ペンス副大統領の演説、一読しといたほうが良さそうだな…。

英語の全文は、ここで読める。
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-administrations-policy-toward-china/

これを「グーグル翻訳」に掛けた訳文を載せてるのは、このサイトだ。
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3997.html

大紀元も、まとめを載せてる。
https://www.epochtimes.jp/2018/10/36826.html

さわりを紹介しておこう。
『演説内容には注目すべき7つのポイントがある。

1.中国と中国共産党を区別する
2.米国中間選挙に介入、米政府の転覆を図る
3.中国当局による浸透工作の全貌を暴く
4.貿易戦で中国共産党への包囲網を強める
5.中国当局による軍事挑発に備える
6.米国民の結束を高める
7.中国共産党の邪悪本質を暴く』

『ペンス副大統領は最後に中国のことわざ「人見目前 天見久遠」(人間は目の前を見ているが、天は遠い将来を見ている)を引用し、「神は未来を見ていると信じている。神のご加護で、米中両国はともに未来を迎えられるように」と演説を締めくくった。』ってことだ。

「沈黙の螺旋」さんでも、取り上げている。
 http://orisei.tumblr.com/post/178843445588/httpswwwhudsonorgevents1610-vice-president-m

ここでは、シーレーン防衛のことも取り上げてる。問題意識が同じ人がいるようなんで、ウレシイね…。
http://orisei.tumblr.com/post/178843452848/highlandvalley-twitter-ktn1983

このサイトにも、全訳文が載ってる。「海外ニュース翻訳情報局」さん
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009 (キレイな訳文だ。専門家が、翻訳したみたいだな)

ペンス副大統領自身の宗教は、エバンジェリカルなカトリックってことらしい…。アイルランド系移民の子孫らしいな。
エバンジェリカルって、「原理主義的な」とか訳されているが、どうも「聖書」に書かれていることは、全て正しい…という宗派のようだ。進化論を否定し、堕胎もダメ…ってことのようだぞ。
演説の途中にも、中国におけるキリスト教徒弾圧に触れたくだりがあるんだが、「けしからん…。」という気持ちがにじみ出てるような感じだ。
これを、「ホワイトハウス」名義で公表してるんで、一個人の見解に留まらず、トランプ政権全体の意思、ひいてはアメリカの国家的な意思と受けとめてもらって結構だ、ということになる。
相当激烈な内容だぞ。

それにつけても、国内メディアがこぞってスルーなのは、どーいうことだ?
米中双方に忖度してる、ってことか?

大体、「報道の自由」ってのは、国民の政治的な考察・判断に資するところが大なんで、最大限保証されるって話しで、テレビ局にも貴重な電波資源を割り当ててる訳だ。

それが、肝心要の情報をスルーしてるんじゃ、社会的な役割の放棄だろ?

しょうがないんで、英語もあまり得意でもないこのジジイが、代わって英語の全文と、持ってる翻訳ソフトに掛けた訳文を、貼っておくことにする(グーグル翻訳の訳文を読みたければ、上記のサイトに当たってくれ)。

(英語の全文)
『Remarks by Vice President Pence on the Administration’s Policy Toward China

The Hudson Institute
Washington, D.C.

11:07 A.M. EDT

THE VICE PRESIDENT: Thank you, Ken, for that kind introduction. To the Members of the Board of Trustees, to Dr. Michael Pillsbury, to our distinguished guests, and to all of you who, true to your mission in this place, “think about the future in unconventional ways” –- it is an honor to be back at the Hudson Institute.

For more than a half a century, this Institute has dedicated itself to “advancing global security, prosperity, and freedom.” And while Hudson’s hometowns have changed over the years, one thing has been constant: You have always advanced that vital truth, that American leadership lights the way.

And today, speaking of leadership, allow me to begin by bringing greetings from a great champion of American leadership at home and abroad –- I bring greetings from the 45th President of the United States of America, President Donald Trump. (Applause.)

From early in this administration, President Trump has made our relationship with China and President Xi a priority. On April 6th of last year, President Trump welcomed President Xi to Mar-a-Lago. On November 8th of last year, President Trump traveled to Beijing, where China’s leader welcomed him warmly.

Over the course of the past two years, our President has forged a strong personal relationship with the President of the People’s Republic of China, and they’ve worked closely on issues of common interest, most importantly the denuclearization of the Korean Peninsula.

But I come before you today because the American people deserve to know that, as we speak, Beijing is employing a whole-of-government approach, using political, economic, and military tools, as well as propaganda, to advance its influence and benefit its interests in the United States.

China is also applying this power in more proactive ways than ever before, to exert influence and interfere in the domestic policy and politics of this country.

Under President Trump’s leadership, the United States has taken decisive action to respond to China with American action, applying the principles and the policies long advocated in these halls.

In our National Security Strategy that the President Trump released last December, he described a new era of “great power competition.” Foreign nations have begun to, as we wrote, “reassert their influence regionally and globally,” and they are “contesting [America’s] geopolitical advantages and trying [in essence] to change the international order in their favor.”

In this strategy, President Trump made clear that the United States of America has adopted a new approach to China. We seek a relationship grounded in fairness, reciprocity, and respect for sovereignty, and we have taken strong and swift action to achieve that goal.

As the President said last year on his visit to China, in his words, “we have an opportunity to strengthen the relationship between our two countries and improve the lives of our citizens.” Our vision of the future is built on the best parts of our past, when America and China reached out to one another in a spirit of openness and friendship.

When our young nation went searching in the wake of the Revolutionary War for new markets for our exports, the Chinese people welcomed American traders laden with ginseng and fur.

When China suffered through indignities and exploitations during her so-called “Century of Humiliation,” America refused to join in, and advocated the “Open Door” policy, so that we could have freer trade with China, and preserve their sovereignty.

When American missionaries brought the good news to China’s shores, they were moved by the rich culture of an ancient and vibrant people. And not only did they spread their faith, but those same missionaries founded some of China’s first and finest universities.

When the Second World War arose, we stood together as allies in the fight against imperialism. And in that war’s aftermath, America ensured that China became a charter member of the United Nations, and a great shaper of the post-war world.

But soon after it took power in 1949, the Chinese Communist Party began to pursue authoritarian expansionism. It is remarkable to think that only five years after our nations had fought together, we fought each other in the mountains and valleys of the Korean Peninsula. My own father saw combat on that frontier of freedom.

But not even the brutal Korean War could diminish our mutual desire to restore the ties that for so long had bound our peoples together. China’s estrangement from the United States ended in 1972, and, soon after, we re-established diplomatic relations and began to open our economies to one another, and American universities began training a new generation of Chinese engineers, business leaders, scholars, and officials.

After the fall of the Soviet Union, we assumed that a free China was inevitable. Heady with optimism at the turn of the 21st Century, America agreed to give Beijing open access to our economy, and we brought China into the World Trade Organization.

Previous administrations made this choice in the hope that freedom in China would expand in all of its forms -– not just economically, but politically, with a newfound respect for classical liberal principles, private property, personal liberty, religious freedom — the entire family of human rights. But that hope has gone unfulfilled.

The dream of freedom remains distant for the Chinese people. And while Beijing still pays lip service to “reform and opening,” Deng Xiaoping’s famous policy now rings hollow.

