South Korea and America Do Not Share the Same Interests(November 24, 2019)

https://nationalinterest.org/blog/korea-watch/south-korea-and-america-do-not-share-same-interests-98817

『Key point: It is unclear how well Seoul and Washington can work together in the future if they keep diverging.

The United States has 28,500 troops in South Korea, a legacy of the Korean War and a deterrent to North Korea. The costs of that deployment are shared by both the US and the ROK, with Seoul carrying close to $1 billion annually, roughly 40 percent of the total cost. But Donald Trump wants South Korea to pay more. Specifically, 400 percent more. That’s unlikely to happen.

While policymakers and defense experts generally agree that South Korea can and should shoulder more of the burden, Seoul reacted with anger to the $5 billion ask US Defense Secretary Mark Esper relayed during a surly meeting earlier this week. Not only that, but the same day talks dissolved with the US, South Korea signed a defense agreement with China. A $5 billion request is certainly a shock to the system, but the larger issue is that increasingly, South Koreans don’t believe their interests align with those of the US.

This week, they took to the streets to protest US demands. Some argue that Washington is using South Korea as part of its plan to contain China. The notion seems bizarre after nearly seven decades of American commitment to peace and security in the South. But for many South Koreans, even the threat of the North is not enough of a convincing justification when it comes to the US-ROK alliance. President Moon Jae-in has placed peace and inter-Korea relations at the forefront of his North Korea policy, at times putting South Korea at odds with the US and Japan, who favor sanctions and pressure over engagement. Moon Chung-in, a close senior adviser of President Moon, expressed frustration that South Korea had “sacrificed” North-South Korea relations in favor of the US-South Korea alliance, concluding that the US position on these matters has been “harmful.”

Also clouding the whole burden-sharing debacle is the ROK’s decision to withdraw from the General Security of Military Information Agreement (GSOMIA) — a pivotal 2016 intelligence-sharing pact that allowed Japan and South Korea to exchange intel about North Korea. After a nasty trade fight earlier this year between Tokyo and Seoul, Moon concluded that extending the agreement was not in South Korea’s national interest. In response, USIS Chairman of the Joint Chiefs of Staff Gen. Mark Milley explained that dissolution of the pact served only China and North Korea. (Update: Since the time of publication, Seoul has made a surprise, last-minute decision to conditionally extend GSOMIA with Japan.)

With deadlines for both GSOMIA and the cost sharing agreements fast approaching, there is a glimmer hope. While the Moon government seems keen to end the US-ROK partnership era, he may have less support than he thinks. Public support for GSOMIA is on the rise — currently 55 percent of South Koreans are in favor of keeping the pact, while only 33 percent oppose. And apparently the South Korean public doesn’t fully share its government’s delusions about its Northern neighbor either. A Gallup Korea poll from October shows that most South Koreans believe that North Korea will neither give up its nuclear weapons, nor abide by agreements from past summits.

In short, all is not lost. First, the United States needs its Asian allies because of the threat of a rising China and an uncontained North Korea. Second, Moon notwithstanding, the South needs the United States; it’s clear the ROK military is far from up to the challenge the North poses. Finally, at the end of the day, if both sides come to their senses, there’s a deal to be had. It won’t be $4 billion more, but it may well be additional Korean support for what amounts to a vital insurance policy for South Korean democracy and prosperity.

Olivia Schieber is the senior program manager for AEI’s Foreign and Defense Policy Department.
This first appeared in 2019 on the AEI Ideas blog here.
Image: Reuters.

『(グーグル翻訳文)
韓国とアメリカは同じ利益を共有しない

キーポイント: ソウルとワシントンが今後も発散し続ければ、どれだけうまく協力できるかは不明です。

米国には、韓国に28,500人の軍隊がおり、朝鮮戦争の遺産であり、北朝鮮に対する抑止力があります。その展開のコストは米国と韓国の両方で分担され、ソウルは年間約10億ドル、総コストの約40%を負担しています。しかし、ドナルド・トランプは韓国がもっと払うことを望んでいます。具体的には、400パーセント増加します。それは起こりそうにない。

政策立案者と国防専門家は一般に韓国がより多くの負担を負担できることに同意しているが、ソウルは今週初めに行われたサリー会議で中継された50億ドルの米国国防長官の要請に怒りで反応した。それだけでなく、同日、米国との会談が解散し、韓国は中国と防衛協定に調印した。50億ドルの要請は確かにシステムへの衝撃ですが、より大きな問題は、ますます、韓国人が彼らの利益が米国のものと一致すると信じていないことです。

今週、彼らは米国の要求に抗議するために街頭に出た。ワシントンが中国を封じ込める計画の一部として韓国を使用していると主張する人もいます。概念は、南の平和と安全に対するアメリカの約70年のコミットメントの後、奇妙に思われます。しかし、多くの韓国人にとって、北朝鮮の脅威でさえ、米韓同盟に関しては説得力のある正当化には十分ではありません。ムン・ジェイン大統領は、北朝鮮の政策の最前線に平和と韓国間の関係を置いており、時には韓国は、制裁と関与への圧力を支持する日米と対立している。ムーン大統領の親善顧問であるムーン・チョンインは、フラストレーションを表明した。韓国は米韓同盟を支持して南北関係を「犠牲」にした、これらの問題に関する米国の立場は「有害」であると結論付けた。

また、韓国が北朝鮮との情報交換を可能にした重要な2016年情報共有協定である軍事情報の一般安全保障協定(GSOMIA)から撤退するという韓国の決定は、負担分担の全体的な失敗を曇らせています。今年初めに東京とソウルの間で行われた厄介な貿易の戦いの後、ムーンは合意の延長は韓国の国益ではないと結論付けた。これに対して、USISの参謀本部長であるマーク・ミルリー将軍は、この協定の解散は中国と北朝鮮にのみ役立つと説明した。(更新:出版の時以来、ソウルは条件付きで日本とGSOMIAを拡張するために、土壇場で意外な決定をしました。)

GSOMIAと費用分担契約の両方の締切が近づいているため、より明るい希望があります。月政府は米韓パートナーシップ時代を終わらせたいと考えているようだが、彼は思っているよりも支援が少ないかもしれない。GSOMIAに対する国民の支持が高まっています。現在、韓国人の55%が協定を維持することに賛成していますが、反対しているのは33%だけです。そして、どうやら韓国の国民は、北部の隣人についての政府の妄想も完全には共有していない。10月のGallup Koreaの調査では、ほとんどの韓国人が、北朝鮮は核兵器を放棄せず、過去の首脳会談の合意も遵守しないと考えていることを示しています。

要するに、すべてが失われるわけではありません。まず、米国は、中国の台頭と北朝鮮の封じ込めの脅威のために、アジアの同盟国を必要としています。第二に、月にもかかわらず、南部には米国が必要です。韓国軍は、北朝鮮が挑むまでには程遠いことは明らかです。最後に、1日の終わりに、両方の側が自分の感覚に近づいたら、取り組まなければならないことがあります。これは40億ドルは増えませんが、韓国の民主主義と繁栄のために不可欠な保険契約に相当するものに対する韓国の追加サポートになるでしょう。

Olivia Schieberは、AEIの外交および防衛政策部のシニアプログラムマネージャーです。
これは、2019年のAEI Ideasブログ(英語)に初めて登場しました。
画像:ロイター。』