『現在、決済を始めとした金融取引にはブロックチェーンは向いていない、といわれている。まだ使える余地があるとしても、たまにデータを書き換える不動産の登記簿などぐらい』

https://blog.goo.ne.jp/2005tora

元記事は、こちら。
『とうとう国際決済銀行までダメ出しした「ブロックチェーンの欠陥」』
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56873

今年の6月に出た、BIS(国際決済銀行)の年次報告は、こちら。
https://www.bis.org/publ/arpdf/ar2018e.pdf

第5章が、「Cryptocurrencies(暗号通貨)」についてだ。
冒頭部分とそれをオレが持ってる機械翻訳ソフトにかけたものを貼っておく。
「コリャ英和!一発翻訳」とかフザケた名前だが、そこそこ役に立つ。

『V. Cryptocurrencies: looking beyond the hype
Less than 10 years after their inception, cryptocurrencies1 have emerged
from
obscurity to attract intense interest on the part of businesses and
consumers, aswell as central banks and other authorities. They garner
attention because theypromise to replace trust in long-standing
institutions, such as commercial andcentral banks, with trust in a new,
fully decentralised system founded on theblockchain and related
distributed ledger technology (DLT).
This chapter evaluates whether cryptocurrencies could play any role as
money:looking beyond the hype, what specific economic problems, if any,
can current cryptocurrencies solve? The chapter first reviews the
historical context. Manyepisodes of monetary instability and failed
currencies illustrate that the institutionalarrangements through which
money is supplied matter a great deal. This reviewshows that the essence
of good money has always been trust in the stability of itsvalue. And
for money to live up to its signature property – to act as acoordination
device facilitating transactions – it needs to efficiently scale with
the economy and be provided elastically to address fluctuating demand.
These considerations call forspecific institutional arrangements – hence
the emergence of today’s independentand accountable central banks.
The chapter then gives an introduction to cryptocurrencies and discusses
theeconomic limitations inherent in the decentralised creation of trust
which theyentail. For the trust to be maintained, honest network
participants need to control the vast majority of computing power, each
and every user needs to verify the history of transactions and the
supply of the cryptocurrency needs to be predetermined by its protocol.
Trust can evaporate at any time because of the fragility of the
decentralised consensus through which transactions are recorded. Not
only doesthis call into question the finality of individual payments, it
also means that acryptocurrency can simply stop functioning, resulting
in a complete loss of value.
Moreover, even if trust can be maintained, cryptocurrency technology
comes with poor efficiency and vast energy use. Cryptocurrencies cannot
scale with transactiondemand, are prone to congestion and greatly
fluctuate in value. Overall, the decentralised technology of
cryptocurrencies, however sophisticated, is a poor substitute for the
solid institutional backing of money.
That said, the underlying technology could have promise in other
applications,such as the simplification of administrative processes in
the settlement of financial transactions. Still, this remains to be
tested. As cryptocurrencies raise a host of issues, the chapter
concludes with a discussion of policy responses, including
regulation of private uses of the technology, the measures needed to
prevent abuses of cryptocurrencies and the delicate questions raised by
the issuance of digital currency by central banks.
Putting the rise of cryptocurrencies into perspective
A good way to examine whether a new technology can be a truly useful
addition to the existing monetary landscape is to step back and review
the fundamental roles of money in an economy and what history teaches us
about failed attempts to create new private moneys. Then one can ask
whether money based on this new technology can improve upon the current
monetary landscape in any way』
『V. 暗号通貨: 誇大宣伝の先を見ること
(彼・それ)らの発端の10年以下後に、 cryptocurrencies1 が中央銀行と他の
当局と同様、激しい利付、ビジネスと消費者の地域、を引き付けるために無名状
態から出現しました。 (彼・それ)らが、コマーシャルと中央銀行のような、長
期継続の団体に対しての信頼をブロックチェーンに基づかせられた新しい、完全
に分散したシステムと関連した分配された元帳技術(DLT)に対しての信頼で置き
換えることを約束するから、(彼・それ)らは注意を獲得します。
この支部は暗号通貨が金としての役割を果たすことができたかどうかを評価しま
す:誇大宣伝の先を見て、もしあるとしたら、現在の暗号通貨はどんな特定の経
済問題を解決することができますか? 章は最初に歴史の状況を再検討します。
通貨不安と失敗した通貨の多くのエピソードが金が供給される制度上の取り決め
が大いに重要であることを説明します。 このレビューは良貨の本質が常に(今ま
で)その価値の安定性に対しての信頼であったことを示します。 そしてそれが揺
れ動いている需要を取り上げるために経済で効率的に大きさを調整して、そして
柔軟に提供される必要があるその看板の不動産まで - 取引を容易にしている調
整装置の役割を果たすために - 生活するべき即時決済。 これらの考慮は特定の
制度上の取り決め - それ故今日の独立した、そして説明責任がある中央銀行の
出現 - を必要とします。
章はそれから暗号通貨にイントロダクションをして、そして(彼・それ)らが必
要とする信頼の分散した創作に固有の経済の限界を論じます。 信頼が維持される
ために、正直なネットワーク参与者が計算能力の圧倒的多数をコントロールする
必要があります、それぞれのユーザーがトランザクションの歴史を実証する必要
があります、そして暗号通貨の供給はそのプロトコルによってあらかじめ方向づ
けられる必要があります。 信頼が取引が記録される分散したコンセンサスのもろ
さのためにいつでも消滅することができます。 これは単に個人支払いの決着に疑
問を呈するだけではありません、それは同じく暗号通貨が、価値の完全な喪失を
もたらして、ただ作用するのをやめることができることを意味します。
さらに、たとえ信頼が維持されることができるとしても、暗号通貨技術がひどい
効率をもたらします、そして膨大な電力利用。 暗号通貨が取引で需要の大きさを
調整することができません、混雑に陥りやすくて、そして価値で大いに揺れ動き
ます。 全体的に、しかしながら洗練された暗号通貨の分散した技術はひどい代用、
金の堅実な制度上の支持、です。
それはそうとして、基礎をなしている技術は金融取引の和解で管理上のプロセス
の簡略化のような、他のアプリケーションに約束を持っていることができまし
た。 それでも、これはテストされなければなりません。 暗号通貨がたくさんの
問題を引き起こす(とき・から・につれて・ように)、章は、技術の私的な使用
の規制、暗号通貨の乱用を防ぐために必要な法案とディジタル通貨の発行によっ
て中央銀行によって提起されたデリケートな問題を含めて、政策回答の議論で終
わります。
暗号通貨の上昇を釣り合いのとれた見方で見て、新技術が既存の貨幣の風景への
本当に有用な付加であり得るかどうか吟味する良い方法は後退して、そして経済
における金の基本的な役割を再検討することです、そして歴史が失敗されて我々
に教えることは新しい民間資金を作ろうと試みます。 それから1つはこの新技術
に基づいた金がどんな面にしても現在の貨幣の風景を改善することができるかど
うか尋ねることができます。』

