インターネットは、二つに分断されることになるのでは、という予測が出てるようだ…

※ 画像は、ダイアン・グリーン氏です(※ ヴイエムウェアの共同創立者兼CEOだったが、グーグルのクラウドビジネス担当シニアバイスプレジデントに就任した)。

※ 画像元のサイトです。
https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3&FORM=HDRSC2

ペンス副大統領演説で、グーグルの「 “Project Dragonfly”(ドラゴンフライ・プロジェクト)」に触れたくだりがある。

『More business leaders are thinking beyond the next quarter, and thinking twice before diving into the Chinese market if it means turning over their intellectual property or abetting Beijing’s oppression. But more must follow suit. For example, Google should immediately end development of the “Dragonfly” app that will strengthen Communist Party censorship and compromise the privacy of Chinese customers. (Applause.)
(訳文:もっと多くのビジネスリーダーが次の四半期を越えて考えて、そして、もしそれが(彼・それ)らの知的財産をひっくり返すか、あるいは北京の圧迫をけしかけることを意味するなら、中国のマーケットへと飛び込む前に、2度考えています。 けれどもさらに多くが同様にしなくてはなりません。 例えば、グーグルがすぐに共産党検閲を強くして、そして中国の顧客のプライバシーを危険な状況に陥れるであろう「トンボ(※ ドラゴンフライ)」アプリケーションの開発を終わらせるべきです。 (拍手喝采。))』

グーグル検索は、自由で素早く・正確な検索をウリにして、世界的な大企業になったんだが、それをそのまま中国で行われたのでは、中国共産党にとっては、非常に具合が悪い。
「六・四天安門事件」とか、「劉暁波、ノーベル平和賞受賞」とか、「四川大地震で小学校が倒壊して、親が泣きながら子供をガレキから掘り起こした」とか、「天津で、大爆発があって、地面に大穴が空いて、停めてた自動車が何台もオシャカになった」とか、「高速鉄道で事故があって、車両が高架から垂れ下がった。それを、証拠隠滅しようとして、穴を掘って埋めた」なんてことは、みんな人民には知らせないようにして、無かったことにしてるのがバレバレになるからな…。
それで、西側世界でやってるような検索システムそのままでは、中国では営業許可できない、って言われたんだよ。
それで、「そうですか…。じゃあ、お宅の国には進出しません…。」と思い切れれば、それまでだが、何しろ市場規模が莫大なんで(インターネット人口は、9億人とも9億5千万人とも言われている)、そうも思いきれないところだ。
それで、妥協案として、システムを改修して、中国共産党に都合の悪い情報は、隠蔽する仕掛けを組み込みましょうという話しになった。それが、上記の”Project Dragonfly”という訳だ。
※ そんな風に聞いていたつもりだったが、そんな生易しいものではないようだ。
『このドラゴンフライと呼ばれる検索エンジンは、私たちが「どんなキーワードを検索したか」と、会話の音声録音を中国に電話番号と共にデータを提供します。』ということのようだ。隠蔽してユーザーに情報を提供しないだけでなく、積極的に密告情報を当局に通報する、って話しのようだ。いやはやだな…。
http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3998.html

しかし、今度はそれを聞いた一般のエンジニア達が、「自由の精神を売り渡すのか!」って騒ぎ始めたんだよ。
そういういきさつは、政権上層部にも情報が上がって、ペンス副大統領も報告を受けていたんだろう。それで、上記のような発言となったんだろうな。
そういう話しは、IT企業関係者間でも話題になっていて、「Village Global VC(※ ベンチャーキャピタル)」って団体が主催した会合で、そういうことが話し合われたんだが、その会合で前のグーグルCEOであるエリック・シュミットって人が、「今後、インターネットは、二つに分かれることになるんじゃないか…。アメリカ主導のそれと、中共主導のそれに…。」という発言をしてるんだよ。
これが一年前だったら、「まーた、また。冗談キツイよ。アハハ…。」で流す話しだったろうが、前の投稿のペンス副大統領演説とか聞くと、もはや無いことでは無い、という事態に突入してる感じだ…。
https://www.cnbc.com/2018/09/20/eric-schmidt-ex-google-ceo-predicts-internet-split-china.html

それで、英文の記事なんで、英文とその機械翻訳を、貼っておく
『Former Google CEO predicts the internet will split in two — and one part will be led by China

•Speaking at a private event hosted by Village Global VC yesterday night, tech luminary and former Google CEO Eric Schmidt predicted that the internet will bifurcate into Chinese-led and US-led versions within the next decade.
•Under Sundar Pichai’s leadership, Google has explored the potential to launch a censored version of its search engine in China, stirring up controversy internally and outside the company.

Eric Schmidt, who has been the CEO of Google and executive chairman of its parent company, Alphabet, predicts that within the next decade there will be two distinct internets: one led by the U.S. and the other by China.

