米、6月にイランへサイバー攻撃=タンカー襲撃能力に打撃-NY紙(2019年08月29日)

『サイバー攻撃の標的となったデータベースは、イラン精鋭部隊「革命防衛隊」が攻撃対象のタンカーなどを選定する際に使われていた。サイバー攻撃の効果は一時的なものと見込まれていたが、予想以上に継続。同高官(※ 米高官 )は「イランは現在も通信システムの復旧を試みており、攻撃で失われたデータを取り戻せていない」と説明した。』