Over the past 17 years, China’s GDP has grown nine-fold; it’s become the second-largest economy in the world. Much of this success was driven by American investment in China. And the Chinese Communist Party has also used an arsenal of policies inconsistent with free and fair trade, including tariffs, quotas, currency manipulation, forced technology transfer, intellectual property theft, and industrial subsidies that are handed out like candy to foreign investment. These policies have built Beijing’s manufacturing base, at the expense of its competitors -– especially the United States of America.

China’s actions have contributed to a trade deficit with the United States that last year ran to $375 billion –- nearly half of our global trade deficit. As President Trump said just this week, in his words, “We rebuilt China” over the last 25 years.

Now, through the “Made in China 2025” plan, the Communist Party has set its sights on controlling 90 percent of the world’s most advanced industries, including robotics, biotechnology, and artificial intelligence. To win the commanding heights of the 21st century economy, Beijing has directed its bureaucrats and businesses to obtain American intellectual property –- the foundation of our economic leadership -– by any means necessary.

Beijing now requires many American businesses to hand over their trade secrets as the cost of doing business in China. It also coordinates and sponsors the acquisition of American firms to gain ownership of their creations. Worst of all, Chinese security agencies have masterminded the wholesale theft of American technology –- including cutting-edge military blueprints. And using that stolen technology, the Chinese Communist Party is turning plowshares into swords on a massive scale.

China now spends as much on its military as the rest of Asia combined, and Beijing has prioritized capabilities to erode America’s military advantages on land, at sea, in the air, and in space. China wants nothing less than to push the United States of America from the Western Pacific and attempt to prevent us from coming to the aid of our allies. But they will fail.

Beijing is also using its power like never before. Chinese ships routinely patrol around the Senkaku Islands, which are administered by Japan. And while China’s leader stood in the Rose Garden at the White House in 2015 and said that his country had, and I quote, “no intention to militarize” the South China Sea, today, Beijing has deployed advanced anti-ship and anti-air missiles atop an archipelago of military bases constructed on artificial islands.

China’s aggression was on display this week, when a Chinese naval vessel came within 45 yards of the USS Decatur as it conducted freedom-of-navigation operations in the South China Sea, forcing our ship to quickly maneuver to avoid collision. Despite such reckless harassment, the United States Navy will continue to fly, sail, and operate wherever international law allows and our national interests demand. We will not be intimidated and we will not stand down. (Applause.)

America had hoped that economic liberalization would bring China into a greater partnership with us and with the world. Instead, China has chosen economic aggression, which has in turn emboldened its growing military.

Nor, as we had hoped, has Beijing moved toward greater freedom for its own people. For a time, Beijing inched toward greater liberty and respect for human rights. But in recent years, China has taken a sharp U-turn toward control and oppression of its own people.

Today, China has built an unparalleled surveillance state, and it’s growing more expansive and intrusive – often with the help of U.S. technology. What they call the “Great Firewall of China” likewise grows higher, drastically restricting the free flow of information to the Chinese people.

And by 2020, China’s rulers aim to implement an Orwellian system premised on controlling virtually every facet of human life — the so-called “Social Credit Score.” In the words of that program’s official blueprint, it will “allow the trustworthy to roam everywhere under heaven, while making it hard for the discredited to take a single step.”

And when it comes to religious freedom, a new wave of persecution is crashing down on Chinese Christians, Buddhists, and Muslims.

Last month, Beijing shut down one of China’s largest underground churches. Across the country, authorities are tearing down crosses, burning bibles, and imprisoning believers. And Beijing has now reached a deal with the Vatican that gives the avowedly atheist Communist Party a direct role in appointing Catholic bishops. For China’s Christians, these are desperate times.

Beijing is also cracking down on Buddhism. Over the past decade, more than 150 Tibetan Buddhist monks have lit themselves on fire to protest China’s repression of their beliefs and their culture. And in Xinjiang, the Communist Party has imprisoned as many as one million Muslim Uyghurs in government camps where they endure around-the-clock brainwashing. Survivors of the camps have described their experiences as a deliberate attempt by Beijing to strangle Uyghur culture and stamp out the Muslim faith.

As history attests though, a country that oppresses its own people rarely stops there. And Beijing also aims to extend its reach across the wider world. As Hudson’s own Dr. Michael Pillsbury has written, “China has opposed the actions and goals of the U.S. government. Indeed, China is building its own relationships with America’s allies and enemies that contradict any peaceful or productive intentions of Beijing.”

In fact, China uses so-called “debt diplomacy” to expand its influence. Today, that country is offering hundreds of billions of dollars in infrastructure loans to governments from Asia to Africa to Europe and even Latin America. Yet the terms of those loans are opaque at best, and the benefits invariably flow overwhelmingly to Beijing.

Just ask Sri Lanka, which took on massive debt to let Chinese state companies build a port of questionable commercial value. Two years ago, that country could no longer afford its payments, so Beijing pressured Sri Lanka to deliver the new port directly into Chinese hands. It may soon become a forward military base for China’s growing blue-water navy.

Within our own hemisphere, Beijing has extended a lifeline to the corrupt and incompetent Maduro regime in Venezuela that’s been oppressing its own people. They pledged $5 billion in questionable loans to be repaid with oil. China is also that country’s single largest creditor, saddling the Venezuelan people with more than $50 billion in debt, even as their democracy vanishes. Beijing is also impacting some nations’ politics by providing direct support to parties and candidates who promise to accommodate China’s strategic objectives.

And since last year alone, the Chinese Communist Party has convinced three Latin American nations to sever ties with Taipei and recognize Beijing. These actions threaten the stability of the Taiwan Strait, and the United States of America condemns these actions. And while our administration will continue to respect our One China Policy, as reflected in the three joint communiqués and the Taiwan Relations Act, America will always believe that Taiwan’s embrace of democracy shows a better path for all the Chinese people. (Applause.)

Now these are only a few of the ways that China has sought to advance its strategic interests across the world, with growing intensity and sophistication. Yet previous administrations all but ignored China’s actions. And in many cases, they abetted them. But those days are over.

Under President Trump’s leadership, the United States of America has been defending our interests with renewed American strength.

We’ve been making the strongest military in the history of the world stronger still. Earlier this year, President Trump signed into law the largest increase in our national defense since the days of Ronald Reagan -– $716 billion to extend the strength of the American military to every domain.

We’re modernizing our nuclear arsenal. We’re fielding and developing new cutting-edge fighters and bombers. We’re building a new generation of aircraft carriers and warships. We’re investing as never before in our armed forces. And this includes initiating the process to establish the United States Space Force to ensure our continued dominance in space, and we’ve taken action to authorize increased capability in the cyber world to build deterrence against our adversaries.

At President Trump’s direction, we’re also implementing tariffs on $250 billion in Chinese goods, with the highest tariffs specifically targeting the advanced industries that Beijing is trying to capture and control. And as the President has also made clear, we will levy even more tariffs, with the possibility of substantially more than doubling that number, unless a fair and reciprocal deal is made. (Applause.)

These actions — exercises in American strength — have had a major impact. China’s largest stock exchange fell by 25 percent in the first nine months of this year, in large part because our administration has been standing strong against Beijing’s trade practices.

As President Trump has made clear, we don’t want China’s markets to suffer. In fact, we want them to thrive. But the United States wants Beijing to pursue trade policies that are free, fair, and reciprocal. And we will continue to stand and demand that they do. (Applause.)

Sadly, China’s rulers, thus far, have refused to take that path. The American people deserve to know: In response to the strong stand that President Trump has taken, Beijing is pursuing a comprehensive and coordinated campaign to undermine support for the President, our agenda, and our nation’s most cherished ideals.

