「日米合同演習「脅威国」は韓国」(麻生幾)(※月刊文藝春秋9月号)、一読しといた方がいい…。

※ オレは、Kindle版を買って、読んだ…。衝撃的な、さわりの部分を、紹介しとく…。

『陸自 と アメリカ 陸軍が 共同 して行う大規模 軍事 演習 は、 二つ ある。 一つ は、 夏に行わ れる「 オリエント・シールド」。 陸自と アメリカ 陸軍 の一部部隊 を 出動 させて演習場にて 行うもの で、〝 戦う敵〟も 具体的に示される。 もう一つ は、十二月に開催 さ れる「 日米合同指揮所演 習」、 通称「 ヤマサクラ」 や「ワイエス」 と 呼ばれるもの だ。 その準備は、四月からすでに始まっている。 準備の核心部分 は、「 シナリオ」である。 どういう 事態が発生 し て、 日本が どのように攻撃 されるか ─ ─ この「 シナリオ」によって、 陸自とアメリカ陸軍 の「 共同反撃作戦」の演習内容が決定するからだ。 今から 二ヶ月前の六月には、自衛隊とアメリカ陸軍 の 指揮官 が、「 VTC」( テレビ会議) で「 シナリオ」について協議 し、七月 に 入る と、「 共同作戦計画 の 作成」として、 さらに「 シナリオ」が進む。   冒頭に紹介し た〝 ストーリー〟 が、 アメリカ・インド 太平洋 軍 関係者 から 聞き取っ た、 今年 の「 ヤマサクラ」 の「 シナリオ」 の 一部 で ある。 仮想脅威 は「 統一朝鮮国」   ただ、「 ヤマ サクラ」 では、 前述 の「 オリエント・シールド」 と 違っ て、〝 戦う 敵〟 は 示さ れ ず、 特定 の 国を対象 と してい ない。 戦う敵 は、文書 や ディスプレイ 上 で、「 A 国」「 B 国」 など といった〝 仮名〟 で 表示 さ れる。 また、 使用 さ れる 地図 で、 近隣 諸国 の 国境 線 は 現実 の もの とは まったく 違っ て 描か れる。 「だが、 具体的 な 国名 は、 参加 する 陸自 と アメリカ 陸軍 関係者 の 誰 もが 認識 できるほどに、 最初 から『 インプライ( 暗に 伝える)』 さ れ て いる」( 前出 の アメリカ・インド 太平洋 軍 関係者)   では、 今年 の「 ヤマ サクラ」 の「 シナリオ」 で 登場 する「 A 国」 と「 B 国」 は、 どの 国 が「 インプライ」 さ れ て いる のか。   在日 アメリカ 軍 関係者 に よれ ば、「 B 国」 として「 インプライ」 さ れ た 国名 は、「 中国」 で ある。 中国 は、 ここ 約十年間 の「 ヤマ サクラ」の「 シナリオ」 で、 日本を攻撃 し、 日米 が 共同反撃 する〝 悪役 の 主役〟 と なっている〝 常連 国〟 だ。   しかし、「 A 国」 として 日米 関係者 に「 インプライ」さ れ た 国名 は、 二十七年 の 歴史 の ある「 ヤマ サクラ」 で、 北朝鮮 や 中国 は 毎回 の よう に 登場 し て き た が、 この 国 が 加わる のは 恐らく 初めてでは ない か、 と アメリカ 軍 関係者 の 多く が 口 に する。 「『 シナリオ』 で 登場 する『 A 国』、 それ は『 韓国』 として、 陸自 と アメリカ 陸軍 関係者関係者 全員 に『 インプライ』 さ れ た」( 同 アメリカ 陸軍 関係者)   敢えて 言わ ず とも 韓国 は、 日本 並び に アメリカ とともに、 北朝鮮 という 脅威 を トライラテラル で 抑え込む 実質的 な 同盟国 と 位置付け られ て き た。 「しかし 今年、『 ヤマ サクラ』 の『 シナリオ』 に、 韓国 が 実質 上 の 同盟国 から 除外 さ れる 形 で、 しかも、 中国政府の圧力 によって、 中国人民 解放 軍による 日本侵攻に追随する 位置づけで重要 な キャスト として登場して いる」( 同 アメリカ 陸軍 関係者)。   しかも「 シナリオ」 を 作成 する日米軍関係者 の現場 では、「 A 国」 を「 韓国」では なく、「 統一 朝鮮 国」 と する 案 も 飛び出し て いる、 と 別 の アメリカ 軍 関係者 は 語る。   前出 の アメリカ・インド 太平洋 軍 関係者 は、 韓国 が「 シナリオ」 で、「 インプライ」 さ れ て いる こと について、 こう 率直 に 語っ た。