多分、アメの息がかりで、中国経済潰しの一環でもあるんだろう。
中国人民は、元を全く信用しておらず、ビットコインなんかに相当突っ込んで
たらしいからな。また、ドル支配を崩そうとして、中国政府も後押ししてた節も
あったんだろう。韓国人も、一攫千金ねらいで、相当突っ込んでたヤツがいたら
しい。一時、100万円超の値を付けてたりしてたろ?
これは、是非言っておきたいことなんだが、こういう「通貨」とか「資産」の
問題を考えるとき、そういうものの「価値」って、実は人間の「心理」に立脚し
てるということだ。
というか、人間の「心理」しか立脚してる基盤が無いものなんだよ。
「金」とか「ダイアモンド」とか「ピカソの絵」とか、一般に価値あるものと
されているが、それは、そういうものが「価値」あると世間の人々が思っている
(と、されている)からだ。
世間の人々が、そういう風に思わなければ、単なる「金属」にすぎないし、単
なる「炭素」の同位体にすぎないし、単なる訳分からないヘンテコな絵にすぎな
い…。そういうことだろ?
だから、そういう信頼(心理)の構図が一旦崩壊すると、あっという間に資産
の「価値」はゼロになるんだよ…。
サブプライムローンの問題が、そうだった…。「価値」あるとされていた信頼
が、一夜にして崩れ去ったんだよ…。人々の「心理」が、一夜にして変わったん
だよね…。
だから、このビットコインなんかの暗号通貨も、BISがどう言ってるかなん
てのは、問題の本質ではない。
そういうことも踏まえて、人々の信頼や心理がどうなのか、価値あるものとし
て評価され続けるのかという点が、問題の核心なんだ。