経過観察となった。』

マスクが品薄でも焦らない 新型肺炎予防で大切なこと

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO55216730U0A200C2000000?

『注意が必要なのは「接触感染」と「飛沫感染」
予防対策を考えるために最も重要なのは、新型コロナウイルスがどのようにして人から人へと感染するかを知ることです。一般に、病原体の感染経路として想定されるのは、接触感染、飛沫感染、空気感染、媒介物感染の4つです。
現時点では、日常生活の中で、新型コロナウイルスが空気感染する(空気中を漂う微細な粒子を吸い込むことにより感染する)ことを示す情報はありません。注意が必要なのは、接触感染と飛沫感染です。これはインフルエンザウイルスと同様であるため、ここからは、インフルエンザ予防に関する情報も利用して説明します。
政府広報オンライン[注2]に、インフルエンザの飛沫感染と接触感染の具体的な例が示されています。

ここでは、
【飛沫感染】
感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出される
→別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する
【接触感染】
感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
→その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く
→別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
→その手で口や鼻を触って粘膜から感染
と説明しています。
飛沫感染と接触感染を防ぐためには、「ウイルスを含んだ飛沫を浴びない」「ウイルスが付いたものを触らない」「触った手で口や鼻などの粘膜を触らない」、そして、「こまめに手洗いと消毒をする」ことが重要です。』

米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55312830W0A200C2000000/

『米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、米国ではインフルエンザが大きな脅威となっている。
CDCの最新データによると、1月25日までの1週間でインフルエンザ患者数は400万人増え、累計1900万人に達した。うち18万人が入院している。特に子どもの症状が深刻化するケースが多く、小児の死亡者数は68人に達するなど過去にないペースで増えているという。』
『米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。インフルエンザのシーズンは例年10月ごろに始まり2月にピークを迎え、5月ごろまで続く。』

Why the New Coronavirus (Mostly) Spares(※「回避する」) Children

(※ グーグル翻訳文)
『これまでのところ、病気にかかっている子供はほとんどいないようです。このパターンは、SARSおよびMERSの発生でも見られました。』
『新しいコロナウイルスは28,000人以上を感染させ、少なくとも563人が死亡しました。しかし、入手可能なデータによると、これまでに深刻な症状を発症した子供は比較的少ないようです。
JAMAで水曜日に発表されたレポートによると、「患者の年齢の中央値は49〜56歳です」。「子供の場合はまれです。」』
『多くの点で、このパターンは、コロナウイルスであるSARSおよびMERSの発生時に見られたパターンと類似しています。2012年のサウジアラビアと2015年の韓国でのMERSの流行はともに800人以上の命を奪いました。感染したほとんどの子供は症状を発症しませんでした。
2003年のSARS流行中に死亡した子供はおらず、流行での800人の死亡の大半は45歳以上の人々であり、男性の方が危険にさらされていました。』
『インフルエンザは、数千年にわたって人間とともに進化し、毎年世界中で数百万人に感染しているという点で異常です。それでも、毎年何千人もの幼児が病院でインフルエンザにかかりますが、死亡するのはごくわずかです。
成人は、糖尿病、高血圧、心臓病など、感染症を食い止める能力を弱める他の病気を持っている可能性が高いため、より敏感になります。
ウイルスと戦うために重要な身体の自然免疫も、年齢とともに、特に中年以降に悪化します。
「何かが50歳で起こる」とマッキンタイア博士は言った。「減少し、指数関数的に減少するため、ほとんどの感染症では、高齢者で最も高い発生率が見られます。」』

【解説】新型コロナウイルスの死者について分かっていること
https://www.afpbb.com/articles/-/3266810?cx_part=top_focus&cx_position=6