I want to tell you today what we know about China’s actions here at home — some of which we’ve gleaned from intelligence assessments, some of which are publicly available. But all of which are fact.

As I said before, as we speak, Beijing is employing a whole-of-government approach to advance its influence and benefit its interests. It’s employing this power in more proactive and coercive ways to interfere in the domestic policies of this country and to interfere in the politics of the United States.

The Chinese Communist Party is rewarding or coercing American businesses, movie studios, universities, think tanks, scholars, journalists, and local, state, and federal officials.

And worst of all, China has initiated an unprecedented effort to influence American public opinion, the 2018 elections, and the environment leading into the 2020 presidential elections. To put it bluntly, President Trump’s leadership is working; and China wants a different American President.

There can be no doubt: China is meddling in America’s democracy. As President Trump said just last week, we have, in his words, “found that China has been attempting to interfere in our upcoming [midterm] election[s].”

Our intelligence community says that “China is targeting U.S. state and local governments and officials to exploit any divisions between federal and local levels on policy. It’s using wedge issues, like trade tariffs, to advance Beijing’s political influence.”

In June, Beijing itself circulated a sensitive document, entitled “Propaganda and Censorship Notice.” It laid out its strategy. It stated that China must, in their words, “strike accurately and carefully, splitting apart different domestic groups” in the United States of America.

To that end, Beijing has mobilized covert actors, front groups, and propaganda outlets to shift Americans’ perception of Chinese policy. As a senior career member of our intelligence community told me just this week, what the Russians are doing pales in comparison to what China is doing across this country. And the American people deserve to know it.

Senior Chinese officials have also tried to influence business leaders to encourage them to condemn our trade actions, leveraging their desire to maintain their operations in China. In one recent example, China threatened to deny a business license for a major U.S. corporation if they refused to speak out against our administration’s policies.

And when it comes to influencing the midterms, you need only look at Beijing’s tariffs in response to ours. The tariffs imposed by China to date specifically targeted industries and states that would play an important role in the 2018 election. By one estimate, more than 80 percent of U.S. counties targeted by China voted for President Trump and I in 2016; now China wants to turn these voters against our administration.

And China is also directly appealing to the American voters. Last week, the Chinese government paid to have a multipage supplement inserted into the Des Moines Register –- the paper of record of the home state of our Ambassador to China, and a pivotal state in 2018 and 2020. The supplement, designed to look like the news articles, cast our trade policies as reckless and harmful to Iowans.

Fortunately, Americans aren’t buying it. For example, American farmers are standing with this President and are seeing real results from the strong stands that he’s taken, including this week’s U.S.-Mexico-Canada Agreement, where we’ve substantially opened North American markets to U.S. products. The USMCA is a great win for American farmers and American manufacturers. (Applause.)

But China’s actions aren’t focused solely on influencing our policies and politics. Beijing is also taking steps to exploit its economic leverage, and the allure of their large marketplace, to advance its influence over American businesses.

Beijing now requires American joint ventures that operate in China to establish what they call “party organizations” within their company, giving the Communist Party a voice –- and perhaps a veto -– in hiring and investment decisions.

Chinese authorities have also threatened U.S. companies that depict Taiwan as a distinct geographic entity, or that stray from Chinese policy on Tibet. Beijing compelled Delta Airlines to publicly apologize for not calling Taiwan a “province of China” on its website. And it pressured Marriott to fire a U.S. employee who merely liked a tweet about Tibet.

And Beijing routinely demands that Hollywood portray China in a strictly positive light. It punishes studios and producers that don’t. Beijing’s censors are quick to edit or outlaw movies that criticize China, even in minor ways. For the movie, “World War Z,” they had to cut the script’s mention of a virus because it originated in China. The movie, “Red Dawn” was digitally edited to make the villains North Korean, not Chinese.

But beyond business and entertainment, the Chinese Communist Party is also spending billions of dollars on propaganda outlets in the United States and, frankly, around the world.

China Radio International now broadcasts Beijing-friendly programs on over 30 U.S. outlets, many in major American cities. The China Global Television Network reaches more than 75 million Americans, and it gets its marching orders directly from its Communist Party masters. As China’s top leader put it during a visit to the network’s headquarters, and I quote, “The media run by the Party and the government are propaganda fronts and must have the Party as their surname.”

It’s for those reasons and that reality that, last month, the Department of Justice ordered that network to register as a foreign agent.

The Communist Party has also threatened and detained the Chinese family members of American journalists who pry too deep. And it’s blocked the websites of U.S. media organizations and made it harder for our journalists to get visas. This happened after the New York Times published investigative reports about the wealth of some of China’s leaders.

But the media isn’t the only place where the Chinese Communist Party seeks to foster a culture of censorship. The same is true across academia.

I mean, look no further than the Chinese Students and Scholars Association, of which there are more than 150 branches across America’s campuses. These groups help organize social events for some of the more than 430,000 Chinese nationals studying in the United States. They also alert Chinese consulates and embassies when Chinese students, and American schools, stray from the Communist Party line.

At the University of Maryland, a Chinese student recently spoke at her graduation of what she called, and I quote, the “fresh air of free speech” in America. The Communist Party’s official newspaper swiftly chastised her. She became the victim of a firestorm of criticism on China’s tightly-controlled social media, and her family back home was harassed. As for the university itself, its exchange program with China — one of the nation’s most extensive — suddenly turned from a flood to a trickle.

China exerts academic pressure in other ways, as well. Beijing provides generous funding to universities, think tanks, and scholars, with the understanding that they will avoid ideas that the Communist Party finds dangerous or offensive. China experts in particular know that their visas will be delayed or denied if their research contradicts Beijing’s talking points.

And even scholars and groups who avoid Chinese funding are targeted by that country, as the Hudson Institute found out firsthand. After you offered to host a speaker Beijing didn’t like, your website suffered a major cyberattack, originating from Shanghai. The Hudson Institute knows better than most that the Chinese Communist Party is trying to undermine academic freedom and the freedom of speech in America today.

These and other actions, taken as a whole, constitute an intensifying effort to shift American public opinion and policy away from the “America First” leadership of President Donald Trump.

But our message to China’s rulers is this: This President will not back down. (Applause.) The American people will not be swayed. And we will continue to stand strong for our security and our economy, even as we hope for improved relations with Beijing.

Our administration is going to continue to act decisively to protect America’s interests, American jobs, and American security.

As we rebuild our military, we will continue to assert American interests across the Indo-Pacific.

As we respond to China’s trade practices, we will continue to demand an economic relationship with China that is free, fair, and reciprocal. We will demand that Beijing break down its trade barriers, fulfill its obligations, fully open its economy — just as we have opened ours.

We’ll continue to take action against Beijing until the theft of American intellectual property ends once and for all. And we will continue to stand strong until Beijing stops the predatory practice of forced technology transfer. We will protect the private property interests of American enterprise. (Applause.)

And to advance our vision of a free and open Indo-Pacific, we’re building new and stronger bonds with nations that share our values across the region, from India to Samoa. Our relationships will flow from a spirit of respect built on partnership, not domination.

We’re forging new trade deals on a bilateral basis, just as last week President Trump signed an improved trade deal with South Korea. And we will soon begin historic negotiations for a bilateral free-trade deal with Japan. (Applause.)

