日仏2+2から、南太平洋海域における各国の利害関係を考える

太平洋国家・日仏の海洋協力拡大
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/15143 

『2019年1月11日、第5回日仏「2+2」(外務・防衛閣僚会合)が、フランスの北西部ブルターニュ地方にあるブレストという町で開催された。ブレストは、フランス第2の軍港である(第1の軍港は地中海に面すトゥーロンである)。日本からは、河野太郎外務大臣と岩屋毅防衛大臣が、フランスからは、ジャン=イヴ・ル・ドリアン欧州・外務大臣、フロランス・パルリ軍事大臣が出席した。同会合後には、33項目にわたる「第5回日仏外務・防衛閣僚会合 共同声明」が発出された。』 とのことだ。

もう5回も開催されたんだな…。

ブレストって、こんな位置。

こんな風に、フランスが日本への接近を図っている背景には、むろん、南太平洋におけるフランスの海外領土・権益の確保の狙いがある。

ジジイも、ずいぶんこの海域の諸国については、投稿を上げておいたが、この機会にまとめておこうと思う。

まず、南太平洋諸国のマップからだ。

南太平洋諸国のマップ
https://http476386114.com/2018/08/28/%E5%8D%97%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97/ 

この海域諸国においては、中国と台湾が、熾烈な承認争いを繰り広げた。

中台と南太平洋諸国の星取表
https://http476386114.com/2018/08/28/%E4%B8%AD%E5%8F%B0%E3%81%A8%E5%8D%97%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%98%9F%E5%8F%96%E8%A1%A8/ 

残念ながら、台湾の旗色は悪く、次々に中国支持の国が増加し、もはや台湾支持は、4か国くらいしか、残っていないようだ…。

トンガも、1998年に中国陣営に入った…。

『トンガ、第二のハンバントタになるのか!!』
https://http476386114.com/2018/08/15/%E3%80%8E%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%80%81%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%BF%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%8F/

トンガ、債務問題の続報
https://http476386114.com/2018/08/28/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%80%81%E5%82%B5%E5%8B%99%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E7%B6%9A%E5%A0%B1/

それで、フランスとしては、この海域が完全に中国の支配下に入った場合、自国の権益がこれまで通り確保できるのか、懸念が生じて、日本への接近を図っている、と言うことなんだろう…。

中国が考えていることは、次のようなことだろう…。

中国が考えていること(戦略)
https://http476386114.com/2018/08/28/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%8C%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%EF%BC%88%E6%88%A6%E7%95%A5%EF%BC%89/ 

そして、何よりも、中国としては、太平洋に自由に出入りしたい…。

そして、それを強力に阻んでいるのは、どこの国なのか…、という話しだ…。

太平洋に出たい、中国
https://http476386114.com/2018/08/28/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%AB%E5%87%BA%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD/