北朝鮮の「超大型放射砲」試射は韓国への最悪の脅威

http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5125484.html

※ nappi10さんの「北の国から猫と二人で想う事 livedoor版」からの情報だ…。

『今回の試射に先立ち、北朝鮮は延坪島砲撃挑発9周年に当たる11月23日、韓国に向け海岸砲射撃を行ったが、韓国軍当局は北朝鮮によるの音響を探知したものの、射撃方向や回数、弾着地点などは全く確認できずにいたことが判明した。韓国軍の対北朝鮮情報・探知システムの問題点を、そっくりそのままさらけ出しただけでなく、この延坪島砲撃挑発9周年に合わせて韓国と目と鼻の先の黄海の西北島しょにある昌麟(チャンリン)島の最前方部隊まで下って来た北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の動きを完全に逃したことは、さらに大きな情報面での失敗だという指摘がなされている。北の23日の砲撃訓練の正確な日付は26日になって初めて公表されたもので、韓国軍の「隠蔽」との指摘に対して韓国国防省は「慎重に分析していた」と釈明している。』
『韓国軍内外からは、偵察衛星などで金正恩の一挙手一投足を監視している米軍との情報共有に問題が生じているのではないか、という声も上がったと報道された』
『最近までの韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了問題で、米国が韓国に最大の不信を抱いたのは事実で、それでも親北にこだわる文政権に、米軍がすべての情報を開示すると考える方がどうかしている。米国の情報精度や機密が北に筒抜けになる可能性が疑われ、少なくても文政権が居る間は、軍事情報面に於いて米軍は同盟国扱いはしないだろう。筆者の想像ではあるが、、。』と、分析されておられる…。

※  ディール好きのトランプ大統領(及び、その政策担当者達)が、在韓米軍の費用負担額の増額のテコに使おうと、わざと韓国には事前に知らせなかった (そして、日本には伝えておく…) 、という可能性もあるかもな…。そうやって、日本に恩を売って、こっちはまた、在日米軍駐留経費の増額のテコに使う…、という戦術だ…。

※ こういう「猛獣使い」「他国操りの達人」を相手に、自国の「国益」を追求していかなければならないんだから、こっち(韓国も)の政策担当者も、大変だ…。時には、「アホウ」になって、「騙されたフリ」をする必要も、あるだろうよ…。