I’m also pleased to report that we’re streamlining international development and finance programs. We’ll be giving foreign nations a just and transparent alternative to China’s debt-trap diplomacy. In fact, this week, President Trump will sign the BUILD Act into law.

Next month, it will be my privilege to represent the United States in Singapore and Papua New Guinea, at ASEAN and APEC. There, we will unveil new measures and programs to support a free and open Indo-Pacific. And on behalf of the President, I will deliver the message that America’s commitment to the Indo-Pacific has never been stronger. (Applause.)

Closer to home, to protect our interests, we’ve recently strengthened CFIUS — the Committee on Foreign Investment — heightening our scrutiny of Chinese investment in America to protect our national security from Beijing’s predatory actions.

And when it comes to Beijing’s malign influence and interference in American politics and policy, we will continue to expose it, no matter the form it takes. We will work with leaders at every level of society to defend our national interests and most cherished ideals. The American people will play the decisive role — and, in fact, they already are.

As we gather here, a new consensus is rising across America. More business leaders are thinking beyond the next quarter, and thinking twice before diving into the Chinese market if it means turning over their intellectual property or abetting Beijing’s oppression. But more must follow suit. For example, Google should immediately end development of the “Dragonfly” app that will strengthen Communist Party censorship and compromise the privacy of Chinese customers. (Applause.)

It’s also great to see more journalists reporting the truth without fear or favor, digging deep to find where China is interfering in our society, and why. And we hope that American and global news organizations will continue to join this effort on an increasing basis.

More scholars are also speaking out forcefully and defending academic freedom, and more universities and think tanks are mustering the courage to turn away Beijing’s easy money, recognizing that every dollar comes with a corresponding demand. And we’re confident that their ranks will grow.

And across the nation, the American people are growing in vigilance, with a newfound appreciation for our administration’s actions and the President’s leadership to reset America’s economic and strategic relationship with China. Americans stand strong behind a President that’s putting America first.

And under President Trump’s leadership, I can assure you, America will stay the course. China should know that the American people and their elected officials in both parties are resolved.

As our National Security Strategy states: We should remember that “Competition does not always mean hostility,” nor does it have to. The President has made clear, we want a constructive relationship with Beijing where our prosperity and security grow together, not apart. While Beijing has been moving further away from this vision, China’s rulers can still change course and return to the spirit of reform and opening that characterize the beginning of this relationship decades ago. The American people want nothing more; and the Chinese people deserve nothing less.

The great Chinese storyteller Lu Xun often lamented that his country, and he wrote, “has either looked down at foreigners as brutes, or up to them as saints,” but never “as equals.” Today, America is reaching out our hand to China. And we hope that soon, Beijing will reach back with deeds, not words, and with renewed respect for America. But be assured: we will not relent until our relationship with China is grounded in fairness, reciprocity, and respect for our sovereignty. (Applause.)

There is an ancient Chinese proverb that reads, “Men see only the present, but heaven sees the future.” As we go forward, let us pursue a future of peace and prosperity with resolve and faith. Faith in President Trump’s leadership and vision, and the relationship that he has forged with China’s president. Faith in the enduring friendship between the American people and the Chinese people. And Faith that heaven sees the future — and by God’s grace, America and China will meet that future together.

Thank you. God bless you. And God bless the United States of America. (Applause.)

END

11:47 A.M. EDT

White House Logo

The White House』

(機械翻訳にかけた日本語訳全文)
『中国に向かってペンス副大統領によって政府の政策について意見を述べます

ハドソン・インスティテュート
ワシントン D.C. 。

東部夏期時間午前11時07分

副大統領:ありがとうございます、ケン、その親切なイントロダクションのために。 保管委員会のメンバーに、マイケル・ピルズベリ博士に、我々の貴賓に、そして、この場所でのあなたのミッションに忠実で、「慣例に従わない方法で未来について考える」あなたたちみんなに - ハドソン・インスティテュートに戻っていることは名誉です。

半世紀よりいっそう多くの間、この研究所は「世界規模の安全保障、繁栄と自由を進める」ことにそれ自身を捧げました。 そしてハドソンの故郷が数年の間に変わった間に、1つのことが(今まで)絶え間がありませんでした:あなたは常にその肝要な真実を推進しました、そのアメリカの指導力は道を照らします。

そして今日、指導力と言えば、私に国内、国外でアメリカの指導力の偉大なチャンピオンから書き出し文句を持って来ることから始めることを許してください - 私は45番目のアメリカ大統領、ドナルド・トランプ大統領から書き出し文句を持って来ます。 (拍手喝采。)

このアドミニストレーションの早くから、トランプ大統領は中国と習大統領との我々の関係を優先させました。 去年の4月6日に、トランプ大統領はマー・アー・ラゴに習大統領を歓迎しました。 去年の11月8日に、トランプ大統領は北京に旅行しました、そしてそこで中国のリーダーは暖かく彼を歓迎しました。

これまでの2年の間に、我々の大統領は中華人民共和国の大統領との強い個人的な関係を作り出しました、そして(彼・それ)らはしっかりと共通の関心の問題に関して、最も重要なことに朝鮮半島の非核化をもたらしました。

けれども、アメリカ人が、我々が話をする(とき・から・につれて・ように)、北京が、宣伝と同様、政治的な、経済の、そして軍の手段をその影響力を推進して、そして合衆国におけるその利害関係に役立つために使って、「政府の全体」アプローチを使っていることを知るのに値するから、私は今日あなたの前に現われます。

中国は同じく前のどの時期より多くの先を見越した方法で、影響を及ぼして、そしてこの国の国内政策と政治に干渉するこの力を応用しています。

トランプ大統領の指導力の下で、合衆国は、原則と長い間これらのホールで提唱された政策を適用して、アメリカの動きで中国に応答するための決定的な行動をとりました。

トランプ大統領が去る12月、発表した我々の国家安全保障戦略で、彼は「素晴らしい力競争」の新しい時代を記述しました。 我々が「地域的に、そして世界的規模で(彼・それ)らの影響を再び主張してください」と、書いた(とき・から・につれて・ように)、外国がそうし始めました、そして(彼・それ)らは「[アメリカの]地政学の優勢の正当性を疑って、そして[本質的に](彼・それ)らの是認で国際秩序を変えようとして」います。

この戦略で、トランプ大統領はアメリカ合衆国が新しい方法中国を採用したことを明らかにしました。 我々は公正、相互関係と主権への敬意に基礎を置かれた関係を求めます、そして我々はそのゴールを達成するための強い、そして速やかな行動をとりました。

大統領が去年中国への彼の訪問で、彼の言葉で、「我々は我々の2つの国の間の関係を強くして、そして我々の市民の生活を改善する機会を持ちます」と言った(とき・から・につれて・ように)。 未来の我々のビジョンは開放性と友情の精神でアメリカと中国がお互いに連絡を取った我々の過去の最も良い部分を基盤として築き上げられます。

我々の若い国が我々の輸出のために独立戦争に引き続いて新販路を捜しに行ったとき、中国人は朝鮮人参と毛皮でいっぱいになっているアメリカのトレーダを歓迎しました。

中国が彼女のいわゆる「屈辱の世紀」の間に侮辱と搾取で苦しんだとき、アメリカは参加することを拒否して、そして、我々が中国とのもっと自由な貿易を持っていて、そして(彼・それ)らの主権を維持することができるように、「門戸解放政策」政策を提唱しました。