Schmidt shared his thoughts at a private event in San Francisco on Wednesday night convened by investment firm Village Global VC. The firm enlists tech luminaries — including Schmidt, Jeff Bezos, Bill Gates and Diane Green — as limited partners, then invests their money into early-stage tech ventures.

At the event, economist Tyler Cowen asked about the possibility of the internet fragmenting into different sub-internets with different regulations and limited access between them in coming years. “What’s the chance, say, 10 to 15 years, we have just three to four separate internets?”

Schmidt said:
“I think the most likely scenario now is not a splintering, but rather a bifurcation into a Chinese-led internet and a non-Chinese internet led by America.
If you look at China, and I was just there, the scale of the companies that are being built, the services being built, the wealth that is being created is phenomenal. Chinese Internet is a greater percentage of the GDP of China, which is a big number, than the same percentage of the US, which is also a big number.
If you think of China as like ‘Oh yeah, they’re good with the Internet,’ you’re missing the point. Globalization means that they get to play too. I think you’re going to see fantastic leadership in products and services from China. There’s a real danger that along with those products and services comes a different leadership regime from government, with censorship, controls, etc.

Look at the way BRI works – their Belt and Road Initiative, which involves 60-ish countries – it’s perfectly possible those countries will begin to take on the infrastructure that China has with some loss of freedom.”

The Belt and Road is a massive initiative by Beijing to increase China’s political and economic influence by connecting and facilitating all kinds of trade, including digital trade, between China and countries in Europe, Africa, the Middle East and Asia.

Schmidt’s predictions come at a time when his successor at Google, CEO Sundar Pichai, has stirred up controversy around the company’s strategy in China.

Reportedly, Google has been developing “Project Dragonfly,” a censored version of its search engine that could appease authorities in China. The project allegedly included a means to suppress some search results, booting them off the first page, and a means to fully block results for sensitive queries, for example, around “peaceful protests.”

What’s next for Schmidt? 
What’s next for Google’s Eric Schmidt? Sree Sreenivasan weighs in
12:29 PM ET Wed, 27 Dec 2017 | 09:01

In recent weeks, hundreds of Google employees lobbied Pichai for more transparency and signed a letter saying that the reported plans raised “urgent moral and ethical issues.”

Pichai has said that Google has been “very open about our desire to do more in China,” and that the team “has been in an exploration stage for quite a while now,” and considering “many options,” but is nowhere near launching in China.

In a separate discussion last night between Schmidt and several start-up founders, he lauded Chinese tech products, services and adoption, especially in mobile payments. He noted that Starbucks in China don’t feature a register. Customers order ahead online and pay with their phones before picking up their lattes.

A business development leader with Facebook, Ime Archebong, asked Schmidt if large tech companies are doing enough good in the world.

Schmidt replied: “The judge of this is others, not us. Self-referential conversations about ‘Do I feel good about what I’m doing?’ are not very helpful. The judge is outside.”

At several points in the private discussion, Schmidt urged entrepreneurs to build products and services that are not merely addictive, but valuable. He also said not enough companies “measure the right things.” Too many focus on short-term revenue growth and satisfying shareholders, rather than what’s best for their users, society and the long-term health of their companies.

Schmidt was the CEO of Google from 2001, when he took over from co-founder Larry Page, through 2011, when Page reclaimed the reins. He remained as executive chairman of Google and then Alphabet until earlier this year.

Correction: Eric Schmidt did not specify a date by which he believed the internet would bifurcate. He was responding to a question from Tyler Cowen which specified “in the next 10 to 15 years.”』

(機械翻訳文:
『前のグーグルCEOがインターネットが2つに分かれると予測します - そして1つの部分が中国がリードするものでしょう

- 個人のイベントで話をすることはビレッジ・グローバル・ベンチャーキャピタルによって昨日エリック・シュミットがインターネットが次の10年以内に中国によってリードされた、そして合衆国によってリードされたバージョンの2つに分かれると予測した夜、 IT業界有力者と前のグーグルCEOの主人役を務めました。
- サンダー・ピチャイ(※ グーグルの現CEO)の指導力の下で、グーグルが、内部(に・で)、そして会社の外(に・で)論争を刺激して、中国でそのサーチエンジンの検閲されたバージョンを始動する可能性を探究しました。

グーグルのCEOとその親会社、 Alphabet 、の経営者会長であったエリック・シュミットは次の10年以内に2つの別のインターネットがあると予測します:1つは、合衆国に、他は中国によってリードされたものに。

シュミットは水曜日の夜に投資会社ビレッジ・グローバル・ベンチャーキャピタルによって召集されたサンフランシスコの個人のイベントで彼の考えを共有しました。 会社は有限責任社員として - シュミット、ジェフ・ベゾス(※ AmazonのCEO)、ビル・ゲイツとダイアン・グリーン(※ ヴイエムウェアの共同創立者兼CEOだったが、グーグルのクラウドビジネス担当シニアバイスプレジデントに就任した)を含めて - IT業界有力者を参加させて、それから早い段階の技術系ベンチャーの中に(彼・それ)らの金を投資します。

