イランのソレイマニ司令官の殺害の背景を考える…

最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知
https://www.newsweekjapan.jp/iiyama/2020/01/post-2.php

米軍自殺統計(※ 兵頭二十八氏の情報)
 ※ 兵頭二十八氏の情報だ…。いつもながら、鋭い視点を提示しておられる…。
 『いま、米国では、「イランとの戦争が近づいたので選抜徴兵が始まる。こんどから女も徴兵される」といった嘘情報が乱れ飛んでいて、民心を撹乱している。つまり、80年代にはあれほどイランを憎んでいたアメリカ人だったが、それじゃ明日、戦争しますかと言われると、イラク=アフガン帰りの廃人たちをさんざん見ているから、誰もそんな気になれない。イラン内部も、失業と麻薬蔓延でとんでもないことになっている。いつ、反聖職者特権暴動が起きてもおかしくない。IRGC(※ イラン革命防衛隊)の本質は、聖職者特権に不平を鳴らす平民どもを処刑する治安機関なのだ。だからスレイマニ爆殺というのは、いいところを衝いた。あれはイランの大衆にはウケたのである。というわけで、もうどちらも、戦争なんかできやしない。』
https://st2019.site/?p=11947

ソレイマニ司令官殺害は「マッドマン理論」の実践か 予測不能な行動を武器にイラン報復を封じ込められるか
 ※ 「マッドマンセオリー」とは、「予測不能の漢(おとこ)」を演じて、相手の意表を突く行動に出て、交渉事を有利に進めると言う作戦だ…。ちょっと前までは、北朝鮮の得意技だったんだが、トランプ大統領の登場で、攻守所を替えた感じだな…。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58860

トランプ氏の「マッドマン・セオリー=狂人理論」は金正恩氏に通じるか 「マッドvsマッド」なら戦争は不可避だ(2017.4.3)
https://www.sankei.com/premium/news/170403/prm1704030004-n1.html

米軍が殺害、ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった 「米国vsイラン」危機の深層
 ※ イランの非対称戦(正規軍でなく、民兵などの非正規軍を使って、テロなどの非正規戦を仕掛ける)の親玉だったらしい…。この人が、企画・立案、指揮、作戦実行の全てを差配していたようだ…。ある意味、「蛇の頭」で、そこを潰せば、全体が死ぬ…、という対象だったようだ…。副官、後継者を育成しておくとかの「リスク分散」が、必要だったな…。陣容の立て直しには、相当の時間がかかりそうだ…。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58843

マスコミの終焉:WSJは持ちこたえていると考えていたのですが、もうダメなようです。
 ※ このサイト主のように、今までの延長線上で、「ポリティカル・コレクトネス」的な、下僚(シンクタンク、官僚、補佐官など)からの進言に乗る形の「正常の政策決定」をよしとする論調は、すごく多い…。しかし、トランプ氏は、まさにそういうものに乗らない「突破力」を買われて、大統領職に就いているんだろう…。
https://note.com/sakurasuisan/n/n383b1b5a5b7a

視点;ソレイマーニー司令官暗殺がもたらした4つのこと
 ※ これから「生じるであろうこと」について、語っている…。イラン側の対外広報メディアだ(中国の新華社みたいなものだろう…)。
https://parstoday.com/ja/news/iran-i58155