『新型コロナウイルスの感染による死亡例について分かっていることをまとめた。

■死者の大半は60歳以上
 保健衛生当局が発表した詳細によると、これまでに死亡した患者の年齢は36~89歳。うち少なくとも5人が60歳未満だ。
 最年少は武漢市の36歳の男性で、湖北省当局によると1月9日に入院し、2週間後に心不全で死亡した。基礎疾患に関する詳細は発表されていない。
 だが、広東(Guangdong)省深セン(Shenzhen)市で先週退院した35歳の男性のように、比較的若い患者は退院している。
 10歳の少年が武漢に住む親戚を訪ねた後に感染した例もある。
 国営衛星テレビは2日、ウイルスに感染した北京在住の生後9か月の女児が快方に向かっていると報じた。

■死者の大半に基礎疾患
 新型コロナウイルス感染による死者の多くには、感染する以前に糖尿病や高血圧などの基礎疾患があった。
 例えば、1月9日に入院した86歳の男性は高血圧と糖尿病に加え、4年前に結腸がんの手術を受けていた。

■熱が出ない患者もいる
 一部の都市では空港や駅、バスターミナルなどで保健当局が乗客の体温測定を実施している。だが、NHCによると、新型ウイルス感染によって死亡した全員が入院前に発熱を報告していたわけではないという。
 例えば66歳の男性が昨年12月22日の時点で訴えていた主な症状は空せきで、熱はなかった。しかし、1週間以上経ってから息切れに苦しみ、1月中旬までには人工呼吸器を必要とするほど症状が悪化した。
「大きな懸念は、このウイルスが引き起こす症状の深刻度に幅があることだ」と、英医学研究支援団体ウェルカムトラスト(Wellcome Trust)のジェレミー・ファラー(Jeremy Farrar)代表は指摘する。「感染しても非常に軽い症状の間に、あるいは全く症状がないままに、感染を広げている人がいるのは明らかだ」

■中国本土外で2人の死者
 ここへ来て、中国本土外での死者が2人確認された。香港で4日、39歳の男性が死亡。地元メディアによると、男性は先月武漢を訪れており、治療を困難にする基礎疾患があったという。
 フィリピン当局は2日、武漢から訪れた44歳の男性が死亡したと発表した。』

2月4日、中国グローバルテレビジョンネットワークCGTNの報道 「研究者たちがコロナウイルスを効果的に阻害できる2つの新薬を発見」(直訳)

2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行
https://ja.wikipedia.org/wiki/2019%E5%B9%B4-2020%E5%B9%B4%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%AD%A6%E6%BC%A2%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%82%BA%E7%82%8E%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C

『2月4日、中国グローバルテレビジョンネットワークCGTNの報道[29]「研究者たちがコロナウイルスを効果的に阻害できる2つの新薬を発見」(直訳)によれば、浙江大学(Zhejiang University) 李蘭娟 (Li Lanjuan) 教授の研究チームは、4日に以下を発表し、同日(日本時間では5日17時台)、この報により欧米株が急上昇した[30]。』
『・李教授は新型コロナウイルスと闘う中国の研究者リーダーのひとりであり、浙江(せっこう)大学の教授でもある。李教授によれば、前臨床試験(preliminary tests)の in vitro 細胞実験で、アビドル(Abidol)[31]とダルナビル(Darunavir)の2種類の薬剤がこのウイルスを阻害するのに有効であることが分かった。
・李教授は、新たに感染した患者の緊急治療を強化しようという望みをかけて、中国東部の浙江省から中国中央の湖北省に医療従事者を連れてきた。
・李教授は、現在使用されている 抗HIV薬ロピナビル・リトナビル錠(商品名 Kelizhi[32])はあまり大きな効果はなく、しかも副作用(複数)があると述べた。
・李教授は、2つの新薬を、コロナウイルスによる新型肺炎の国家衛生健康委員会の治療プログラムに含めることを推奨した。
・チームの別の研究者、陈作炳(Chen Zuobing)は、2つの薬は医学的指導なしに服用すべきではない、と釘をさした。
・浙江大学医学院附属第一医院の副理事長 (deputy president ) でもある陈作炳は、この2つの薬は浙江省でこのウイルスに感染した患者たちの治療に使用されてきており、次の段階で、有効性で劣っているほかの薬に取って代わるだろうと述べた。』

※ この報道もあって、株が爆上げしたようだ…。