アメリカの宣教師がいいニュースを中国の岸に持って来たとき、(彼・それ)らは古代の、そして活気に溢れた民族の豊かな文化によって動かされました。 そして単に(彼・それ)らは(彼・それ)らの信仰を広めただけではありません、それらの同じ宣教師は中国の最初と最も素晴らしい大学の若干を設立しました。

第二次世界大戦が生じたとき、我々は帝国主義に対する戦いで同盟者として団結しました。 そしてその戦争の余波の中で、アメリカは中国が国際連合の設立会員と戦後の世界の素晴らしい形削り盤になったことを保証しました。

けれどもそれが1949年に力を得るとすぐに、中国共産党は権威主義の拡張主義を追い始めました。 ただ我々の国が一緒に戦った5年あとだけ、我々が朝鮮半島の山と谷でお互いに戦ったと思うことは注目に値します。 私自身の父親は自由のその国境に戦闘を見ました。

けれども残忍な朝鮮戦争さえそれほど長い間我々の人々を結び付けた絆を復活させたいという我々の相互の願望を衰えさせることができませんでした。 合衆国からの中国の疎遠が1972年に、そして、すぐ後に終わらせられるという状態で、我々は外交関係を再確立して、そしてお互いに我々の経済を開き始めました、そしてアメリカの大学は中国のエンジニア、ビジネスリーダー、学者と当局者の新世代を訓練し始めました。

ソ連の崩壊の後に、我々は自由な中国が避けられなかったと想定しました。 21世紀の曲がり角での楽天主義で意気揚々としていて、アメリカは北京に我々の経済へのオープンアクセスを与えることに同意しました、そして我々は中国を世界貿易機関に引き入れました。

中国の自由がそのすべての形式で広がるであろうことを期待して、この選択にされた前の政権 - 経済的にだけではなく、政治的に、古典の自由主義の信条、私有不動産への最近注目を浴び始めた敬意、人身の自由、信教の自由で - 人権の家族全体。 けれどもその希望は実現されませんでした。

自由の夢は中国人のために遠いままでいます。 そして北京がまだ「改革とあき(※ 改革開放)」にリップサービスを払う間に、トウ小平の有名な政策は今虚ろに聞こえます。

これまでの17年にわたって、中国のGDPは9倍になりました;それは世界中で2番目に大きい経済になりました。 この成功の多くが中国に対してのアメリカの投資によって促進させられました。 そして中国共産党は、同じく関税、定数、為替操作、強制された技術移転、海外投資にキャンデーのように配られる知的所有権侵害と産業的な助成金を含めて、自由な、そして公正な貿易と一致しない政策の武器弾薬を使いました。 これらの政策は、その競争業者 - 特にアメリカ合衆国 - の支払いで、北京の製造能力を形成しました。

中 国の行動は去年3750億ドルに達した合衆国と一緒の貿易赤字 - 我々の世界的な貿易赤字の半分近く - に貢献しました。 トランプ大統領がこれまでの25年にわたってただ今週、彼の言葉で、「我々は中国を再建しました」と言った(とき・から・につれて・ように)。

今、「中国製の2025」計画を通して、共産党は、世界のものの90パーセントをコントロールするや否やその名所にロボティックス、バイオ工学と人工知能を含めて、たいていの先端産業を割り当てました。 21世紀の経済の圧倒的な高度で勝つために、北京はその官僚とビジネスにアメリカの知的財産 - 我々の経済的な指導力の基金 - を入手するように指示しました - まったく必要で。

北京は今多くのアメリカのビジネスに中国で営業行為のコストとして(彼・それ)らの企業秘密を委ねるように要求します。 それは同じく(彼・それ)らの創造の所有権を得るためのアメリカの会社の買収を調整して、そして後援します。 何よりも悪いことに、中国警備機関がアメリカの技術の卸しの盗みを巧みに操りました - 最先端の軍の青写真を含めて。 そしてその盗まれた技術を使って、中国共産党はすきべらを大量のスケールで剣に変えています。

アジアの残りが結束した(とき・から・につれて・ように)、中国は今その軍に同じぐらい多くを使います、そして北京は空中に、そしてスペースに、海で、陸地にアメリカの軍の利点をそこなう能力に優先順位を付けました。 中国は西洋の太平洋からアメリカ合衆国を押して、そして我々が我々の同盟国を支援するのを阻止しようと試みるよりゼロより少しを欲します。 けれども(彼・それ)らは失敗するでしょう。

北 京はあたかも決して前にではなく同じくその力を使っています。 中国の船が日本によって与えられる尖閣諸島の周りに定期的にパトロールします。 そして中国のリーダーが2015年にホワイトハウスでローズ・ガーデンに立って、そして彼の国が(すでに)そうしていたと言った間に、そして1引用符、今日、北京が持つ南シナ海が進歩した反船を配置したという「準備するべき意図」と人工的な上に組み立てられた軍事基地の群島の頂上の対空のミサイル島.

中 国の侵略は今週ディスプレイの上にありました、そしてその時、それが、我々の船に衝突を回避するために速く操縦することを強いて、南シナ海で「ナビゲーションの自由」オペレーションを行なった(とき・から・につれて・ように)、中国の軍の艦船が USS ディケイターの45ヤードに含まれました。 このような無謀ないやがらせにもかかわらず、国際法がどこを許す、そして我々の国益が要求するとしても、米国海軍は飛んで、船旅をして、そして活動し続けるでしょう。 我々は脅かされないでしょう、そして我々は身を引かないでしょう。 (拍手喝采。)

アメリカは(すでに)経済の自由化が中国を我々と世界とのより大きい協力に引き入れるであろうことを希望していました。 その代わりに、中国は今度はその成長している軍を大胆にした経済の侵略を選択しました。

また、我々が(すでに)希望していた(とき・から・につれて・ように)、北京はそれ自身の人々のためにより大きい自由に近付きませんでした。 当分、北京はもっと素晴らしい自由と人権の尊重に少しずつ近づきました。 けれども近年、中国はそれ自身の人々の制御と圧迫に向かって急激なぅターンをとりました。

今日、中国は比類ない監視状態を作りました、そしてそれはいっそう開放的で、そして侵入的になっています - しばしば合衆国技術の助けを借りて。 (彼・それ)らが「中国のグレートファイアウォール」と呼ぶものが同じく、中国人に自由な情報の流れを劇的に制限して、より高く増大します。

そして2020年までに、中国の支配者は、ほとんどあらゆる人命の側面をコントロールすることについて、前提にされたオーウェルのシステム - いわゆる「社会債権説スコア(※ 社会信用スコア制度。デジタル・レーニン主義の一環で、いちいち人民の振る舞いにスコアをつけて、アメとムチで言うことを聞かせるシステムのこと。2014年から導入された)」 - を実行することを目指します。 そのプログラムの公式の青写真の言葉で、それは「信頼可能な人たち(※ 中共に従順な人々)が、くつがえされた(人たち・もの ※ 中共に逆らう人々が)が無区分式をとること(※ 一歩でも歩くこと)を難しくする間(※ 一方で)に、天国の下でどこでも歩き回ることを可能にする」でしょう。

そして信教の自由の話になると、迫害の新たな波が中国のキリスト教徒、仏教徒とイスラム教徒の上に落ちています。

先月、北京は中国の最も大きい地下の教会の1つをシャットダウンしました。 全国的に、当局が十字架を引きはがして、聖書を燃やして、そして信者を投獄しています。 そして北京は今それが与えるバチカンとの取引に到達しました公然と1直接の役割で共産党の無神論者カトリックの司教を任命する. 中国のキリスト教徒のために、これらは深刻な時です。