「リアル な〝 戦争〟 を シミュレーション する、 日米 合同 机上 演習『 キーン・エッジ』 は、 昨年、 尖閣諸島 の 奪還 作戦 を テーマ と し、 陸自 の 特殊 作戦 群 を 登場 さ せ た。 それ と 比べる と、『 ヤマ サクラ』 は、 日米 共同 作戦 の 戦術 をより 深く 進化 さ せる こと が 最 優先 の 目的 で ある ゆえ、『 シナリオ』 は それほど 重要 では なく、 時には 荒唐無稽 な もの も 含ま れる。   しかし それでも、 韓国 で ムン・ジェイン 政権 が 誕生 し て 以降、 米 韓 関係 が 変質 し て いる こと から、 アメリカ 政府 は 韓国 を 消極的 同盟国 と 位置づけ し て き た。   しかし、 この『 シナリオ』 を 見る 限り、 さらに 同盟国 の 評価 を ダウン さ せ、〝 脅威 対象〟 と 見 始め て いる。 今回 の『 シナリオ』 で、 韓国 が 登場 し て いる のは、 韓国 を〝 脅威 対象〟 という レベル では なく、〝 現実的 な 軍事 的 脅威 国〟 と 認定 する 可能性 を 秘め て いる から こそ だ ─ ─ それほど、 最近 の 韓国 政府 の 発言 と 行動 が、 北朝鮮 を 完全 非核化 する アメリカ の 努力 を 妨げ て いる と、 アメリカ 政府 が 深刻 に 捉えて いる こと の 証左 だ」 「韓国」 が 登場 し て いる こと に、 最近 の 日韓 関係 の 悪化 が 影響 し、 日本 側 が その よう な「 シナリオ」 作成 を 要求 し た の だろ う、 と 思わ れる 方 も いる かも しれ ない。 特に、 韓国 関係者 は、 そう 曲解 し、 対日 抗議 の 材料 に する 空気 も 出 て くる かも しれ ない。 または、 米 韓 同盟 が ある 限り、 その よう な「 シナリオ」 は 非 現実的 と 考える ムキ も ある だろ う。   もちろん、 前述 し た よう に、 この「 シナリオ」 は まだ 準備 段階 で あり、 いわば〝 案〟 の レベル だ。 今後、〝 本番〟 の 十二月 に 向け、 日米 関係者 の 議論 が 沸騰 し、 さらに「 シナリオ」 の 内容 が 変わっ て ゆく 可能性 は ある。   しかし、 アメリカ 軍 関係者 の 言葉 を 精査 し て ゆく と、「 ヤマ サクラ」 に「 韓国」 が 登場 し て いる のは、 日韓 関係 の 悪化 など といった 感情的 な ファクター では なく、 アジア 全体 の 安全保障 の 奥深い ところ に ある 問題 による もの だ と 感じ ない では おれない。 また、 自衛隊 に対する、 戦後 初めて の 重大 な 政治 決断 を 求め られ うる という現実 も、 意識 する こと と なっ た。』

※ あと、後半部分には、アメリカ軍の関係者が、福岡を来訪し、在韓米軍関係者(家族なんか)を退避させるルートを確保する趣旨で、福岡県内の民間空港を下見して回った…、なんてことも書かれている…。

麻生幾(あそういく)
https://ja.wikipedia.org/wiki/麻生幾

※ これを見ると、軍事情報関係の記事を書いてる覆面ライターさんのようだな…。あるいは、個人でなく、チームで取材し、その結果を公表したりしているものかもしれない…。