イベントで、エコノミストのタイラー・コーウェンはこれから数年間で(彼・それ)らの間に異なった規制と限定されたアクセスを持って異なったサブインターネットに分解しているインターネットの可能性について尋ねました。 「チャンスであるものが、10から15年、我々がただ3から4つの別個のインターネットを持っていると言います?」

シュミットが言いました:
「私は最もありそうなシナリオが中国によってリードされたインターネットと非中国語のインターネット中心アメリカの中に今ばらばらになることではなく、どちらかと言えば分岐であると思います。
もしあなたが中国を見る、そして私が、ただそこ(に・で)、築かれている会社、構築されているサービスのスケールであったなら、作られている富は目を見張るようです。 中国語のインターネットは、やはり同様に大きい数である合衆国の同じパーセンテージより大きい、大きい数である中国のGDPのパーセンテージです。
もしあなたが中国を「ええ、(彼・それ)らはインターネットを取り扱うのがうまいです」のようであると考えるなら、あなたはポイントを外しています。 同じく、グローバリゼーションが(彼・それ)らがプレーすることができることを意味します。 私はあなたが中国から製品およびサービスの中に素晴らしい指導力を見ようとしていると思います。 検閲、コントロールなどで、それらの製品およびサービスとともに政府と異なった指導者の体制になる現実の脅威があります。

BRI (※ 一帯一路のこと)が機能する方法を見てください - (彼・それ)らのベルトと 60余りの国を巻き込む通りイニシアティブ - それらの国が中国が自由の若干の喪失で持っているインフラストラクチャーを引き受け始めるであろうことは完全に可能です。」

ベルトと道路(※ 一帯一路のこと)は、中国とヨーロッパ、アフリカの国、中東とアジアの間のあらゆる種類の貿易、デジタルの貿易を含めて、を結んで、そして容易にすることによって、中国の政治的な、そして経済の影響力を増やす北京によっての大規模な行動開始です。

シュミットの予測はグーグルにおいての彼の後継者、CEOサンダー・ピチャイ、が中国で会社の戦略の周りに論争を刺激した時に来ます。

伝えられるところによれば、グーグルは(今まで)「プロジェクトトンボ(※ドラゴンフライ・プロジェクト) 」、中国の当局をなだめることができた検閲(※ を組み込んだ)そのサーチエンジンのバージョンを、ずっと開発し続けてきた、とのことです。 伝えられるところではプロジェクトは、最初のページから(彼・それ)らを追い払って、若干の検索結果を隠す手段と完全に例えば、存在している敏感な問合せ「平和的抗議行動」に対する結果をブロックする手段を含みました。何がグーグルのエリック・シュミットのために次ですか? Sree Sreenivasan は計量します
12:292017年12月27日水曜日東部時間午後 | 09:01

ここ数週間で、何百というグーグル従業員がもっと多くの透明度のためにピチャイに働きかけて、そして報告された計画が「緊急の教訓と倫理的問題」を提起したと言っている手紙に署名しました。

ピチャイがグーグルが(今まで)「いっそう中国でするべき我々の願望について非常に開いていて」、そしてそれほどチーム的であったと言った「探検段階でかなりの間いた今」、そしてその割には「多くの選択」、けれども中国で近くのどこ(で・に)もスタートしていません.

別個のディスカッションで昨夜シュミットと数人のスタートアップの創設者の間に、彼は特に可動的な支払いで中国の技術系プロダクト、サービスと採用、を称賛しました。 彼は中国のスターバックスが記録を呼び物にしないことを指摘しました。 顧客がオンラインで前方に命令して、そして、(彼・それ)らのラテを拾い上げる前に、(彼・それ)らの電話で支払います。

フェースブックを持っている渉外業務のリーダー、 Ime Archebong 、がシュミットに大きいハイテク企業が世界中で十分にうまくやっているかどうか尋ねました。

シュミットが答えました:「これの裁判官は、我々ではなく、他の人たちです。 「私が何をしているかについて、私は気分良く感じますか?」についての自己 – 参考の会話はそれほど役立ちません。 裁判官は外にいます。」

非公開討議におけるいくつかのポイントで、シュミットは企業家にただ中毒性ではなく、貴重な製品およびサービスを作るようしきりに促しました。 彼は同じく十分でない会社が「正しいことを測ります」と言いました。 あまりに多くが、(彼・それ)らのユーザーのために最も良いもの、社会と(彼・それ)らの会社の長期の健康よりむしろ、短期の増収と満足がいく株主に焦点を合わせます。

シュミットは彼が、共同創設者ラリー・ページから、引き継いだ2001年からページが抑制の返還を要求した2011年を通してグーグルのCEOでした。 彼は今年早くまでグーグルそして次にアルファベットの経営幹部の委員長として留まりました。

訂正:エリック・シュミットは(それによって)彼がインターネットが分岐するであろうと信じた期日を指定しませんでした。 彼は「次の10から15年で」ことを明示したタイラー・コーウェンからの質問に返答していました。』