北京は同じく仏教を厳しく取り締まっています。 これまでの10年間にわたって、150人以上のチベットの僧侶が中国の(彼・それ)らの信念と(彼・それ)らの文化の制圧に抗議するために(彼・それ)ら自身に火をつけました。 そして新彊で、共産党はおよそ百万のイスラム教の Uyghurs を(彼・それ)らが24時間ぶっ通しの洗脳に耐える政府のキャンプの中に束縛しました。 キャンプの生存者が(彼・それ)らの経験を Uyghur 文化を抑制して、そしてイスラム教の信頼を踏みつぶす北京による故意の試みだと描写しました。

けれども歴史が証明する(とき・から・につれて・ように)、それ自身の人々を圧迫する国がそこ(に・で)めったにストップしません(※ 自国民を圧迫する国家は、後には他国民をも圧迫することになる、って話し)。 そして北京は同じくより広い世界じゅうにその限界を拡張することを目指します。 ハドソン自身のマイケル・ピルズベリ博士が書いた(とき・から・につれて・ように)、「中国はアメリカ政府の行動とゴールに抵抗しました。 本当に、中国はアメリカの同盟者と北京のどんな平和的か、あるいは生産的な意図でも否定する敵とのそれ自身の関係を築いています。」

実際、中国はいわゆる「負債外交」をその影響力を拡大するために使います。 今日、その国はアジアからアフリカまでヨーロッパとラテンアメリカにさえ政府へのインフラストラクチャーローンでの何千億ドルもを提供しています。 それでもそれらのローンの条件はせいぜい不透明です、そして利益は圧倒的に北京に一定不変に流れます。

ただ大量の負債をかかえ込んだスリランカに中国の政府企業に疑わしい商品価値の港町を築かせるように求めてください。 2年前に、その国はもうその支払いを与えることができませんでした、それで北京はスリランカに中国の手の中に直接新しいポートを届けるよう圧力をかけました。 それは中国の成長している青い水の海軍のためにまもなく前方の軍事基地になるかもしれません。

我々自身の半球の中で、北京は命綱をそれ自身の人々を圧迫していたベネズエラの不正な、そして能力がないマデュロ政権に差し出しました。 (彼・それ)らはオイルで返済される疑わしいローンで50億ドルを約束しました。 (彼・それ)らの民主主義が消滅するけれども、中国はベネズエラの人々に負債の500億ドル以上を課して、同じくその国の一人の最も大きい債権者です。 北京は、党と中国の戦略目標を受け入れることを約束する候補者に直接の支援を提供することによって、同じく若干の国の政治に影響を与えています。

そして去年だけ年から、中国共産党は3つのラテンアメリカの国に台北との結びつきを断って、そして北京を承認するよう説得しました。 これらの行動は台湾海峡の安定性を脅やかします、そしてアメリカ合衆国はこれらの行動を非難します。 そして我々の政権が我々の1つの中国政策に敬意を払い続けるであろう間に、3つの共同声明と台湾関係法で反映されるように、アメリカは常に台湾の民主主義の快諾がすべての中国人のためのもっと良い道を見せると信じるでしょう。 (拍手喝采。)

今これらはただ中国が世界じゅう、増大している明暗度と精巧さを持っているその戦略上の権益を推進しようと努めた方法の少しに過ぎません。 それでも前の政権がほとんど中国の行動を無視しました。 そして多くの場合、(彼・それ)らは(彼・それ)らをけしかけました。 けれどもそれらの日々は終わっています。

トランプ大統領の指導力の下で、アメリカ合衆国は新しくよみがえったアメリカの強さで(今まで)我々の利害関係を弁護していました。

我々は(今まで)世界の歴史で最も強い軍をそれでも、もっと強くしていました。 今年早く、トランプ大統領はアメリカの軍の力をすべてのドメインに拡張するためにロナルド・レーガンの日から - 7160億ドル - 我々の国防で最大の増加を法律にするべくサインしました。

我々は我々の核兵器庫を近代化しています。 我々は新しい最先端の戦士と爆破者を送り込んで、そして育成しています。 我々は航空母艦と軍艦の新世代を築いています。 我々はかつて一度も我々の軍隊のと同じように投資しています。 そしてこれはスペースに我々の継続的な支配を保証する合衆国スペース軍を設立するプロセスを始めることを含みます、そして我々は我々の敵に対して阻止を作るためのサイバー・世界で増加した能力を認可するための行動をとりました.

トランプ大統領の指示に、我々は、最も高い関税が特に北京が獲得して、そしてコントロールしようとしている先端産業に目標を定めるという状態で、同じく2500億ドルに関して中国の商品に関税を実装しています。 そして大統領が同じく明らかにしたように、我々は、公正な、そして相互の取引がされない限り、十分にその数を2倍以上にする可能性で、さらにもっと多くの関税を徴収するでしょう。 (拍手喝采。)

これらの行動 - アメリカの力での運動 - は大きい衝撃を(これまでに)与えています。 中国の最も大きい株式取引所は、我々のアドミニストレーションが北京の取引慣行に反対して(今まで)強い状態にあっていたから、主に、今年の最初の9カ月に25パーセント低下しました。

トランプ大統領が明らかにしたように、我々は中国のマーケットが苦しむことを望みません。 実際、我々は(彼・それ)らが繁栄することを望みます。 けれども合衆国は北京が無料で、妥当で、そして相互の貿易政策を追うことを望みます。 そして我々は立って、そして(彼・それ)らがそうすることを要求し続けるでしょう。 (拍手喝采。)

悲しいことに、中国の支配者は、これまでのところ、その道をとることを拒否しました。 アメリカ人は知るのに値します:トランプ大統領がとった強い証人台に応じて、北京は大統領に対するサポート、我々のアジェンダと我々の国の最も大切な理想に悪影響を及ぼす包括的な、そして調和したキャンペーンを追求しています。

私は今日あなたに我々がここ、ホームで中国の行動について知っていることを話すことを望みます、そしてその若干を我々が公的に利用可能であるその若干諜報査定から拾い集めました。 けれどもどちらか(※ それら)のすべては事実です。

私が前に、我々が話をする(とき・から・につれて・ように)、北京が「政府の全体」アプローチを使っていると言った(とき・から・につれて・ように)、その影響力を推進してください、そしてその利害関係に役立ってください。 それはこの力をこの国の国内政策に干渉して、そして合衆国の政治に干渉するいっそう先を見越した、そして強制的な方法に使っています。

中国共産党はアメリカのビジネス、映画撮影所、大学、シンクタンク、学者、ジャーナリストと地元の人、州と国家公務員に報酬を与えるか、あるいは強制しています。

そして何よりも悪いことに、中国はアメリカの世論、2018年の選挙と2020年の大統領選挙に導いている環境に影響を与える前例がない努力を始めました。 無遠慮な言い方をすれば、トランプ大統領の指導力は機能しています;そして中国は異なったアメリカの大統領を必要とします。

疑いがあり得ません:中国はアメリカの民主主義に干渉しています。 トランプ大統領がただ先週言った(とき・から・につれて・ように)、我々は、彼の言葉で、「中国が(今まで)我々の来たる[中間]選挙[s]に干渉しようと試みていたことに気付きました」。

