ファーウエイ離れ、ジワジワ拡大(その3)

<独占報道>日本・住友電工の光ファイバー技術、ファーウェイ経由で中国軍に渡った=米国防省筋
https://www.epochtimes.jp/p/2019/05/38602.html

米AMD「今後しない」 中国合弁先への技術移転
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45346180Y9A520C1FFE000/

※ 普通の人は、AMDと言われても、「何それ?」と言う反応が多いんじゃないか…。

※ ましてや、Xeon(ジーオンと読む)とか、EPYC(エピックと読む)とか言われても、「?」という感じだろう…。

※ まあ、興味のある人(そういう人も、いないだろうが)は、リンクを辿って、見ておいてくれ…。

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (Advanced Micro Devices, Inc. / AMD)
https://ja.wikipedia.org/wiki/アドバンスト・マイクロ・デバイセズ

「CPU」の基礎から見方、比較、選び方まで徹底解説
https://pcpedia.biz/cpu/

Xeonを駆逐する最大32コアCPU「AMD EPYC」のスペックまとめ
 ※ 「EPYCが安価な理由」『その理由が製造方法である。「Ryzen 3 / 5 / 7」に使われているCPUダイは「Summit Ridge」と呼ばれるもの。このダイは良い具合に出来上がると最大8コアとして使えるようになる。
この8コアダイを2つ組み合わせて作ったのが「Ryzen Threadripper」(最大16コア)で、4つ組み合わせたものが4つの「Zeppelin」ダイを搭載してこの「EPYC」(最大32コア)というわけだ。
要するに、Zenラインナップはすべて、たった1種類のダイ「Ryzen 3 / 5/ 7」「Ryzen Threadripper」までは「Summit Ridge」ダイで、EPYCは「Zeppelin」ダイなので使われているダイは2種ですね。
それでもダイの種類が少ないほど製造に必要な設備は最小限に抑えられるし、不良化してしまっても寄せ集めてマルチコアにすればいい(つまり歩留まりが良好)。だから安価に作れる。というイメージで大丈夫。』と言う辺りは、興味深い(ジジイにとってはな)。
https://chimolog.co/bto-cpu-amd-epyc/(2017.06.17)

AMDーアドバンスト・マイクロ・デバイスー独自路線を歩む半導体銘柄の株価は?配当利回りは?
https://amkabu.com/analysis-amd

半導体の米AMD株が大幅高 データセンター向け新型CPU発売で期待(2017/6/22)https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HJJ_R20C17A6000000/

AMDが32コア/64スレッドのCPU「EPYC」とグラフィックカード「Radeon Vega Frontier Edition」を発表(2017年05月17日)https://gigazine.net/news/20170517-amd-epyc/

AMDは新プロセッサ「EPYC」と新ロードマップで市場奪還を目指す(2017年5月23日)https://japan.cnet.com/article/35101430/

6兆円市場で対決 王者インテルvs. AMD「新世代CPU争い」 —— 再びシェアを獲れるのか?
https://www.businessinsider.jp/post-35027

Zenコアの「EPYC」でサーバー市場奪還を目論む AMD CPUロードマップ
https://ascii.jp/elem/000/001/485/1485192/

中国半導体受託生産最大手SMIC、米NY上場廃止
 ※ 2017年のファウンドリ・ランキング第5位の企業だ( 2017年の半導体ファウンドリランキング – 売上高10億ドル超は8社 https://news.mynavi.jp/article/20180427-622956/ )
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45318480X20C19A5FFE000/

ファーウェイのスマホ、シェアが3分の1に激減、経済制裁決定後1週間で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00119771-bcn-sci

米議会、中国人留学生“排除”に本腰 「ビザ発給禁止」共和党議員が法案提出…日本に同じ措置要請も? 最先端技術の流出阻止へ
http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/190524/soc1905240002-s1.html