中国5G戦略に影 ASML、半導体装置の納入「保留」

 ※『ASMLに関わる複数のサプライヤー関係者が明らかにした。同社は2019年末までに中国政府系の半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)に対し、「EUV(極紫外線)露光装置」を納入する予定だった。ただ計画は足元でストップしているという。関係者の一人は「ASMLは中国に最先端装置を出荷して米国を刺激するのを避けるため納入をいったん保留した」と述べた。
EUV露光装置は現状でASMLが独占的に開発・製造し、代替がきかない。半導体の性能向上では回路線幅の微細化がカギとなる。細ければ細いほど演算処理などの能力が上がるためだ。ただ微細化が進展するにつれ難易度が増している。こうした技術的な壁を突破するために開発された装置で価格は1台150億円程度とされる。』
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51849370W9A101C1FFE000/

※ 売り上げランキング2位の会社だな…。

※ ステッパー(露光装置)とかが得意の会社のようだ…。

※ 英文記事もあるようなんで、リンクを貼っておく…。

Exclusive: ASML delays key tech delivery to China fearing US ire
https://asia.nikkei.com/Economy/Trade-war/Exclusive-ASML-delays-key-tech-delivery-to-China-fearing-US-ire