我々の諜報関係界は「中国が政策に関して連邦の、そして地方のレベルの間のどんな仕切りでも利用するために合衆国総務と地方自治体と当局者に目標を定めていると言います。 それは北京の政治的影響力を推進するために、貿易税率のような不和を引き起こすもの問題を使っています。」

6月に、北京自身は「宣伝と検閲通知」という題の機密性が高い文書を配布しました。 それはその戦略を説明しました。 それは、中国が、(彼・それ)らの言葉で、アメリカ合衆国で「離れて異なった家庭のグループを分けて、正確に、そして慎重に攻撃しなくて」はならないと述べました。

それを目指して、北京はアメリカ人の中国の政策の認識を変えるために内密の俳優、先頭グループと宣伝アウトレットを動員しました。 我々の諜報関係界のシニアの本職のメンバーがただ今週私に話した(とき・から・につれて・ように)、ロシア人がしていることは中国がこの国じゅうにしていることとの比較で見劣りがします。 そしてアメリカ人はそれを知るのに値します。

上級の中国の当局者が同じくビジネスリーダーを(彼・それ)らに、中国で(彼・それ)らのオペレーションを維持したいという(彼・それ)らの願望をてこ入れして、我々の貿易の行動を非難するよう奨励するよう踏み切らせようとしました。 1つの最近の例で、もし彼らが我々のアドミニストレーションの政策に対して反対意見を述べることを拒否したなら、中国は主要な米国企業のために営業許可を否定すると脅しました。

そして中間試験に影響を与える話になると、あなたはただ我々のに応じて北京の関税を見ることが必要であるだけです。 特に今日までの中国によって課された関税は2018年の選挙で重要な役割を果たすであろう産業と州に目標を定めました。 1つの見積もりによって、中国によって目標を定められた合衆国郡の80パーセント以上が2016年にトランプ大統領と私に賛成投票をしました;今中国はこれらの投票者を我々の政権に敵対させることを望みます。

そして中国は同じく直接アメリカの投票者の興味をそそっています。 先週、中国政府は多ページ付録がデモインレジスタに挿入されるようにするために支払った - とホームの記録の新聞は我々の駐中国大使と2018年と2020年の枢要な州について述べます。 サプリメントは、ニュース記事のように見えるよう意図されて、同じぐらい無謀な、そしてアイオワ人に有害な我々の貿易政策を投げかけました。

幸いに、アメリカ人はそれを買っていません。 例えば、アメリカの農民が、この大統領と共に立ち上がっていて、そして彼が今週の合衆国 – メキシコ – カナダ合意を含めて、とった強い証人台からの実数の結果を見ています、そしてそこで我々は十分に合衆国プロダクトに北アメリカの市場を開きました。 USMCA はアメリカの農民とアメリカの製造業者のために大きい勝利です。 (拍手喝采。)

けれども中国の行動は単に我々の政策と政治に影響を与えることに精力を傾けていません。 北京は同じくその経済的な影響力と(彼・それ)らの大きい市場の魅力を利用して、アメリカのビジネスの上にその影響力を推進する処置をとっています。

北京は今中国で営業するアメリカのジョイント・ベンチャーに、共産党に声を与えて、(彼・それ)らの会社の中で(彼・それ)らが「党組織」と呼ぶものを確立するように要求します - そして多分雇うことにおいての拒否権と投資決定。

中国当局が同じく台湾を別の地理的なエンティティーとして描写する、あるいはチベットについての中国の政策から道に迷う米国企業を脅迫しました。 北京はデルタ航空に公的にそのウェブサイトで台湾を「中国の州」と呼ばなかったことを詫びるように強制しました。 そしてそれはマリオットにチベットについてたださえずりが好きであった合衆国従業員を解雇するよう圧力をかけました。

そして北京は定期的にハリウッドが厳密に肯定的なライトで中国を描くことを要求します。 それはスタジオを罰します、そしてそのドンのt.北京の検閲官が速いプロデューサーがマイナーな方法でさえ、中国を批判する映画を編集するか、あるいは不法とします。 映画、「世界大戦Z」のために、それが中国から始まったから、(彼・それ)らはスクリプトのウイルスの言及をカットしなければなりませんでした。 映画、「赤い夜明け」は悪党を北朝鮮人で、中国人ではなくするためにディジタル方式で編集されました。

けれどもビジネスとエンターテイメントを越えて、中国共産党は同じく合衆国のそして、率直に言って、世界中の宣伝出口に何十億ドルもを使っています。

中国ラジオ・インターナショナルは30以上の合衆国コンセント、主要なアメリカの都市の多くの上に今北京に友好的なプログラムを放送します。 中国のグローバルなテレビ・ネットワークは7千5百万人以上のアメリカ人と連絡を取ります、そしてそれはその共産党のマスターからすぐでその出動命令を得ます。 中国の最高指導者がネットワークの本部への訪問の間にそれを表現するように、そして1引用、「党と政府によって運営されているメディアは宣伝戦線であって、そして党を(彼・それ)らの姓だと示さなくてはなりません。」.

それはそれらの理由と、先月、法務省がそのネットワークにフォーリン・エージェントとして記録されることを命じたというその現実のためです。

共産党は同じくあまりにも深く詮索するアメリカのジャーナリストの中国の家族メンバーを脅やかして、そして拘留しました。 そしてそれは合衆国報道機関のウェブサイトをふさいで、そして我々のジャーナリストがビザを受けとることをもっと難しくしました。 「ニューヨーク・タイムズ」が中国のリーダーの若干についての調査の富についての報告を発表した後、これは起きました。

けれどもメディアは唯一の中国共産党が検閲の文化を促進しようと努める所ではありません。 同じが学界の向こう側に本当です。

つまり、アメリカのキャンパスを横切って150以上の支部がある中国の学生と学者協会よりそれ以上見ないでください。 これらのグループは合衆国で勉強している430,000人以上の中国の国民の若干のために社交行事を計画するのを手伝います。 共産党ラインから迷った中国の学生たちとアメリカの流派であるとき、(彼・それ)らは同じく中国領事館と大使館に警告します。

メリーランド大学で、中国の学生が彼女が呼んだ、そして私が引用することの彼女の卒業、アメリカの「言論の自由の新鮮な空気」において最近話をしました。 共産党の公式の新聞は速く彼女に体罰を加えました。 彼女は中国のしっかりコントロールされたソーシャルメディアの上に猛烈な批判の被害者になりました、そして彼女の家族の後方の家はしつこく悩まされました。 大学自身については、突然洪水からしずくに変えられた中国と一緒のその交換制度 - 国の最も大規模な(人・もの)の1つ - 。

中 国は、同様に、他の方法でアカデミックな圧力を及ぼします。 北京は(彼・それ)らが共産党が危険であるか、あるいは攻撃であることを見いだす考えを避けるであろうという了解で大学、シンクタンクと学者、に気前が良い資金を提供します。 中国専門家が特に(彼・それ)らのビザが遅れるであろうことを知っているか、あるいは(彼・それ)らの研究が北京の話の要点を否定するかどうかを否定しました。

そして、ハドソン・インスティテュートが直接見い出した(とき・から・につれて・ように)、中国の資金を避ける学者とグループさえその国によって目標を定められます。 あなたが北京が好きでなかった話し手をホストとしてもてなそうと申し出た後、あなたのウェブサイトは、上海から始まって、大きいサイバー攻撃を経験しました。 ハドソン・インスティテュートは大部分より良く中国共産党がアメリカで今日学問の自由と言論の自由を傷つけようとしていることを知っています。

