米、シリア駐留部隊1000人の撤収発表 トルコ側部隊は攻撃拡大

 ※ 『シリアへの攻撃を拡大するトルコ軍とトルコ側部隊が越境軍事作戦の初期段階の完遂に近づく中、米政府は13日、シリア北部に駐留する米軍部隊1000人を撤収させると発表した。』
『シリア北部のクルド当局によれば、トルコによる爆撃で、域内にある避難民キャンプからイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」戦闘員の親族ら約800人が逃走した。』
『一方、トルコ側部隊の進軍を受け、シリアの首都ダマスカスの国営メディアは、自国領への攻撃に「対抗する」ためシリア軍が部隊を派遣すると伝えた。
 シリア北部のクルド当局は13日、トルコ側の攻撃に対抗するため、シリア軍を国境周辺に配備することでシリア政府と合意に至ったと発表した。クルド当局はフェイスブック(Facebook)に投稿した文書で、クルド人を主体とする民兵組織「シリア民主軍(SDF)」を支援するため、シリア軍が国境沿いに配備されると述べた。』とのことだ…。