これらと全体としてとられる他の行動はアメリカの世論と政策をドナルド・トランプ大統領の「アメリカを優先します」指導体制から移行する激化している努力を構成します。

けれども中国の支配者への我々のメッセージはこれです:この大統領は後退しないでしょう。 (拍手喝采。) アメリカ人は心を動かされないでしょう。 そして、我々が北京と共に関係改善を望むけれども、我々は我々の安全管理と我々の経済のために強く立ち続けるでしょう。

我々の政権はアメリカの利害関係、アメリカの仕事とアメリカの安全管理を守るために決定的に行動をし続けるでしょう。

我々が我々の軍を再建する(とき・から・につれて・ように)、我々は Indo – 太平洋を横切ってアメリカの利害関係を断言し続けるでしょう。

我々が中国の取引慣行に対処する(とき・から・につれて・ように)、我々は自由で、妥当で、そして相互の中国と一緒の経済関係を要求し続けるでしょう。 我々は北京がその貿易障壁を壊すことを要求して、その義務を果たして、完全にその経済を開くでしょう - 我々が我々のを開いたのとちょうど同じ(ように・時に)。

アメリカの知的財産の盗難がきっぱりと終わるまで、我々は北京に対して行動をとり続けるでしょう。 そして、北京が強制された技術移転の略奪的行為を止めるまで、我々は強い状態にあり続けるでしょう。 我々はアメリカの企業の私有不動産の利害関係を守るでしょう。 (拍手喝采。)

そして自由な、そしてオープンの Indo – 太平洋の我々のビジョンを進めるために、我々は、インドからサモアまで、地域じゅうに我々の価値を共有する国との新しい、そしてもっと強いきずなを作っています。 我々の関係は、支配ではなく、協力を基盤として築き上げられた敬意の精神から生ずるでしょう。

我々は双方のベースの上に新しい貿易協定を偽造しています、同じぐらい先週トランプ社長は韓国と共に改善された貿易協定に署名しました。 そして我々は日本との双方の自由貿易取引のためにまもなく歴史的な交渉を始めるでしょう。 (拍手喝采。)

私は同じく我々が国際開発と金融プログラムを合理化していると報告してうれしいです。 我々は外国に公正な、そして透明な代替案中国の負債わな外交を与えているでしょう。 実際、今週、トランプ大統領が体格法令を法律にするべくサインするでしょう。

来月、それは、ASEANとAPECで、シンガポールとパプアニューギニアで合衆国を代表する私の特典でしょう。 そこ(に・で)、我々は自由な、そしてオープンの Indo – 太平洋を支援する新しい法案とプログラムを明らかにするでしょう。 そして大統領のために、私は Indo – 太平洋へのアメリカの約束が一度ももっと強かったことがないというメッセージを届けるでしょう。 (拍手喝采。)

もっと近く的に向かって、我々の利害関係を保護するために、我々は最近 CFIUS を強くしました - 海外投資についての委員会 - 我々の国家安全保障を北京の略奪的な行動から守るためにアメリカに対しての中国の投資の我々の精査を高めること。

そして北京の有害な影響とアメリカの政治と政策に対しての干渉の話になると、我々は、それがとる形態にかかわらず、それを見せ続けるでしょう。 我々は我々の国益と最も大切な理想を弁護するために社会のすべてのレベルでリーダーと共に働くでしょう。 アメリカ人は決定的な役割を果たすでしょう - そして、実際、(彼・それ)らはすでにそうです。

我々がここで集まる(とき・から・につれて・ように)、新しい意見一致がアメリカじゅうに増大しています。 もっと多くのビジネスリーダーが次の四半期を越えて考えて、そして、もしそれが(彼・それ)らの知的財産をひっくり返すか、あるいは北京の圧迫をけしかけることを意味するなら、中国のマーケットへと飛び込む前に、2度考えています。 けれどもさらに多くが同様にしなくてはなりません。 例えば、グーグルがすぐに共産党検閲を強くして、そして中国の顧客のプライバシーを危険な状況に陥れるであろう「トンボ」アプリケーションの開発を終わらせるべきです。 (拍手喝采。)

もっと多くのジャーナリストが、中国がどこ(で・に)我々の社会に干渉しているか、そしてなぜか見いだすために探求して、恐れあるいは好感なしで真実を報告しているのを見ることは同じく素晴らしいです。 そして我々はアメリカの、そしてグローバルな報道機関が増加するベースの上にこの努力に参加し続けるであろうことを希望します。

もっと多くの学者が同じく力強く率直な意見を述べて、そして学問の自由を弁護しています、そしてもっと多くの大学とシンクタンクが、すべてのドルが対応する需要を伴うことを認識して、北京のイージーマネーを拒絶する勇気を奮い起こしています。 そして我々は(彼・それ)らの列が長くなるであろうことを確信しています。

そして全国的に、アメリカ人は、我々のアドミニストレーションの行動に対する最近注目を浴び始めた正しい評価とアメリカの経済の、そして戦略上の中国との関係をリセットする大統領の指導体制で、警戒で成長しています。 アメリカ人はアメリカを第一においている大統領の後ろに強い状態にあります。

そ してトランプ大統領の指導力の下で、私があなたに保証することができます、アメリカは現在の進路を維持するでしょう。 中国はアメリカ人と両党の(彼・それ)らの選挙で選ばれた公務員が解決されることを知るべきです。

我々の国家安全保障戦略が述べるように:我々は「競合が常に敵意を意味するわけではない」ことを覚えているべきです、同様にそれはそうしなければならなくはありません。 大統領が明らかにしました、我々は我々の繁栄と安全が一緒に、離れてではなく、増大する北京との建設的な関係を欲します。 北京がこのビジョンから(今まで)もっと遠くに動いていた間に、中国の支配者はまだコースを変えて、そして何十年も前にこの関係の始まりを特徴づける改革と開会の精神に戻ることができます。 アメリカ人はこれ以上何も欲しません;そして中国人はさらに少なく何にも値しません。

爽快な中国語の話し手ルー Xun のしばしば惜しまれたそれほど彼の的な国と彼は書きました、「あるいは聖人として獣のような男として、あるいは(彼・それ)らまで外国人を見下ろしました」、しかし決して「同等として」ではなく。 今日、アメリカは中国に我々の手を伸ばしています。 そして我々は、言葉ではなく、行為で、そしてアメリカに対する更新された尊重でまもなく、北京が後部に届くであろうことを希望します。 けれども保証されてください:中国との我々の関係が公正、相互関係と我々の主権への敬意に基礎を置かれるまで、我々は同情的にならないでしょう。 (拍手喝采。)

「男性たちがただ現在だけを見ます、しかし天国が未来を見ます。」と、書いてある古代の中国語の格言があります。 我々が前進する(とき・から・につれて・ように)、決心と信頼を持っている平和と繁栄の未来を追求しましょう。 トランプ大統領の指導力とビジョンと彼が中国の大統領と一緒に作り出した関係に対しての信頼。 アメリカ人と中国人の間の永続的な友情に対しての信頼。 そして天国が未来を見る信仰 - そして神の恩恵のそばに、アメリカと中国は一緒にその未来に立ち向かうでしょう。

ありがとうございます。 あなたに神の祝福を。 そしてアメリカ合衆国に神の祝福を。 (拍手喝采。)

エンド

東部夏期時間午前11時47分
ホワイトハウスのロゴ

ホワイトハウス』